シカゴ・オヘア国際空港

シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ・オヘアこくさいくうこう、: Chicago O'Hare International Airport)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市にある国際空港

シカゴ・オヘア国際空港
Chicago O'Hare International Airport
ORD Airport Diagram.svg
連邦航空局・空港図
航空写真
航空写真
IATA: ORD - ICAO: KORD
概要
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
所在地 イリノイ州シカゴ
種類 公共
所有者 シカゴ市
運営者 シカゴ市航空局
拠点航空会社
標高 204 m (668 ft)
座標 北緯41度58分43秒 西経087度54分17秒 / 北緯41.97861度 西経87.90472度 / 41.97861; -87.90472座標: 北緯41度58分43秒 西経087度54分17秒 / 北緯41.97861度 西経87.90472度 / 41.97861; -87.90472
公式サイト flychicago.com/Ohare/...
地図
空港の位置
空港の位置
ORD
空港の位置
空港の位置
ORD
空港の位置
空港の位置
ORD
空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
04L/22R 2,286×46 アスファルト
04R/22L 2,461×46 アスファルト
09L/27R 2,286×46 コンクリート
09R/27L 2,428×46 アスファルト/コンクリート
10C/28C 3,292×61 コンクリート
10L/28R 3,962×46 アスファルト/コンクリート
10R/28L 2,286×46 コンクリート
ヘリパッド
番号 長さ (m) 表面
H1 61 コンクリート
統計(2009年)
旅客数 64,397,782人
出典:連邦航空局[1]と空港公式サイト[2]より
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

概要編集

シカゴ郊外にある7本の滑走路を持つ巨大空港で、ユナイテッド航空の本部(ハブ空港)、アメリカン航空ハブ空港である。2005年までは離着陸回数が世界一の空港であった。

歴史編集

空港の建設は第二次世界大戦中の1942年に行われた。これは、ダグラスC-54輸送機の製造工場用の飛行場であった。工場の位置の選定にあたっては、シカゴから適当な距離があり、広い敷地が得られることが条件となった。ダグラス社は、1945年に西海岸へ移動し、当地の名称はオーチャード(Orchard)飛行場となった。1949年に第二次世界大戦のエースであるエドワード・ブッチ・オヘア英語版を記念し、オヘア空港に名称が変更された。

施設編集

 
ターミナル(左から順に 1・2・3・5)

オヘア国際空港は現在4つの旅客ターミナル(1・2・3・5)を持っている[3]。各旅客ターミナルの間は無人鉄道(ATS)で結ばれている。ターミナル1・2・3はセキュリティエリア内の歩行通路によっても繋がっている[4]

国際線到着は全てターミナル5に到着する[5]。ただしカナダからの便はその航空会社が用いているターミナル1・2・3に到着する[6]。国際線出発は、アメリカ系航空会社の大多数の便(および日本系[7])がその航空会社が用いているターミナル1・2・3から出発する。

敷地の南西側には大きな航空貨物建屋がある[8]。敷地の西側にターミナルを集約し大規模なターミナル集合体を建設する計画もある[9]

