メインメニューを開く

特徴編集

シアニディオシゾンは直径約1.5μmの小さな藻類で、細胞内に一次共生由来の葉緑体を持つ光合成生物である。高温酸性の環境を好む温泉藻で、至適生育条件は温度42℃、pH2.5である。このような特殊な環境下で生育する事から、極限環境微生物に含められる事もある。

細胞構造編集

シアニディオシゾンの細胞小器官構成はシンプルで、細胞核、葉緑体、ミトコンドリアゴルジ体ペルオキシソーム等が全て1つずつ含まれている。細胞は光条件の制御により容易に細胞分裂を同調化できる事から、シアニディオシゾンを用いた細胞分裂機構の研究、特にミトコンドリア分裂装置や葉緑体分裂装置に関する研究が進められている。

ゲノム編集

シアニディオシゾンゲノムの概要
項目 形状 塩基対 遺伝子数
細胞核 線状 16,546,747 bp 5335
葉緑体 環状 149,987 bp 208
ミトコンドリア 環状 32,211 bp 34

シアニディオシゾンは核に20本の染色体を持ち、それぞれのサイズは0.45〜1.62Mbp、合計約1,650万塩基対のゲノムが含まれる。核コードの遺伝子は5,335個、そのうちタンパク質をコードしているものは4,775個である。これらの遺伝子はイントロンをほとんど含まず、イントロンを1箇所に持つ遺伝子が25個、2箇所に持つ遺伝子はわずかに1個である。このようにシアニディオシゾン遺伝子数は、寄生性のものを除く真核生物としては最小クラスである。

脚注編集

  1. ^ De Luca P, Taddei R, Varano L (1978). “Cyanidioschyzon merolae: a new alga of thermal acidic environments”. Webbia 33: 37-44. 

参考文献編集

  • Yoon, Hwan Su, K. M. Mu"ller, R. G. Sheath, F. D. Ott, and D. Bhattacharya (2006). “Defining the major lineages of red algae (Rhodophyta)”. J. Phycol. 42: 482-492. 
  • Kuroiwa T (2005). “Mechanism of mitochondrial and plastid divisions: memory of 3 genome sequences of Cyanidioschyzon merolae as an origin of enkaryote”. 蛋白質 核酸 酵素 50 (2): 97-110.  PMID 15704456
  • Kuroiwa T (2005). “Mechanism of origin and evolution of eukaryote on basis of genome analysis of a red alga Cyanidioschyzon merolae”. 蛋白質 核酸 酵素 50 (16): 2210-8.  PMID 16411453
  • Matsuzaki M, Misumi O, Shin-I T, Maruyama S, Takahara M, Miyagishima SY, Mori T, Nishida K, Yagisawa F, Nishida K, Yoshida Y, Nishimura Y, Nakao S, Kobayashi T, Momoyama Y, Higashiyama T, Minoda A, Sano M, Nomoto H, Oishi K, Hayashi H, Ohta F, Nishizaka S, Haga S, Miura S, Morishita T, Kabeya Y, Terasawa K, Suzuki Y, Ishii Y, Asakawa S, Takano H, Ohta N, Kuroiwa H, Tanaka K, Shimizu N, Sugano S, Sato N, Nozaki H, Ogasawara N, Kohara Y, Kuroiwa T (2004). “Genome sequence of the ultrasmall unicellular red alga Cyanidioschyzon merolae 10D”. Nature 428 (6983): 653-7.  PMID 15071595
  • Nozaki H, et al. (2007). “A 100%-complete sequence reveals unusually simple genomic features in the hot-spring red alga Cyanidioschyzon merolae”. BMC Biology 5: 28. doi:10.1186/1741-7007-5-28. 

関連項目編集

外部リンク編集