メインメニューを開く

シエラレオネ国章(シエラレオネのこくしょう)は、独立直前の1960年12月1日に制定された。

シエラレオネの国章
Coat of arms of Sierra Leone.svg
詳細
使用者 シエラレオネ
採用 1960年12月1日
サポーター ライオン
モットー unity、freedom、justice
統一、自由、正義

両脇に二本のヤシの木を配し、その脇に二頭のライオンを描いて、そのライオンが中央の大きなを支えている。盾の最上部には三本の松明が描かれ、その下ののジグザグとライオンは、国名の由来となった「ライオンの山」を表している。その下のの波線は、この国にはじめて解放奴隷がやってきた首都フリータウンの浜辺を意味する。盾に使われている緑、白、青の三色はシエラレオネの国旗と同じ色である。国章の底部には公用語である英語で国の標語unity、freedom、justice「統一、自由、正義」と書かれたスクロールがかかっている。

関連項目編集