メインメニューを開く

シシリアン』( Le Clan des Siciliens)は、1969年のフランス映画である。原作は犯罪小説家オーギュスト・ル=ブルトン。主演:ジャン・ギャバンアラン・ドロン。監督:アンリ・ヴェルヌイユによるフィルム・ノワールである。主演俳優らによる英語吹き替え版(題名The Sicilian Clan)も存在するため、ドロンの役名は英語読みでサーテットと表記される場合もある。

シシリアン
Le Clan des Siciliens
監督 アンリ・ヴェルヌイユ
脚本 アンリ・ヴェルヌイユ 
ジョゼ・ジョヴァンニ 
ピエール・ペルグリ
原作 オーギュスト・ル=ブルトン
製作 ジャック・ストラウス
出演者 ジャン・ギャバン
アラン・ドロン
リノ・ヴァンチュラ
音楽 エンニオ・モリコーネ
撮影 アンリ・ドカエ
配給 20世紀フォックス
公開 フランスの旗 1969年12月1日
アメリカ合衆国の旗 1970年3月29日
日本の旗 1970年4月4日
上映時間 124分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語イタリア語英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

通称“五月の蠅”こと一匹狼の殺し屋サルテ(アラン・ドロン)は、シシリアン・マフィア組長のヴィットリオ・マナレーゼ(ジャン・ギャバン)の力を借りて刑務所から脱獄した。パリに潜伏したサルテは、マナレーゼの息子アルドの妻であるジャンヌ(イリナ・デミック)と恋仲になる。

マナレーゼは、サルテが持ちかけた宝石の強奪話に乗り、ニューヨーク・マフィア組長のトニー・ニコシアを仲間に引き入れた。宝石展の展示物を、アメリカへの空輸中に飛行機から奪うという大胆な計画は、見事に成功した。

老齢のマナレーゼは、この仕事を最後に勇退し、故郷のシシリー島に戻る予定だった。しかし、サルテとジャンヌの不倫が、ファミリーの知るところとなった。マナレーゼはサルテをパリに呼び戻し、殺害する計画を立てるが、ジャンヌの機転でサルテは危機を回避した。

空港でサルテを待ち伏せたマナレーゼの息子たちは、情報を得たル・ゴフ警部(リノ・ヴァンチュラ)に逮捕された。一人残されたマナレーゼは、宝石強奪の分け前を渡すという口実でサルテを呼び出した。しかし、サルテへの復讐を果たしたマナレーゼを待っていたのは、逮捕という結末だけだった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ヴィットリオ・マナレーゼ ジャン・ギャバン 森山周一郎
ロジェ・サルテ アラン・ドロン 野沢那智
ル・ゴフ警部 リノ・ヴァンチュラ 田口計
ジャンヌ イリナ・デミック 藤波京子
トニー・ニコシア アメデオ・ナザーリ 寺島幹夫
アルド・マナレーゼ イブ・ルフェーブル 森川公也
セルジオ・マナレーゼ マルク・ポレル 納谷六朗
ジャック シドニー・チャップリン 渡部猛

外部リンク編集