メインメニューを開く

シェイ・ステイディアムShea Stadium)はアメリカ合衆国ニューヨーク市クイーンズ区フラッシングのフラッシング・メドウズ・コロナ・パーク北端に在った多目的スタジアム[1]MLBニューヨーク・メッツNFLニューヨーク・ジェッツの旧本拠地。

シェイ・スタジアム
William A. Shea Stadium
シェイ・スタジアム
施設データ
所在地 123-01 Roosevelt Avenue
Flushing, New York 11368
起工 1961年10月28日
開場 1964年4月17日
取り壊し 2009年2月18日
所有者 ニューヨーク市
グラウンド 天然芝
建設費 2850万ドル
設計者 Praeger-Kavanaugh-Waterbury
使用チーム • 開催試合
ニューヨーク・メッツMLB)(1964年 - 2008年)
ニューヨーク・ジェッツNFL)(1964年 - 1983年)
ニューヨーク・ヤンキース(MLB)(1974年 - 1975年、1998年)
ニューヨーク・ジャイアンツ(NFL)(1975年)
収容能力
55,601人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 338 ft (約103.0 m)
左中間 - 378 ft (約115.2 m)
中堅 - 410 ft (約125.0 m)
右中間 - 378 ft (約115.2 m)
右翼 - 338 ft (約103.0 m)
バックネット - 80 ft (約24.4 m)
フェンス 8 ft (約2.4 m)

日本語ではロック・ミュージック関係書籍などにおいて「シェア・スタジアム」と表記されることがあるが英語読みは「シェイ・ステイディアム」。1975年天覧試合の報道においてシェー・スタジアムと表記されている。

新球場シティ・フィールドが2009年4月にオープンしたので解体され跡地は駐車場になっている。

名称由来編集

 
ウィリアム・A・シェイ

このスタジアム名の由来となったのは、弁護士ウィリアム・A・シェイen:William Shea)である。1957年にブルックリン・ドジャースニューヨーク・ジャイアンツの両球団がそれぞれ ロサンゼルスサンフランシスコへ移転し、ニューヨークからナショナルリーグの球団が無くなった。そこで、ニューヨークにナショナルリーグの新チームを創設しようと尽力したのがシェイだった。メッツはシェイの功績を讃え、2008年からシェイを永久欠番と同格で扱っている。

メッツのユニフォームに使用されている色のうち、当初のオレンジはジャイアンツの、はドジャースのチームカラーである。またこの二色はニューヨーク市の旗にも使われているなど、同市を象徴する色でもある。

建設編集

1961年10月28日に建設が開始された。ニューヨーク市内にスタジアムが建設されるのは1923年以来のことであった[1]。当初、フラッシング・メドウズ・スタジアムという名前となる予定であったが、1962年秋、実業家のバーナード・ギンベル英語版がキャンペーンを実施、シェイ・スタジアムという名前となった[1]。野球では55300人、アメリカンフットボールでは60000人を収容する多目的スタジアムとして建設された。多目的スタジアムとしては、D.C.スタジアムに次いで全米で2番目の施設であった[1]。冬の厳しい気象条件や労働者のストライキによって建設は1年遅れた[1]

設備、アトラクション、演出編集

 
スコアボード

シェイ・スタジアムは当初、90,000人収容の巨大スタジアムとして建設が進められたが、建設途中で計画が変更されたため、外野席が左中間の一部を除いて存在せず、代わりに超巨大スコアボードやビッグ・アップル英語版が設置された。

超特大スコアボードは外野右中間フェンス後方に設置されていた。開場当時はスタジアラマ・スコアボードと呼ばれ、スクリーンには選手のスライド写真などが映し出されたが、その部分は後に広告スペースとなった。上部にはニューヨークの摩天楼を象った照明があったが、2001年9月11日の同時多発テロ発生後、世界貿易センタービル・ツインタワーを象った部分にリボンがかけられた。

