メインメニューを開く

ホテルエミシア札幌

札幌市厚別区にあるホテル

ホテルエミシア札幌Hotel Emisia Sapporo)は、札幌市厚別区にあるシティホテルである。

ホテルエミシア札幌
Hotel Emisia Sapporo
「シェラトンホテル札幌」時の施設外観(2010年)
「シェラトンホテル札幌」時の施設外観(2010年)
ホテル概要
ホテルチェーン ホスピタリティオペレーションズ
設計 石本・中原設計JV[1]
運営 株式会社ホスピタリティオペレーションズ札幌 ホテルエミシア札幌
前身 新さっぽろパレスホテル→シェラトンホテル札幌
階数 地下2階 - 地上32階
レストラン数 6軒
部屋数 512室
延床面積 45,405 m²
駐車場 207台
開業 1996年6月3日(新さっぽろパレスホテル)[2][3]
1999年9月11日(シェラトンホテル札幌)[4]
2014年10月1日(ホテルエミシア札幌)
最寄駅 新札幌駅
新さっぽろ駅
所在地 〒004 -0052
札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25
位置 北緯43度02分24秒 東経141度28分24秒 / 北緯43.04000度 東経141.47333度 / 43.04000; 141.47333座標: 北緯43度02分24秒 東経141度28分24秒 / 北緯43.04000度 東経141.47333度 / 43.04000; 141.47333
公式サイト ホテルエミシア札幌 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

前身は旭川市に本社を置く繊維卸を核とする地場系総合企業の東栄が開業した1996年(平成8年)開業の「新さっぽろパレスホテル」(東京のパレスホテルチェーンとは無関係である)。新札幌副都心開発の第3期事業として建設され[5]、当時は札幌市内で最も高い(115 m)建物であった[1][6]。現在の名称の「エミシア」は「笑み」emiと「幸せ」siawaseを組み合わせた造語であり、ホテルを利用するすべての方のHapinessに繋がることを込めたものである。
なお当初建物を保有して運営に当たっていた東栄は、本業収益の低下と(莫大な費用を要した当施設の事業を含む)不動産事業の失敗、メインバンクだった北海道拓殖銀行の破綻に伴って新規融資が受けられなくなり、2003年(平成15年)1月28日に自主再建を断念し民事再生法を申請した[7]。 当施設を含む3ホテルの運営は継続され[8]ローンスタージャパンマルカツデパートやケーブルテレビ局などと共に売却されて経営権が移行した[9]が、営業は継続された[10]。現在はソラーレ ホテルズ アンド リゾーツを経てホスピタリティオペレーションズが運営している。

沿革編集

施設編集

客室

  • スタンダードフロア/ハイフロア
    • シングル (18 m²)
    • ツイン (24 m²)
    • コーナーツイン (24〜29 m²)
    • ダブル (24 m²)
    • コーナーダブル (29 m²)
    • ファミリー (42 m²)
  • スカイフロア
    • スカイツイン (24 m²)
    • スカイコーナーツイン (37 m²)
    • スカイコーナーダブル (37 m²)
  • 和室・和洋室
    • 和室 (12畳)
    • 和洋室(2間続き/セパレート) (7.5畳)
  • スイート
    • ジュニアスイートツイン (62 m²)
    • エミシアスイート (93 m²)
    • スカイビュースイート (122 m²)
  • バリアフリー
    • アクセシブルルーム (42 m²)

レストラン

  • カフェ・ドム
  • 中国料理 仙雲
  • イタリアンレストラン ラ・ステラ
  • バーラウンジ スターズ・バー
  • ベーカリーショップ ノースクレスト
  • スペシャリティレストラン KAMUI

ウェディング

  • チャペル
  • 神殿
  • BRIDAL SALON Ai

宴会・会議

  • 大宴会場 パレスボールルーム (764 m²)
  • 中宴会場 パステル (404 m²)
  • 中宴会場 パレット (394 m²)
  • 小宴会場 クラウン (143 m²)
  • 小宴会場・会議室
    • シンフォニー (187 m²)
    • カトレア (72 m²)
    • アザレア (64 m²)
    • ライラック (64 m²)
    • パンジー (44 m²)
    • コスモス (36 m²)
  • 和室宴会場
    • 松 (48 m²)
      • 月・雪 (各24 m²)
    • 桐 (18 m²)
  • パーティールーム カーサ・ビアンカ (93 m²)

