シゲルジュウヤク中央競馬で走っていた競走馬[2]。名前の由来は冠名のシゲル + 重役[3]

シゲルジュウヤク
シゲルジュウヤク.JPG
2013年3月9日 阪神競馬場
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 2008年1月13日
死没 2015年5月30日(7歳没)[1]
グラスワンダー
ニシノコマチ
母の父 Miswaki
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 大栄牧場
馬主 森中蕃
調教師 西橋豊治栗東
競走成績
生涯成績 平地競走11戦1勝
障害競走17戦4勝
獲得賞金 1億4933万3000円
テンプレートを表示

戦歴編集

2010年7月11日に阪神競馬場でデビュー、10番人気の10着に終わる[4]。4戦目の10月23日福島競馬場で初勝利を挙げる[4]。11月13日に京王杯2歳ステークスへ出走するも15頭中15着と大敗する[4]。以後シゲルジュウヤクは平地競走で2ケタ着順が続き[4]、2011年10月2日に阪神で障害デビュー、シゲルジュウヤクの障害競走初戦は10頭中8着に終わる[4]。障害3戦目の11月26日京都競馬場で障害3歳上未勝利勝ちを達成して障害オープンクラス入りする[4]

2011年から2012年にかけて、掲示板を外さない堅実ではあるが勝ち切れないレースが続いた[4]。その流れも2012年7月8日の中京の障害オープンで2勝目をあげ惜敗にストップをかける[4]。次いで2012年8月18日の新潟ジャンプステークスに出走、3,4番手を進み連勝で重賞初制覇をあげることができた[4]

2013年の2戦目となった3月19日の阪神スプリングジャンプで障害重賞の2勝目を達成[4]。次いで4月13日の中山グランドジャンプでも果敢に先頭に立ったが3着に敗れた[4]。秋に9月14日の阪神ジャンプステークスに出走して3着としたあと長期休養に入り[4]、2015年に入って平場を一度叩いたあと5月30日の京都ハイジャンプに出走したが[4]、9号障害(バンケット)着地時に転倒したため競走を中止し、右上腕骨々折が判明、予後不良と診断された[1]

血統表編集

シゲルジュウヤク血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*グラスワンダー
Grass Wonder
1995 栗毛
父の父
Silver Hawk
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
父の母
Ameriflora
1989 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Graceful Touch His Majesty
Pi Phi Gal

ニシノコマチ
1996 栗毛
Miswaki
1978 栗毛
Mr. Prospector Raise a Native
Gold Digger
Hopespringseternal Buckpasser
Rose Bower
母の母
*サレラ
Sarela
1988 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Santiago Sweetie Boldnesian
Santiago Lassie
母系(F-No.) (FN:1号族(F1-j)) [§ 3]
5代内の近親交配 Danzig:S3×M3、Raise a Native:M4×S5、Nashua:S5×M5 [§ 4]
出典
  1. ^ JBISサーチ「5代血統表」[5]および、netkeiba.com「5代血統表」に基づく[6]
  2. ^ netkeiba.com「5代血統表」に基づく[6]
  3. ^ JBISサーチ「5代血統表」に基づく[5]
  4. ^ JBISサーチ「5代血統表」に基づく[5]


出典編集

  1. ^ a b 【今日の出来事】日曜京都6Rロードストームが馬番発表前に出走取り消し”. UMAJIN (2015年5月30日). 2015年11月22日閲覧。
  2. ^ シゲルジュウヤク - 基本情報”. JBISサーチ. 2015年11月22日閲覧。
  3. ^ “ジュウヤク重賞初V”. 日刊スポーツ 東京日刊. (2012年8月19日) 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m シゲルジュウヤクの競走成績”. netkeiba.com. 2015年11月22日閲覧。
  5. ^ a b c シゲルジュウヤク - 5代血統表”. JBISサーチ. 2015年11月22日閲覧。
  6. ^ a b シゲルジュウヤク - 5代血統表”. netkeiba.com. 2015年11月22日閲覧。

外部リンク編集