ビッグ・アップルが1981年に中堅フェンス後方に設置された[1]。メッツの選手がホームランを打つと、巨大な帽子のディスプレイの中からメッツのロゴマークが入った大きなリンゴのオブジェが現れた。これはニューヨーク市の愛称「ビッグ・アップル」にちなんだもの。1998年、ヤンキー・スタジアムの観客席が一部破損したため、ヤンキースが1試合だけホームゲームをシェイ・スタジアムで行ったことがあるが、そのときヤンキースのダリル・ストロベリー(元メッツ所属)がホームランを放つとビッグ・アップルが姿を現した。メッツ以外の選手がホームランを放った際にビッグ・アップルが出てくるのは異例である。ただしリンゴに描かれたメッツのロゴを隠すためか、上半分のみの登場となった。このオブジェはシティ・フィールドにも受け継がれている。

解体編集

2008年10月14日、解体作業が始まり、10月18日、ライトスタンドのスコアボード、バックスクリーン、ブルペンが解体された[2]。11月10日、フィールド、ダッグアウト、フィールドレベルの観客席が解体された。2009年1月31日、ファンがスタジアムへの最後の別れを告げるイベントが開催された[3]。2月18日に最後に残された観客席が解体された[4]

ホームプレート、ピッチャーマウンド、ベースは、シティ・フィールドの駐車場で公開されている[5]

利用編集

野球編集

1964年4月17日、パイレーツ戦で開場、メッツは3-4で敗れた[1]。本塁打第一号はパイレーツのウィリー・スタージェル。同年6月21日 - フィラデルフィア・フィリーズジム・バニングがメッツ戦で完全試合を達成。同年7月7日、オールスターゲームが開催された。スタジアムでオールスターゲームが開催されたのは1回のみである。試合はナショナルリーグが7-4でアメリカンリーグを破った。同年9月1日、サンフランシスコ・ジャイアンツ村上雅則がデビュー。日本人初の大リーガーが誕生した。1イニングを被安打1、2奪三振の無失点に抑えた。

スタジアムを本拠地としている間、メッツはワールドシリーズに4回出場した(1969年1973年1986年2000年)。1986年10月25日のレッドソックスとのシリーズ第6戦では、レッドソックスがビル・バックナーのトンネルでサヨナラ負け。翌日の第7戦も落とし、「バンビーノの呪い」を解くことはできなかった。

1969年7月9日、トム・シーバーが8回1/3まで25人を抑える準完全試合シカゴ・カブスを破った。この試合はミラクル・メッツとして知られるメッツの逆転優勝の転機となった[1]。9月9日、後に黒猫の呪いと呼ばれる出来事が起きた[1]

ニューヨーク・ヤンキースヤンキー・スタジアムの改修工事期間中の1974年と1975年に本拠地として使用した。1988年4月15日、ヤンキー・スタジアムのコンクリートが落下したため、デーゲームでヤンキース対アナハイム・エンゼルス、ナイターでメッツ対カブスが行われた[1]

1997年4月15日、ビル・クリントンアメリカ大統領、バド・セリグMLBコミッショナー、ジャッキー・ロビンソンの未亡人、レイチェルが来場、ジャッキー・ロビンソンの背番号42がMLB全チームの永久欠番となることが発表された[1]

2001年9月11日の同時多発テロ事件の際、ゲートエリア、駐車場の大部分は被災者を支援する食糧、物資の集積場となった。事件から10日後の9月21日、アトランタ・ブレーブスとの試合でレギュラーシーズンは再開され、41275人のファンが入場した[1]

アメリカンフットボール編集

NFLニューヨーク・ジェッツが、1964年から1983年まで20年間ホームスタジアムとして利用した(ただし1977年の開幕戦は、ジャイアンツ・スタジアムで開催した。)。ジェッツの出場したプレーオフ3試合が開催されている。1968年のAFLチャンピオンシップでジェッツは27-23でオークランド・レイダーズを破った[1]1969年のAFLディビジョナルプレーオフではカンザスシティ・チーフスに6-13で敗れた。1981年のワイルドカードプレーオフでは、バッファロー・ビルズに27-31で敗れた。

