メインメニューを開く

シケオン・トゥルク・ナムゲル

シッキム王国の君主
シケオン・トゥルク・ナムゲル

シケオン・トゥルク・ナムゲル(Sidkeong Tulku Namgyal, 1879年 - 1914年12月5日)は、インドシッキム王国ナムゲル朝)の第10代君主(在位:1914年)。

目次

生涯編集

1914年、父王トゥトブ・ナムゲルの死により、王位を継承した[1]

シケオン・トゥルクはオックスフォード大学に留学していたこともあり、封建的制度の廃止を決意していた[2]

同年12月5日、シケオン・トゥルクはガントクで不審死を遂げ、弟のタシ・ナムゲルが王位を継承した[1]

脚注編集

  1. ^ a b Sikkim 3
  2. ^ 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.383

参考文献編集

  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 

関連項目編集