シェルシェル岬沖海戦

シェルシェル岬沖海戦スペイン語:Batalla del cabo Cherchel)はスペイン内戦中の海戦の一つ。当時のフランス領アルジェリアシェルシェル沖合いで反乱軍側の重巡洋艦「バレアレス」と、政府軍側の軽巡洋艦「リベルタード」、「メンデス・ヌニェス」とが交戦した。

1937年9月2日早朝、「バレアレス」が偶然、軽巡洋艦と駆逐艦に護衛された政府軍側の船団と遭遇した。戦闘で「バレアレス」が大きな損害を受けた。船団にとって最大の脅威は「バレアレス」自体ではなかった。船団の位置が知られることで航空攻撃を受ける虞があり、それ故4隻の駆逐艦はすぐに戦闘をやめ商船の護衛を続けた。その一方、軽巡洋艦「リベルタード」と「メンデス・ヌニェス」は「バレアレス」と交戦した。「リベルタード」の攻撃で「バレアレス」は一時的に砲撃不能になった。だが、「バレアレス」は損害を修復し追跡を再開した。午後、両軍は再び出会った。「リベルタード」は「バレアレス」にさらに2発の命中弾を与え撃破した。海戦後政府軍の船は空襲を受けたが、被害はなかった。

両軍の部隊編集

政府軍編集

反乱軍編集

参考文献編集

外部リンク編集