メインメニューを開く

シアヌークビルクメール語: ព្រះសីហនុ英語: Sihanoukville)は、カンボジア南部のタイランド湾(コンポンソム湾)に面した港湾都市であり、コンポン・ソム (Kampong Som または Kampong Saom) という名でも知られる。 日本の外務省の表記及び現地カンボジア人の呼称は、シハヌークビルである。数年前から一部で「シアヌークビル」と呼称され始めているが、これは【H】の【ハ】の発音がしにくい為そのように呼称されると推測される[要出典]阮朝時代にはフオンウックHương Úc / 香墺)またはカイビエンKhai Biên / 開邊)と呼ばれた。

シアヌークビル
ព្រះសីហនុ
Sihanoukville
Sihanoukville City image montage.jpg
位置
黄色がシアヌークビルの市街地。紫色がシアヌークビル州の位置図
黄色がシアヌークビルの市街地。紫色がシアヌークビル州
座標 : 北緯10度38分 東経103度30分 / 北緯10.633度 東経103.500度 / 10.633; 103.500
行政
カンボジアの旗 カンボジア
 州 シアヌークビル州
 郡 シアヌークビル
地理
面積  
  郡域 80 km2
人口
人口 (現在)
  郡域 100,856人
その他
等時帯 UTC/GMT +7

2012年の人口は10万856人[1]で、同国7位。

目次

概要編集

シアヌークビルは、1964年に建設が始まり、当初は単にカンボジア唯一の大深度岸壁があるというだけであった。その後のカンボジア内戦で開発は頓挫し手付かずの自然が多く残ることになってしまったが、近年になってリゾートとして脚光を浴びることになり、観光地化が進んでいる。市名は前国王ノロドム・シハヌークにちなむ。

地勢編集

シアヌークビルは手の平を縁取ったような形の砂浜に周囲を取り囲まれ、南と西の沖合には原始的な熱帯林の残る島々が浮かんでいる。ビーチはシアヌークビルの西を縁取るように並んでいて、北から南へ順にヴィクトリービーチ、Lamherkay Beach、Koh Pos Beach、インディペンデンスビーチ、ソカビーチ、セレンディピティビーチ、オーチュティールビーチと名付けられている。このうち最も人気があるビーチがオーチュティール、ソカ、インディペンデンス、ヴィクトリーである。観光地として、ダイビングシュノーケリング釣りなどが許可されている。

オーチュティールビーチとセレンディピティビーチ編集

 
セレンディピティビーチ。

オーチュティールビーチ (Ochheuteal Beach) は長くて狭い筋のようなビーチであり、モクマオウの木やガラスの日傘、レンタルいす、飲み物を売る小さな屋台が並んでいる。北の端はセレンディピティビーチ (Serendipity Beach) となる。セレンディピティビーチには、フルムーンの記念旅行の団体向けに、ビーチのすぐそばに小さなゲストハウスの部屋もある。ただし、このエリアは大きな石が多く、泳ぐには不向きである。

ソカビーチ編集

ソカビーチ (Sokha Beach) はセレンディピティビーチのすぐ西にある。このビーチは私有地であり、カンボジアで最初の高級ビーチホテルである。ソカビーチには広い白い砂浜がある。

インディペンデンスビーチ編集

インディペンデンスビーチ (Independence Beach) はソカビーチの西隣にある。このビーチの名前は昔のインディペンデンスホテル (Independence Hotel) にちなむ。このビーチは広く砂もきれいである。このビーチの北の端にはインディペンデンスホテルと Koh Pos Beach があり、沖合わずか800mのところに小さい島がある。Koh Pos Beach の水の中は岩場が多い。

ヴィクトリービーチ編集

ヴィクトリービーチ (Victory beach) はシアヌークビル半島の最も北にある。もともとはバックパッカーが好んで来るようなビーチであった。今日でも安上がりの旅行先として人気がある[要出典]。このビーチの北の端には、大深度海港がある。ヴィクトリービーチの南には、Lamherkey Beach と呼ばれる砂浜があり、ここには Hawaii Seaview Restaurant がある。ここは、1950年代にカンポンソム新港を建設するために、フランス人とカンボジア人の建設チームが基礎をおいた場所である。このビーチには付近の島までのボート乗り場がある。

付近の島編集

コッ・ルセイ(ルセイ島、Bamboo Island)には宿泊施設が存在する。

Soon Nail 島(マッシュルームに似ていることから Magic Island とも呼ばれる)には蛇使いの部族が経営するホテルがオープン予定である。桟橋も完成し、ホテルやレストランもほとんど完成している[いつ?]

Rong 島編集

Rong 島はシアヌークビルの西に浮かぶ。この島の南西部には5kmにわたって延びるビーチを持つ。この島の東南部には真水が湧き出る場所があり、漁民が定住する。

Rong Samlon 島編集

Rong Samlon 島は Koh Rong 島よりもう少し小さい島であり、その南にある。東の海岸にはビーチがあり、大きなハート型の入り江では貝類の養殖をしており、北の海岸線はRong島の目の前である。

Tang 島編集

Tang 島はシアヌークビル本土の海岸線からはかなり離れたところにある。陸軍の前哨拠点が存在する。

交通編集

編集

海に面したカンボジア唯一の国際港湾であるため1990年代後半から活発な開発が行われ、コンテナ取扱量が増加している。施設建設を支援するため日本の有償資金協力円借款も数度実行された。シアヌークビル港湾公社は2017年5月8日、カンボジア証券取引所上場して株式の25%を売り出し、そのうち半分を日本の国際協力機構 (JICA) が取得した。カンボジアへの影響力拡大を狙う中国に対抗する措置であった[2]

かつてはココンまで高速船が運航されていたが、道路の改修工事によりバスが運行されるようになった。

道路編集

鉄道編集

1960年代プノンペンからの鉄道が建設されたが、その後の内戦により荒廃、2002年に運行が停止されていた。しかし大規模な改修工事を経て2013年より貨物輸送を再開、2016年4月から旅客輸送も再開された。[3]

空港編集

放送局編集

周波数 局名
92.0MHz Radio Bayon FM
94.5MHz フランス国際放送 (フランス語)
100.5MHz スウィートFM
  • 局横の括弧がない局は、現地語で放送

姉妹都市編集

脚注編集

外部リンク編集