シティ・オブ・シドニー

シティ・オブ・シドニーCity of Sydney)は、オーストラリアニューサウスウェールズ州の地方公共団体シドニー中心業務地区(CBD)とCBDを囲む複数のサバーブ、より構成され、大都市シドニーのまさに政治、経済、文化の中心である。シティ・オブ・シドニーの市長は、シドニー都市圏の代表を兼ねる。

City of Sydney
ニューサウスウェールズ州
SydneyTownHall gobeirne.jpg
シドニー・タウンホール。シドニーの政治の中心である。
City of sydney.png
濃い青がシティ・オブ・シドニー
City of Sydneyの位置(ニューサウスウェールズ州内)
City of Sydney
City of Sydney
座標 南緯33度52分 東経151度12分 / 南緯33.867度 東経151.200度 / -33.867; 151.200座標: 南緯33度52分 東経151度12分 / 南緯33.867度 東経151.200度 / -33.867; 151.200
人口 169,505[1]
 • 人口密度 7,289/km2 (18,880/sq mi)
創立 1842年
面積 25 km2 (9.7 sq mi)
地域自治体 City of Sydney
州選挙区 Sydney, Balmain, Heffron, Marrickville
代議院選出地区 Sydney, Wentworth, Kingsford Smith

現在の市域は、2004年10月6日に併合したシティ・オブ・サウス・シドニーの地域を含む。

地理編集

シティ・オブ・シドニーの中核をなすシドニー中心業務地区(CBD)は、大まかに北辺をサーキュラー・キーとシドニー港に、東をマッコーリー通り、西辺と南辺をリヴァプール通りに囲まれた地区である。

かつてのシティ・オブ・サウス・シドニーに含まれていたサバーブである アレクサンドリアen)、シドニー大学が多くの敷地を占める ダーリントンen)、 アスキンヴィルen)、ニュータウンen)、レッドファーンen)、 ウォータールーen)、パディントンen)の地区も含む。

統計編集

Religion 2011[1] 2006[2]
人口 169,505 156,571
無宗教 33.6% 23.7%
カトリック 19.0% 18.3%
福音派 9.0% 10.0%
仏教 6.5% 5.2%
東方正教会 2.6% 2.6%
他の宗教、あるいは無申告 26.8% 40.2%

2011年国勢調査に基づくと、シティ・オブ・シドニーには、169,505人の人が居住しており、2006年の156,571人から増加している。平均週給は888豪ドルであり、オーストラリア全体の平均週給である577ドルを大きく上回っている。シティ・オブ・シドニーに居住する73.6パーセントの人がアパートやユニットで生活しており、これは、オーストラリア全体の13.6パーセントと比較すると大きな違いである。

構成サバーブ編集

シティ・オブ・シドニーは以下のサバーブから構成されている[3]

