メインメニューを開く

デシェイン・デイビス・ラーキンDeShane Davis Larkin 1992年10月2日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州シンシナティ生まれ、フロリダ州オーランド出身のバスケットボール選手。NBAボストン・セルティックスに所属している。

シェイン・ラーキン
Shane Larkin
Shane Larkin.jpg
マイアミ大学時代のラーキン
ボストン・セルティックス  No.8
ポジション PG
背番号 8
身長 180cm (5 ft 11 in)
体重 80kg (176 lb)
ウィングスパン 180cm  (5 ft 11 in)[1]
シューズ ナイキ
基本情報
本名 DeShane Davis Larkin
愛称 Sugar Shane
ラテン文字 Shane Larkin
誕生日 (1992-10-02) 1992年10月2日(27歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州シンシナティ
出身 マイアミ大学 (フロリダ州)
ドラフト 2013年 18位 
選手経歴
2013-2014
2014-2015
2015-2016
2016-2017
2017-
ダラス・マーベリックス
ニューヨーク・ニックス
ブルックリン・ネッツ
スペインの旗 サスキ・バスコニア
ボストン・セルティックス
受賞歴

父は元MLBシンシナティ・レッズの名遊撃手で、アメリカ野球殿堂入りのバリー・ラーキンである[2]

来歴編集

父のバリーがシンシナティ・レッズでプレーしていた関係で、オハイオ州シンシナティで生まれた。但しMLBのオフシーズンは、自宅のあるフロリダ州オーランドで過ごすという生活を送っていた。父の引退後はオーランドで生活することになる。シェーンは偉大な父の後を追い、野球を始めたが、それと同時にバスケットボールもするようになった。 しかし、中学生の時にリトルリーグのコーチとソリが合わずに野球を止め、バスケットボールに専念することになる[3]

地元オーランドの高校で活躍したラーキンは、マイアミ大学でも中心選手として活躍し、2013年のNBAドラフトにアーリーエントリーを表明。ドラフトでは18位でアトランタ・ホークスから指名されたが、直後のトレードで交渉権がダラス・マーベリックスに移動した。しかしサマーリーグで左足首を骨折してしまい[4]、その影響でルーキーシーズンは45試合の出場に止まった。

2014年7月、大型トレードでニューヨーク・ニックスに移籍[5]。シーズン開幕戦の10月29日のシカゴ・ブルズ戦でスタメン出場を果たした。

2015年7月2日、ブルックリン・ネッツと2年300万ドルで契約[6]。シーズン終了後にプレーヤーオプションを行使せず、自身の価値を確かめる為にFAとなったものの、NBAチームからのオファーを獲ることは出来なかった。

2016年8月10日、リーガACBの強豪サスキ・バスコニアと契約[7]。2017年5月14日、2016-17シーズンのリーガ2ndチームに選出された[8]

2017年7月20日、ボストン・セルティックスと契約し、1年でNBA復帰を果たした[9]

プレースタイル編集

公称180cmと、NBAの中では小柄な部類に入るため、ディフェンス面で苦戦を強いられることもある。オフェンスの方は鋭いペネトレイトで相手を攪乱するなど、ポイントガードとしては非凡な面も持ち合わせているが、先発起用では心許ないと評価されている。もっとゲームメイクを学ぶ必要性があるとされており、ホセ・バレアのようなコンボガードを目指すべきだという見方もある。

脚注編集

外部リンク編集