就航都市編集

ターミナル1(コンコースB・C)編集

 
就航都市
 
ターミナル 1
 
ターミナル 1のコンコース B & C 間をつなぐ連絡地下通路

ユナイテッド航空系列の国際線出発便、国内線出発便、国内線到着便

航空会社就航地
  ユナイテッド航空                                                 オールバニ(ニューヨーク)アルバカーキアムステルダムアンカレッジオラニエスタッド(アルバ島)アトランタボチモアバンコクバミューダボイシーボストンブエノスアイレス/エセイサバッファローバーリントンカルガリーシャーロットシンシナティクリーブランドコロンバスコスメルダラスデイトンデンバーデモインデトロイトエドモントンフォートマイヤーズフランクフルトグランドケイマン/オーウェングランドラピッズグリーンズボロハリスバーグハートフォード香港ホノルルヒューストンインディアナポリスカフルイカンザスシティコナリベリア(コスタリカ)ロンドン/LHRロサンゼルス/LAXロサンゼルス/オレンジ・カウンティ―マンチェスター(ニューハンプシャー)メキシコシティマイアミミネアポリス=セントポールモンテゴベイミュンヘンニューアークニューオーリンズニューヨーク/ラガーディアオークランドオクラホマシティオマハオーランドパリ/CDGフィラデルフィアフェニックスピッツバーグポートランド(オレゴン)プロビデンス(ロードアイランド)プエルトバジャルタリッチモンド(バージニア)ロチェスター(ニューヨーク)サクラメントセントルイスセントトーマスソルトレークシティサンアントニオサンディエゴサンフランシスコサンノゼ(カリフォルニア)サン・ホセ・デル・カボ(メキシコ)サンファン(プエルトリコ)サンパウロシアトルソウル/仁川北京/首都上海/浦東シンガポールスポケーンシドニー台北/桃園東京/羽田東京/成田トロントツーソンバンクーバーワシントン/ダレスワシントン/レーガンウェストパームビーチウィニペグフォートローダーデールラスベガスマイアミオーランドフェニックスタンパ
  ユナイテッド・エキスプレス                                                

スターアライアンス系列の外国籍航空会社の国際線出発便(除 カナダ籍航空会社)

航空会社就航地
  ルフトハンザドイツ航空   フランクフルト
    スカンジナビア航空   コペンハーゲンストックホルム
  スイス インターナショナル エアラインズ   チューリッヒ
  LOTポーランド航空   ワルシャワクラクフ
  全日本空輸    東京/羽田東京/成田
  アシアナ航空   ソウル/仁川
  エバー航空   台北/桃園
  中国東方航空   上海/浦東
  エアインディア   アフマダーバードロンドン/LHRフランクフルト経由)、ムンバイロンドン/LHRフランクフルト経由)
  エチオピア航空   アジスアベバ
  ニュージーランド航空   オークランド


現在のターミナル1は、1955年建設の国際線用発着ターミナルに代わるものとして、1987年に建設された。

ターミナル2(コンコースE・F)編集

米国籍及びカナダ籍の航空会社の出発便及び到着便(アライアンスは混在)

航空会社就航地
  ユナイテッド航空            ヒューストンニューアーク
  デルタ航空            デトロイトメンフィスミネアポリス=セントポール
  ジェットブルー航空            ニューヨーク/JFKロサンゼルス/ロングビーチ
  エア・カナダ            モントリオールオタワトロントバンクーバー

ターミナル2は1962年の大規模な空港拡張の際に建設された。

ターミナル3(コンコースG・H・K・L)編集

 
アメリカンイーグル及びアメリカン航空

米国籍航空会社の国際線出発便、国内線出発便、国内線到着便(アライアンスは混在)

航空会社就航地
  アラスカ航空                      アンカレッジシアトル
  アメリカン航空                      アカプルコアルバカーキアトランタオースティンボチモアボストンブリュッセルカルガリーカンクンコロンバスダラス/フォートワースデリーデンバーデトロイトダブリンエルパソファイェットビルフラッグスタッフフォートローダーデールフォートマイヤーズフランクフルトグラスゴーハートフォードホノルルヒューストンインディアナポリスジャクソンホールカンザスシティラスベガスロンドン/LHRロサンゼルス/LAXロサンゼルス/オレンジ・カウンティ―マンチェスター(イギリス)マウイメキシコシティマイアミミネアポリス=セントポールモントリオールナッシュビルニューオーリンズニューアークニューヨーク/ラガーディアオーランドパームスプリングスパリ/CDGフィラデルフィアフェニックスポートランド(オレゴン)プロビデンスプエルトバジャルタローリー/ダーラムリノローマセントルイスソルトレークシティサンアントニオサンディエゴサンフランシスコサンフアン(プエルトリコ)サンノゼ(カリフォルニア)サン・ホセ・デル・カボ(メキシコ)シアトル北京/首都上海/浦東タンパトロント、ツーソン、ベイル、バンクーバーワシントン/レーガンパームビーチホワイトプレインズ
  エンヴォイ・エア (旧アメリカン・イーグル航空)                     オールバニ(ニューヨーク)サンディエゴアトランタブルーミントン(イリノイ)バッファローシーダー・ラピッズアーバナ=シャンペーンシャーロットチャタヌーガシンシナティクリーブランドコロラドスプリングスコロンバス(オハイオ)デイトンデモインエバンズビルファイェットビルフリントフォートウェイングランドラピッズグリーンベイグリーンビル(サウスカロライナ)ハリスバーグハンツビルインディアナポリスジャクソンビル(ノースカロライナ)カラマズーノックスビルラクロスリトルロックルイビルマディソンマーケットメンフィスミルウォーキーミネアポリス=セントポールモーリン(イリノイ)ナッシュビルナッソーニューヨーク/JFKノーフォークオクラホマシティオマハオタワペンサコーラピオリアピッツバーグリッチモンド(バージニア)ロチェスター(ニューヨーク)ロチェスター(ミネソタ)スーフォールズサバンナスプリングフィールド(ミズーリ)シラキューストリードトラバースシティータルサワシントン/ダレスホワイトプレインズウィチタ
  デルタ航空                  アトランタシンシナティニューヨーク/JFKソルトレークシティ

