メインメニューを開く

   

シェレシュ・レジェー
Seress Rezső.jpg
基本情報
生誕 (1899-11-03) 1899年11月3日
出身地  ハンガリー
死没 (1968-01-11) 1968年1月11日(68歳没)
ジャンル 音楽
職業 ピアニスト作曲家
担当楽器 ピアニスト
この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にレジェー・シェレシュと表記することもあります。

シェレシュ・レジェーSeress Rezső [ˈʃɛrɛʃ ˈrɛʒøː], 1899年11月3日 - 1968年1月11日)はハンガリーシンガーソングライターで、ピアニスト作曲家。姓のSeressの末尾はssとなっているが、ハンガリー語の古風な表記で、現代ハンガリー語ならSeresと表記されるもので、発音はシェレッシュとはならずシェレシュである。

目次

生涯編集

もともと演劇を学び、音楽は独学で身につけ、名前が知られるようになって専業とした。1933年に発表された「暗い日曜日」が代表作として知られる。1968年ブダペスト投身自殺をした。

作品について編集

1933年に発表された「暗い日曜日」は代表作で、ブダペシュトレストラン「キシュピパ Kispipa Vendéglő [1]」でピアニストとして活動をしていた時代のもの。作詞者のヤーヴォル・ラースローは、この店のオーナー。キシュピパは名所として、現在も経営している。

外部リンク編集

脚注編集