リラクゼーション

  • スパ・アルパ
    • バスルーム
    • サウナルーム
    • ミストサウナルーム
    • ボディクリーンルーム
    • トリートメントルーム
    • ラウンジ
    • パウダールーム

その他

  • フラワーショップ「銀座花」
  • うやまビューティーサロン[22]
  • スーベニアショップ「HOKKAIDO AKARENGA」[23]

アクセス編集

新札幌副都心にあり、周辺には新さっぽろアークシティ新さっぽろアークシティデュオ新札幌バスターミナル)やサンピアザ(イオン新さっぽろ店・カテプリ・サンピアザ劇場・サンピアザ水族館)、地域医療機能推進機構札幌北辰病院(JCHO札幌北辰病院)などがある。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b シェラトンホテル札幌”. 石本建築事務所. 2016年12月6日閲覧。
  2. ^ a b “札幌一の“のっぽさん” パレスホテル オープン祝う”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1996年6月3日)
  3. ^ a b 国際ツーリズムの歩み 1996年 (PDF)”. 日本国際ツーリズム殿堂. 2016年12月6日閲覧。
  4. ^ a b “『シェラトンホテル札幌』株式および事業譲受のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), ホスピタリティオペレーションズ, (2013年9月2日), http://www.hospitality-operations.co.jp/cms/wp-content/uploads/2013/09/SheratonSapporo_Release2_130902.pdf 2016年12月6日閲覧。 
  5. ^ 開発の現況”. 札幌副都心開発公社. 2016年12月6日閲覧。
  6. ^ 札幌一の“のっぽさん”*パレスホテル オープン祝う”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1996年6月3日). 2016年12月6日閲覧。
  7. ^ a b “旭川の繊維卸 東栄きょう再生法申請 負債は350億円”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年1月28日)
  8. ^ “東栄破たん 「副都心の顔」残った シェラトン営業継続 地元厚別、安どの声”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年1月29日)
  9. ^ “一般債権者向け返済は約二億八千万円 東栄債権者説明会”. あさひかわ新聞 (北のまち新聞社). (2003年11月4日)
  10. ^ “米資に譲渡の「旧東栄系」ホテル 運営維持を地元好感 転売懸念薄れ前向き評価も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年4月14日)
  11. ^ 外資の集客力に期待*新さっぽろパレスホテル*「シェラトン」提携で経営刷新”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年8月26日). 2016年12月6日閲覧。
  12. ^ “東栄破たん 「副都心の顔」残った シェラトン営業継続 地元厚別、安どの声”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2003年1月29日)
  13. ^ 国際ツーリズムの歩み 2003年 (PDF)”. 日本国際ツーリズム殿堂. 2016年12月6日閲覧。
  14. ^ “一般債権者向け返済は約二億八千万円 東栄債権者説明会”. あさひかわ新聞 (北のまち新聞社). (2003年11月4日)
  15. ^ “米資に譲渡の「旧東栄系」ホテル 運営維持を地元好感 転売懸念薄れ前向き評価も”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2004年4月14日)
  16. ^ 日本のホテルチェーングループ一覧 (PDF)”. HOTERES. p. 17 (2010年). 2016年12月6日閲覧。
  17. ^ 高橋克哉 (2013年9月5日). “シェラトン札幌、所有会社が変更 ホテル名はそのまま”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  18. ^ “シェラトンホテル札幌を買収 ホスピタリティ社 名称は変更せず”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年9月2日)
  19. ^ “シェラトンホテル札幌を買収 ホスピタリティ社 名称は変更せず”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2013年9月2日)
  20. ^ 高橋克哉 (2013年9月5日). “シェラトン札幌、所有会社が変更 ホテル名はそのまま”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  21. ^ “「エミシア」で再出発 シェラトンホテル札幌、10月に改名”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2014年4月3日)
  22. ^ 株式会社ウヤマ”. 2016年12月6日閲覧。
  23. ^ 株式会社小六”. 2016年12月6日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集