サバーブ名 サバーブ名英語表記 郵便番号 画像 画像説明 備考
アレクサンドリア英語版 Alexandria 2015   Yiu Ming 寺
バランガルー英語版 Barangaroo 2000   シドニー港コントロールタワー
ビーコンズフィールド英語版 Beaconsfield 2015   ビーコンズフィールド公園
キャンパーダウン英語版 Camperdown 2050   シドニー大学 マリックヴィル・カウンシルとまたがる
センテニアル・パーク英語版 Centennial Park 2021   フェデレーション・パヴィリオン シティ・オブ・ランドウィックとまたがる。
チッペンデール英語版 Chippendale 2008   聖ベネディクト聖公会教会とノートルダム大学
ダーリングハースト英語版 Darlinghurst 2008   聖ジョン聖公会教会英語版
ダーリントン英語版 Darlington 2008   キャリエッジワークス英語版
ダウズ・ポイント英語版 Dawes Point 2000   シドニー・ハーバーブリッジ
エリザベス・ベイ英語版 Elizabeth Bay 2011   ダーリング・ポイントから眺めたエリザベス・ベイ
アスキンヴィル英語版 Erskineville 2043   アスキンヴィル通
エヴリー英語版 Eveleigh 2015   オーストラリア・テクノロジー・パーク英語版
フォレスト・ロッジ英語版 Forest Lodge 2037   ロス通り
グリーブ英語版 Glebe 2037   グリーブ・ポイント・ロード英語版
ヘイマーケット Haymarket 2000   シドニー・マーケット・シティ・ビルディング
ミラーズ・ポイント英語版 Millers Point 2015   シドニー天文台英語版
ムーア・パーク英語版 Moore Park 2021   シドニー・クリケット・グラウンド
ニュータウン英語版 Newtown 2042 マリックヴィル・カウンシルとまたがる
パディントン英語版 Paddington 2021   パディントン・タウンホール ミュニシパリティ・オブ・ウラーラとまたがる
ポッツ・ポイント英語版 Potts Point 2011   ヴィクトリア通り
ピアモント英語版 Pyrmont 2009   シドニー・フィッシュ・マーケット英語版
レッドファーン英語版 Redfern 2016   ローソン通り
ローズベリー英語版 Rosebery 2018   レイクス・ホテル
ラッシュカッターズ・ベイ英語版 Rushcutters Bay 2011   ラッシュカッターズ・ベイの風景
サリー・ヒルズ英語版 Surry Hills 2010   サリー・ヒルズ図書館
シドニー中心業務地区 Sydney CBD 2000   QVB
ザ・ロックス英語版 The Rocks 2000   A.S.N. Warehouses
アルティモ英語版 Ultimo 2007   パワーハウス・ミュージアム
ウォータールー英語版 Waterloo 2017   ボタニー通り
ウルムルー英語版 Woolloomooloo 2011   ウルムルー湾とフィンガー埠頭
ゼットランド英語版 Zetland 2017   ゼットランドのアパートメント

シティ・オブ・シドニーにおける主要部編集

歴史編集

 
トーマス・タウンゼント_(初代シドニー子爵)。シドニーの名前の由来となった。

「Sydney」という名前は、シドニー湾に由来しているが、そのもともとは、1788年1月26日に、シドニーにヨーロッパ人として初めて上陸したアーサー・フィリップが、トーマス・タウンゼント_(初代シドニー子爵)en)にちなんで名づけたものである。シドニー子爵は、フィリップのオーストラリア探検の本国の責任者であると同時に、オーストラリアをアメリカ独立で喪失したあらたな流刑植民地にしようと考えていた。

現在のシティ・オブ・シドニーの原型は、1842年6月20日に形成された。当時の領域は、現在のサバーブでいえば、東はウルムルー、サリー・ヒルズ、南はチッペンデール、西はピアモントを含む。面積は、11.65平方キロメートルであった。

シティ・オブ・シドニーの境界は、1900年以降、しばしば、変更されてきた。1909年には、ミューニシパリティ・オブ・キャンパーダウン(現在のキャンバーダウン)を併合した。さらに、1949年には、アレクサンドリア、ダーリントン、アスキンヴィル、ニュータウン、レッドファーン、グリーブ、ウォータールー、パディントンが併合された。1968年には、これらのサバーブの多くが新設されたシティ・オブ・サウス・シドニーに含まれるようになったため、境界の大幅な変更が実施された。

サウス・シドニーは1982年に、再度、シティ・オブ・シドニーに併合されたが、1988年に成立した「the City of Sydney Act」に基づいて、再分離した。その際には、シティ・オブ・シドニーの面積は6.19平方キロメートルに縮小した。しかしながら、2004年に、再度、この2つのシティは併合することとなり、2011年現在、17万人の人口を抱える。

姉妹都市編集

シティ・オブ・シドニーは以下の6つの都市と姉妹都市である。

脚注編集

  1. ^ a b 2011 Census QuickStats 2011 QuickStats”. オーストラリア政府. 2012年10月19日閲覧。
  2. ^ 2006 Census - City of Sydney
  3. ^ Sydney at a Glance”. シティ・オブ・シドニー. 2012年10月19日閲覧。

外部リンク編集