シダズーン(学名:genus Xidazoon)は、古生代カンブリア紀に生息していた古虫動物澄江動物群の一つ。全長は約10 cm。 X.stephanus 1種によって構成されている。

シダズーン
生息年代: 525.0 Ma
シダズーン
シダズーン(復元図)
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
カンブリア紀
分類
: 動物界 Animalia
亜界 : 真正後生動物亜界 Eumetazoa
階級なし : 左右相称動物 Bilateria
上門 : ?新口動物上門 Deuterostomia
: ?古虫動物門 Vetulicolia
: ? 古虫動物綱 Vetulicolida
: ? 古虫動物目 Vetulicolata
: ディダゾーン科 Didazoonidae
Shu & Han, 2001
: シダズーン属 Xidazoon
学名
genus Xidazoon
Shu, Conway Morris & Zhang, 1999
和名
シダズーン
クシダゾーン
英名
Xidazoon or Pomatrum

なお、ポマトラム(Pomatrum)とシノニムで、シダズーンの名は無効名という説もある。

化石編集

中国雲南省玉渓市澂江県発見され、1999年舒徳干(Shu Degan)[1]らによって記載された。は二つの構造に分かれている。体の前方(部)にはのような5つの構造を持つ。体の後方(部)は魚類の鰭のようだが、7つの体節に分かれている。そのように頭部は脊索動物に近く、尾部は節足動物に近い姿をしている。

名称編集

属名Xidazoon中国語、「西大虫」(ピンイン:xī dà chóng)に由来する。模式種の種小名stephanusの由来は(ギリシャ語由来の)ラテン語のステファヌス(Stēphanus)[2]で「戴冠した」という意。

シダズーンは英語読みで、ラテン語読みにするとクシダゾーンだが、使われることは稀である。

脚注編集

  1. ^ 中国、西北大学en)の古生物学者
  2. ^ :stéphanos()が語源

関連項目編集