ワンワールド系列及びスカイチーム系列の外国籍航空会社の国際線出発便(除 カナダ籍航空会社)

航空会社就航地
  エールフランス       パリ/CDG
  ブリティッシュ・エアウェイズ       ロンドン/LHR
  KLMオランダ航空       アムステルダム
  アリタリア-イタリア航空      ミラノ
  フィンエアー       ヘルシンキ
  日本航空       東京/羽田
  大韓航空       ソウル/仁川
  中国東方航空       上海/浦東
  エミレーツ航空       ドバイ

ターミナル3は1962年の計画の中心として建設された。さらに1983年、コンコース Lの建設という、より有意義な拡張が行われた。

ターミナル5(コンコースM)編集

ターミナル5は、国際線到着便専用のターミナルであり、入国管理局のあるターミナルである。従い、ターミナル5からの出発便はない。国際線出発便は、各々のアライアンスのサービスターミナルで、国内線出発便と混在してあり、国際線出発便専用として別枠を設けていない。尚、カナダ便は、カナダ出国の際にアメリカ合衆国への入国手続きを出発地で済ます関係上、この国際線到着便専用のターミナル5には到着せず、アメリカ国内線のターミナルに到着する。


国際線到着便(カナダ便を除く、全国際線到着便)

スターアライアンス系列航空会社

航空会社就航地
  ユナイテッド航空            アムステルダムオラニエスタッド(アルバ島)北京/首都ベリーズシティーブリュッセルカンクンコスメルフランクフルトグランドケイマン/オーウェンイスタパ=シワタネホリベリアロンドン/LHRメキシコシティモンテゴベイモンテレイ(メキシコ)ミュンヘンナッソーパリ/CDGプロビデンシャレスプエルトバジャルタプンタ・カナサン・ホセ・デル・カボ(メキシコ)サン・ホセ(コスタリカ)サンパウロ上海/浦東セントルシアセントマーチン東京/羽田東京/成田
  ルフトハンザドイツ航空            フランクフルト
    スカンジナビア航空            コペンハーゲンストックホルム
  スイス インターナショナル エアラインズ            チューリッヒ
  LOTポーランド航空                           ワルシャワクラクフ
  全日本空輸            東京/羽田東京/成田
  アシアナ航空            ソウル/仁川
  エバー航空            台北/桃園
  中国東方航空            上海/浦東
  エアインディア            アフマダーバードロンドン/LHRフランクフルト経由)、ムンバイロンドン/LHRフランクフルト経由)
  エチオピア航空            アジスアベバ
  ニュージーランド航空            オークランド

ワンワールド系列航空会社

航空会社就航地
  アメリカン航空          オラニエスタッド(アルバ島)カンクンコスメルグランドケイマン/オーウェングアテマラシティロンドン/LHRモンテゴベイナッソーパリ/CDGプロビデンシャレスプエルトバジャルタプンタ・カナサン・ホセ・デル・カボ(メキシコ)セントルシア東京/羽田東京/成田
  ブリティッシュ・エアウェイズ          ロンドン/LHR
  フィンエアー          ヘルシンキ
  イベリア航空          マドリード
  キャセイパシフィック航空          香港
  日本航空          東京/羽田

