メインメニューを開く

シェルビー・チャールズ・ミラーShelby Charles Miller, 1990年10月10日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。

シェルビー・ミラー
Shelby Miller
Shelby Miller on February 27, 2016.jpg
ダイヤモンドバックス時代(2016年2月27日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1990-10-10) 1990年10月10日(28歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 MLBドラフト1巡目
初出場 2012年9月5日
年俸 $535,000(2015年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入りとカージナルス時代編集

2009年MLBドラフト1巡目(全体19位)でセントルイス・カージナルスから指名され、プロ入り。

2011年オールスター・フューチャーズゲームに出場。将来のエース級として、マイナー全体でもトップクラスの評価を受けるようになる[2]

2012年9月5日のニューヨーク・メッツ戦で2番手として登板し、メジャーデビューを果たした。10月3日のシンシナティ・レッズ戦で初先発し、被安打1、7奪三振、6回を零封した[3]。10月9日には肩を傷めたハイメ・ガルシアに代わって地区シリーズのロースターに加えられた[4]

実質1年目となった2013年は開幕から先発ローテーション入りし、31試合全てに先発登板して15勝9敗、防御率3.06、169奪三振を記録した。ナ・リーグ新人王投票では3位だった。

ブレーブス時代編集

2014年11月17日にタイレル・ジェンキンスと共にジェイソン・ヘイワードジョーダン・ウォルデンとのトレードで、アトランタ・ブレーブスへ移籍した。

2015年は前半に2完封を記録するなど5勝を挙げて初めてオールスターに選出された。しかしシーズンを通して打線の援護に恵まれず、33試合中21試合でクオリティ・スタートを記録(リーグ10位タイ)し、20513回(同8位)を投げたものの、5月23日から9月27日まで24試合連続で白星が付かないなど、両リーグ最多の17敗を記録した。シーズン最終登板となった10月4日の試合で8回無失点と好投し、ようやく6勝目を挙げた。このように不運な負け星がたくさん付いたが、防御率3.02はここ3シーズンで自己ベストの数字であり、被本塁打も13本に抑え、171奪三振も自己最多であるなど、投球内容自体はむしろベストに近かった。

ダイヤモンドバックス時代編集

2015年12月9日にエンダー・インシアーテアーロン・ブレアーダンズビー・スワンソンとのトレードで、ゲイブ・スパイアー英語版と共にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した[5][6]

2016年は開幕から低迷し、途中約1ヶ月半のマイナー落ちも経験。この年は20試合全てに先発登板して3勝12敗、防御率6.15、70奪三振の成績に終わった。

2017年は開幕から4試合に先発登板後の4月29日、トミー・ジョン手術のため今季の残りシーズンは全休の見込みと報道され[7]、5月10日に同手術を受けた[8]

2018年11月30日にノンテンダーFAとなった[9]

レンジャーズ時代編集

2019年1月9日にテキサス・レンジャーズと1年200万ドルの契約を結んだ[10]。7月1日にDFAとなり[11]、4日に自由契約となった[12]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2012 STL 6 1 0 0 0 1 0 0 1 1.000 54 13.2 9 0 4 0 1 16 0 0 2 2 1.32 0.95
2013 31 31 1 1 1 15 9 0 0 .625 722 173.1 152 20 57 0 5 169 2 0 65 59 3.06 1.21
2014 32 31 1 1 0 10 9 0 0 .526 764 183.0 160 22 73 4 2 127 4 0 78 76 3.74 1.27
2015 ATL 33 33 2 2 0 6 17 0 0 .261 860 205.1 183 13 73 8 6 171 5 2 82 69 3.02 1.25
2016 ARI 20 20 1 1 0 3 12 0 0 .200 460 101.0 127 14 42 3 2 72 3 0 72 69 6.15 1.67
2017 4 4 0 0 0 2 2 0 0 .500 99 22.0 20 1 12 1 0 20 1 1 10 10 4.09 1.46
2018 5 4 0 0 0 0 4 0 1 .000 79 16.0 24 5 8 0 0 19 1 0 21 19 10.69 2.00
MLB:7年 131 124 5 5 1 37 53 0 1 .411 3038 714.1 675 75 269 16 16 592 16 3 330 304 3.83 1.32
  • 2018年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

MiLB
MLB

背番号編集

  • 40(2012年 - 2014年)
  • 17(2015年)
  • 26(2016年 - 2018年)
  • 19(2019年)

脚注編集

  1. ^ Shelby Miller Contracts, Salaries, Cap Hits, & Transactions” (英語). Spotrac. 2015年12月11日閲覧。
  2. ^ Midseason Top 50 Prospects List[リンク切れ]
  3. ^ Jenifer Langosch (2012年10月4日). “Miller flirts with history in first start as Cards win” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  4. ^ Jenifer Langosch (2012年10月9日). “Cardinals replace Jaime Garcia with Shelby Miller on roster” (英語). MLB.com. 2015年12月 11日閲覧。
  5. ^ Mark Bowman (2015年12月9日). “Top pick highlights Shelby-to-Arizona deal” (英語). MLB.com. 2015年12月11日閲覧。
  6. ^ “ダイヤモンドバックスは争奪戦撤退か”. デイリースポーツ. (2015年12月10日). http://www.daily.co.jp/mlb/2015/12/10/0008634919.shtml 2015年12月11日閲覧。 
  7. ^ Oliver Macklin (2017年4月29日). “Shelby Miller to undergo Tommy John surgery”. MLB.com. 2017年5月19日閲覧。
  8. ^ Shelby Miller undergoes Tommy John surgery”. AZ Central (2017年5月10日). 2017年5月19日閲覧。
  9. ^ Steve Gilbert (2018年11月30日). “Miller, Owings, Boxberger hit free-agent market” (英語). MLB.com. 2019年2月6日閲覧。
  10. ^ T.R. Sullivan (2019年1月10日). “Shelby Miller, Rangers agree to 1-year deal” (英語). MLB.com. 2019年2月6日閲覧。
  11. ^ T.R. Sullivan (2019年7月1日). “Rangers designate Miller for assignment” (英語). MLB.com. 2019年7月2日閲覧。
  12. ^ MLB公式プロフィール参照。2019年7月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集