メインメニューを開く

シェイック・モディボ・ディアラ

シェイック・モディボ・ディアラフランス語: Cheick Modibo Diarra, 1952年 - 、シェイク・モディボ・ディアラとも)は、マリ共和国宇宙工学者科学者、政治家。2012年4月より12月まで同国の暫定首相を務めた。

シェイック・モディボ・ディアラ
Cheick Modibo Diarra
Cheick-Diarra46.png
シェイック・モディボ・ディアラ(2010年9月)
生年月日 (1952-04-21) 1952年4月21日(66歳)
出生地 Flag of French Sudan (1958-1959).svg フランス領スーダンニオロ・デュ・サヘル
出身校 パリ第六大学
ハワード大学

マリ共和国の旗 マリ共和国暫定首相
在任期間 2012年4月17日 - 12月11日
大統領 ディオンクンダ・トラオレ(暫定)
テンプレートを表示

目次

来歴編集

ニオロ・デュ・サヘル生まれ。マリの高校を卒業後、パリ第六大学(ピエール・エ・マリ・キュリー大学)で数学物理学分析工学を、ワシントンD.C.ハワード大学宇宙工学を学んだ。その後カリフォルニア工科大学CalTech)のジェット推進研究所Jet Propulsion Laboratory、JPL)に採用され、金星探査のマゼラン太陽探査のユリシーズ木星探査のガリレオ火星探査のマーズ・オブザーバーマーズ・パスファインダーなどのアメリカ航空宇宙局(NASA)の様々な計画に参画した。その後NASAの火星探索教育の局長に任命された。

1999年には、NASAからパートタイムでアフリカでの教育開発の仕事を行う許可を得て、パスファインダー財団を設立。2002年には休職し、バマコ太陽エネルギー開発の研究所を設立した。2000年からはユネスコ親善大使としても活躍。2002年2003年ケニアアフリカ・バーチャル大学CEOにも就任した。その後はマイクロソフト西アフリカ法人の会長を務めた。

暫定首相時代編集

2012年の軍事クーデター後、4月17日に暫定首相に就任した[1]

同年12月11日、クーデターを主導したアマドゥ・サノゴ大尉の指令を受けた軍兵により拘束、数時間後に辞任を表明した[2]

出典編集

  1. ^ Mali names Microsoft Africa chief as interim PM”. ロイター (2012年4月17日). 2012年9月17日閲覧。
  2. ^ マリ暫定首相が辞任表明、軍兵士に拘束された後AFPBB 2012年12月11日(12月12日観覧)

外部リンク編集