スカイチーム系列航空会社

航空会社就航地
  エールフランス         パリ/CDG
  KLMオランダ航空          アムステルダム
  アリタリア-イタリア航空          ミラノ
  大韓航空          ソウル/仁川
  中国東方航空          上海/浦東

その他の航空会社

航空会社就航地
  ビバアエロバス          モンテレイ(メキシコ)
  ボラリス         グアダラハラ
  エア・ジャマイカ         キングストン
  TACA航空         グアテマラシティエルサルバドル
  bmi         マンチェスター(イギリス)
  ケイマン航空         グランドケイマン/オーウェン
  アイスランド航空         レイキャビク
  エアリンガス          ダブリン経由シャノン
  ライアンエアー         ダブリン
  海南航空          北京/首都(2013年9月3日から就航開始予定)
  エル・アル航空         テルアビブ
  エミレーツ航空          ドバイ
  エティハド航空          アブダビ
  パキスタン国際航空          カラチマンチェスター(イギリス)イスラマバード経由)
  ロイヤルヨルダン航空           アムステルダム

[10][11]

貨物航空会社編集

アクセス編集

事故編集

脚注編集

  1. ^ FAA Airport Master Record for ORD (Form 5010 PDF), effective March 15, 2007.
  2. ^ Monthly Operations, Passengers, Cargo Summary By Class, For December 2008 (published January 21, 2009)
  3. ^ さらにターミナル・ビルが2つ以上追加される計画もある。
  4. ^ 各ターミナル間は約400m。
  5. ^ 入国管理施設はターミナル5にある。
  6. ^ 例えばエアカナダはターミナル2を用いている。
  7. ^ ANAはターミナル1から、JALはターミナル3から日本へ出発する。
  8. ^ 貨物建屋は以前はターミナル5の位置に建っていたが、移設により1984年に新建屋がオープンした。
  9. ^ 建設には滑走路の再配置が必要。このターミナル計画では州間高速道路I-90 ないしは Elgin-O'Hare 高速道路からアクセスする。
  10. ^ https://www.flychicago.com/ohare/myflight/airlines/Pages/default.aspx
  11. ^ https://www.flychicago.com/SiteCollectionDocuments/O%27Hare/MyFlight/INTLnonstops.pdf
  12. ^ a b c シカゴ交通局. “Rapid Transit Trains from Chicago O'Hare and Midway airports”. シカゴ交通局公式ウェブサイト. 2020年9月28日閲覧。
  13. ^ ASN Aircraft accident Lockheed L-188C Electra N137US Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2012年7月15日閲覧。
  14. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727–22 N7036U Lake Michigan, MI”. Aviation Safety Network. 2012年7月15日閲覧。
  15. ^ ASN Aircraft Accident Boeing 727–22 Chicago–O'Hare International Airport”. Aviation Safety Network. 2012年7月15日閲覧。
  16. ^ ASN Aircraft accident Convair CV-580 N2045 Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  17. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-9-31 N954N Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network (1972年12月20日). 2010年11月3日閲覧。
  18. ^ ASN Aircraft accident McDonnell Douglas DC-10-10 N110AA Chicago – O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  19. ^ Franklin, Cory (2015年5月24日). “Commentary: American Airlines Flight 191 still haunts”. Chicago Tribune. http://www.chicagotribune.com/news/opinion/commentary/ct-american-airlines-ohare-crash-flight-191-hospital-perspec-0525-jm-20150522-story.html 2015年9月1日閲覧。 
  20. ^ ASN Aircraft accident Boeing KC-135A-BN Stratotanker 58-0031 Greenwood, IL”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  21. ^ ASN Aircraft accident Boeing 727 N845AA Chicago–O'Hare International Airport, IL (ORD)”. Aviation Safety Network. 2010年11月3日閲覧。
  22. ^ Uncontained Engine Failure and Subsequent Fire American Airlines Flight 383 Boeing 767–323, N345AN”. ntsb.gov. National Transportation Safety Board. 2018年4月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集