シグナル (テレビドラマ)

韓国のテレビドラマ番組

シグナル』(: 시그널)は、2016年1月22日から同年3月12日にかけて、韓国tvNで放送されたテレビドラマである[1]2018年4月期にカンテレ(関西テレビ)制作・フジテレビ系にて、『シグナル 長期未解決事件捜査班』のタイトルでリメイクされた。

シグナル
ジャンル テレビドラマ
脚本 金銀姬(キム・ウニ)
演出 キム・ウォンソク
イソ・ジェジュン
キム・エジ
出演者 イ・ジェフン
キム・ヘス
チョ・ジヌン
製作
制作 スタジオドラゴン
ASTORY
製作 CJ ENM
放送
放送チャンネルtvN
放送国・地域大韓民国の旗 韓国
放送期間2016年1月22日 - 2016年3月12日
放送時間毎週金曜日・土曜日
回数16
公式サイト
テンプレートを表示
シグナル
各種表記
ハングル 시그널
発音 シグノル
ローマ字 Sigeuneol
英語表記: Signal
テンプレートを表示

実際に起こった未解決事件、集団強姦事件、韓国の社会問題等をモチーフにしているとの向きもある[2][3]

あらすじ編集

警察プロファイラー・パク・ヘヨンはある日、15年前の未解決事件を追うイ・ジェハン刑事から、壊れた無線機を通じてその未解決事件の有力な手がかりを教えられる。

時効まであと数日のところでかつてのジェハンの後輩・チャ・スヒョン刑事と共に事件を解決することに成功する。

その後もヘヨンはジェハンと交信を続けていくうちに、彼が過去の人間であることに気付く。一方でスヒョンは、15年前に失踪したジェハンの行方を捜し続けている。

登場人物編集

長期未解決事件専門チーム編集

パク・ヘヨン
演 - イ・ジェフン
プロファイラー。
壊れた無線機を通じて過去の世界の刑事・イ・ジェハンと交信し、共に事件を解決していく。
チャ・スヒョン
演 - キム・ヘス
刑事・チーム長。
ジェハンに対して秘かに好意を抱いており、彼が謎の失踪を遂げた後も、長年捜査し続けている。
キム・ケチョル
演 - キム・ウォネ
刑事。人探しが得意。
チョン・ホンギ
演 - イ・ユジュン
証拠物鑑識要員。

警視庁編集

イ・ジェハン
演 - チョ・ジヌン
捜査班・刑事。
壊れた無線機を通じて未来を生きるヘヨンと交信し、共に事件を捜査する。
アン・チス
演 - チョン・ヘギュン
係長。
キム・ボムジュ
演 - チャン・ヒョンソン
捜査局長。

事件のキーパーソン編集

キム・ジヌ
演 - イ・サンヨブ
チャン・ヨンチョル
演 - ソン・ヒョンジュ

スタッフ編集

  • 演出 - キム・ウォンソク
  • 助演出 - イソ・ジェジュン、キム・エジ
  • 脚本 - キム・ウニ
  • 音楽 - キム・ジュンソク、バク・ソンイル
  • 製作 - A Story
  • 企画 - チェジンフイ、パク・ジヨン
  • 責任プロデューサー - イ・チャノ
  • プロデューサー - イ・ジェムン、パク・ウンギョン
  • 編集 - キム・ナヨン
  • 撮影 - チェ・サンムク、イ・ジュヨン

受賞歴編集

2016年編集

リメイクテレビドラマ(日本版)編集

2018年4月10日から6月12日までカンテレ(関西テレビ)制作・フジテレビ系の「火曜21時枠」で『シグナル 長期未解決事件捜査班』のタイトルで放送された。主演はテレビドラマ初主演の坂口健太郎[4]

劇場版が2021年4月2日公開[5]。2021年3月30日、原作の人気&クオリティが高かったエピソードをリメイクしたスペシャルドラマの放送された[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

  • オーロラの彼方へ - 2000年に公開されていたアメリカ映画(原題はFrequency)。刑事が無線を通じて30年前の父親と交信し過去を変える物語。
  • シグナル/時空を超えた捜査線 (原題は映画と同じくFrequency ) - 上記映画をリメイクし2016年10月5日から2017年1月25日までアメリカで放送されたドラマ作品。リメイクが韓国ドラマの「シグナル」と酷似しているが制作発表は2014年。邦題については当時問題に発展。視聴率低迷からシーズン1を終了を待たずに制作は打切りになる。

外部リンク編集