1964年9月12日、ジェッツが初のホームゲームでデンバー・ブロンコスを30-6で破った。この試合は45665人が入場した[1]

1965年10月9日、カレッジフットボール陸軍士官学校ノートルダム大学が対戦、この試合には後にアメリカ合衆国大統領となるリチャード・ニクソンが出場した[1]

1967年、ジェッツの主催7試合で437,036人が入場、AFL記録となった[1]

1968年12月29日、ジョー・ネイマスドン・メイナードへの2タッチダウンパスなど、3タッチダウンパスの活躍で、オークランド・レイダーズを27-23で破り、第3回スーパーボウル出場を果たした。この試合は62627人が入場した[1]

1978年までジェッツは、ニューヨーク・メッツのシーズンが終了するまでホームゲームを開催することができなかった。第3回スーパーボウルに優勝した翌年、1969年、メッツがワールドシリーズまで進出したため、チームは開幕から5試合連続でロードで戦い、その後7戦をホームで連戦、最後の2試合をロードで戦った。

1973年、この年もメッツがワールドシリーズまで進出したため、チームは開幕から6試合をロードで戦った[1]。同年12月16日、バッファロー・ビルズO・J・シンプソンがNFL史上初となる1シーズン2000ヤードのランを記録した。それまでのシーズン記録は、1963年ジム・ブラウンが記録した1863ヤードであった[6]。当時は現在と異なり、レギュラーシーズンは14試合であり、14試合で2000ヤードを走ったのはシンプソンのみである[7]

NFLのニューヨーク・ジャイアンツ1975年だけ本拠地として使用した。同年10月5日、昭和天皇香淳皇后がニューヨーク・ジェッツ対ニューイングランド・ペイトリオッツ戦を観戦した。

1979年12月9日のニューヨーク・ジェッツ対ニューイングランド・ペイトリオッツ戦のハーフタイムショーでラジコン飛行機が落下、観客が1人亡くなった[8]

1979年10月15日のミネソタ・バイキングス戦でスタジアム初のマンデーナイトフットボールとして行われた[1]1980年10月27日のマイアミ・ドルフィンズ戦もマンデーナイトフットボールとして行われた[1]

ジェッツの最後の試合となった1983年最後の試合は、後にプロフットボール殿堂入りするピッツバーグ・スティーラーズテリー・ブラッドショーがひじの手術から11か月ぶりに出場したが、ジェッツは7-34で敗れプレーオフ出場を逃した。試合終了後、ファンがフィールドに雪崩込み、ゴールポストの間を走り回った[9]

ギャンググリーンと呼ばれたジェッツは、このスタジアムで69勝69敗3分の成績を残した[1]。ジェッツのヘッドコーチだったウィーブ・ユーバンクは、しばしば試合前日にメッツの試合を観戦した[1]

その他編集

1965年8月15日、ビートルズが当時史上最大の屋外コンサート(史上初の野球場でのコンサート)を催行[1]

1972年から1980年にかけて、WWWF→WWF(現WWE)が3度にわたって「ショーダウン・アット・シェイ」と題したビッグマッチを開催した。そのうち、1976年6月26日の試合では異種格闘技戦「格闘技世界一決定戦」として、グランドにリングを組みプロレスラーアンドレ・ザ・ジャイアント対プロボクサーチャック・ウェプナーが行なわれ、プロボクシング統一世界ヘビー級王者モハメド・アリプロレスラーアントニオ猪木日本から中継された(詳しくはアントニオ猪木対モハメド・アリを参照)。

