シェルバーン伯爵内閣

シェルバーン伯爵内閣(シェルバーンはくしゃくないかく、英語: Shelburne ministry)はシェルバーン伯爵を首相とする、1782年7月から1783年3月まで在任したグレートブリテン王国の内閣。

シェルバーン伯爵内閣
グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国 第21代内閣
William Petty, 2nd Earl of Shelburne by Jean Laurent Mosnier.jpg
シェルバーン伯爵
成立年月日1782年7月4日
終了年月日1783年3月26日
組織
元首ジョージ3世
首相シェルバーン伯爵
更迭された閣僚数
(逝去/辞任/解任)
1人
総閣僚数16人
与党ロッキンガム派英語版ホイッグ党
チャタム派
議会における地位多数与党(連立政権
野党フォックス派英語版
グレンヴィル派英語版
野党党首チャールズ・ジェームズ・フォックス[1]
ノース卿[1]
詳細
議会任期第15回グレートブリテン国会英語版
前内閣第2次ロッキンガム侯爵内閣
次内閣フォックス=ノース連立内閣

1782年3月にノース内閣が倒れた後、ホイッグ党ロッキンガム侯爵が再び首相に就任したが、その4か月後に病死、内務大臣のシェルバーン伯爵が後任の首相として組閣した。しかし、チャールズ・ジェームズ・フォックスなど元ロッキンガム派英語版の政治家(ジョン・キャヴェンディッシュ英語版エドマンド・バークを含む)はシェルバーン伯爵の内閣への入閣を拒否、野党に回った。フォックス派英語版もノース卿の支持者と同盟して倒閣を狙い、1783年4月に成功してフォックス=ノース連立内閣が成立した。しかし、この連立政権は国王ジョージ3世に嫌われて失脚、1783年12月に成立した第1次ピット内閣英語版でシェルバーン伯爵の閣僚の多くが返り咲いた。シェルバーン伯爵自身は閣僚に復帰しなかったもののランズダウン侯爵に叙された。

内閣編集

役職 肖像 名前 在任 所属政党
第一大蔵卿   シェルバーン伯爵 1782年7月4日 - 1783年3月26日 ホイッグ党
大法官   サーロー男爵英語版 1778年6月3日 - 1783年4月7日 無所属
枢密院議長   カムデン男爵英語版 1782年3月27日 - 1783年4月2日 ホイッグ党
王璽尚書   グラフトン公爵 1782年 - 1783年 ホイッグ党
財務大臣   小ピット 1782年7月10日 - 1783年3月31日 トーリー党
内務大臣   トマス・タウンゼンド 1782年7月10日 - 1783年4月2日 ホイッグ党
外務大臣
商務委員会第一卿
  グランサム男爵 1780年12月9日 - 1783年4月2日 ホイッグ党
海軍卿英語版   ケッペル子爵 1782年 - 1783年 ホイッグ党
  ハウ子爵 1783年 - 1788年 無所属
ランカスター公領担当大臣   アシュバートン男爵 1782年4月17日 - 1783年8月29日 無所属
補給庁長官英語版   リッチモンド公爵 1782年 - 1783年 ホイッグ党

閣外大臣編集

脚注編集

  1. ^ a b Sheridan 1806, p. 12.

参考文献編集

  • Cook, Chris; Stevenson, John (1980-02-28). British Historical Facts: 1760-1830. Palgrave Macmillan UK. ISBN 978-0-333-21512-8 
  • Sheridan, Richard Brinsley (1806) (英語). Memoir of the Life of The Right Honourable Charles James Fox. London: H. D. Symonds. https://books.google.com/books?id=zqZgAAAAcAAJ 
先代:
第2次ロッキンガム侯爵内閣
グレートブリテン王国の内閣
1782年 - 1783年
次代:
フォックス=ノース連立内閣