キエフの記念碑。キー、シチェク、ホリフリービジ

シチェク[1]ウクライナ語 / ロシア語: Щек)は中世ルーシ(キエフ・ルーシ)期の年代記に登場する伝説的な人物である。それによれば、シチェクはポリャーネ族クニャージであり[2]、兄弟のキーホリフと共に[注 1]それぞれが集落を築き、後に統合して都市が形成された。都市は長男キーの名をとってキエフと名づけられたという。

現キエフには、おそらくシチェクに由来すると思われる、シチェカウィチャ山(ru)ウクライナ語: Щекавиця)が存在する。

脚注編集

注釈

  1. ^ 「シチェク、キー、ホリフ」の表記は岩間徹の表記による[1]。中村喜和の表記では「シチェーク、キイ、ホリーフ[3]」。

出典

  1. ^ a b 岩間徹『ロシア史』p53
  2. ^ Щек // ソビエト大百科事典
  3. ^ 中村喜和『原初年代記』// 『ロシア中世物語集』p11

参考文献編集

  • 岩間徹編 『ロシア史(新版)』(世界各国史4)、山川出版社、1979年
  • 中村喜和訳 『ロシア中世物語集』、筑摩書房、1985年