1976年8月17日、北米サッカーリーグニューヨーク・コスモスワシントン・ディプロマッツが対戦、この試合にはペレが出場している[1]

1979年10月3日、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世ミサを行い[10]、6万人が訪れた[1]。宗教イベントとしては、1978年7月にエホバの証人が、1996年9月、プロミス・キーパーズがイベントを開催した[1]

フィールドの特徴編集

 
シェイ・スタジアム外観

多くの野球選手を悩ませていたのが、近隣にあるラガーディア空港である。シェイ・スタジアムが同空港の離着陸コースのほぼ真下に位置するため、騒音が選手の集中力をかき乱すことが多々あった。市当局が建設予定地を視察したのが飛行機の離着陸コースの異なる冬季であり、夏季ではなかったのだろうと長年噂された[1]。シェイ・スタジアムでプレーする時だけ耳栓をつける選手もいたほどである。

外野は左右対称であった。広めなため、外野手には守備範囲の広さが必要。また、外野席がほとんど設置されていないため、吹き込んでくる風の影響を受けやすかった。よって長打が出にくく、投手有利の球場であった。内野は芝が長いため、球足が遅かった。

ジョー・ネイマスによると、強風と寒さ、凍った芝のため、NFLの本拠地の中でも過酷なスタジアムであった。ただそれは大きなホームアドバンテージになったという[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab History of Shea Stadium”. ニューヨーク・メッツ. 2019年1月14日閲覧。
  2. ^ Richard Sandomir (2008年10月23日). “Demolition Takes Shea Stadium Piece by Piece”. ニューヨーク・タイムズ. 2019年1月14日閲覧。
  3. ^ Mathew R. Warren (2009年1月31日). “On a Mound of Debris at Shea Stadium, Mets Fans Kiss That One Goodbye”. ニューヨーク・タイムズ. 2019年1月14日閲覧。
  4. ^ Bridget Wentworth (2009年2月18日). “Shea Stadium demolition ends”. ザ・スター=レジャー. 2019年1月14日閲覧。
  5. ^ Ken Belson (2009年8月15日). “Signs of Glory Rise at Citi Field, From 1969, 1986 and 2000”. ニューヨーク・タイムズ. 2019年1月14日閲覧。
  6. ^ Murray Chass (1973年12月17日). “Simpson Breaks Mark as Bills Rout Jets, 34 to 14”. ニューヨーク・タイムズ. 2019年1月14日閲覧。
  7. ^ Dec. 12, 1973: Simpson reaches 2,000 yards”. ESPN (2003年11月19日). 2019年1月13日閲覧。
  8. ^ Joe Gergen (2008年9月26日). “It was a grand stage for excitement”. newsday.com. 2019年1月14日閲覧。
  9. ^ Gerald Eskenazi (1983年12月11日). “UNRULY FANS MAR SHEA FAREWELL AS JETS LOSE, 34-7”. ニューヨーク・タイムズ. 2019年1月14日閲覧。
  10. ^ Anna Quindlen (1979年10月4日). “At Shea, A Moving Goodbye”. ニューヨーク・タイムズ. 2019年1月14日閲覧。

外部リンク編集

前本拠地:
ポロ・グラウンズ
1962 - 1963
ニューヨーク・メッツの本拠地
1964 - 2008
次本拠地:
シティ・フィールド
2009 - 現在
前本拠地:
ポロ・グラウンズ
1960 - 1963
ニューヨーク・ジェッツの本拠地
1964 - 1983
次本拠地:
ジャイアンツ・スタジアム
1984 - 現在
前本拠地:
イェール・ボウル
1973 - 1974
ニューヨーク・ジャイアンツの本拠地
1975 - (1シーズン限り)
次本拠地:
ジャイアンツ・スタジアム
1976 - 現在
先代:
ミュニシパル・スタジアム
1963年
MLBオールスターゲーム
開催場
第35回(1964年
次代:
メトロポリタン・スタジアム
1965年