シティ・オブ・ブラッド

シティ・オブ・ブラッド』(原題:Streets of Blood)は2009年アメリカ映画ヴァル・キルマー主演。 『ロッキー』シリーズのプロデューサー、アーウィン・ウィンクラーが製作を行い[1]、息子のチャールズ・ウィンクラーが監督を行った。

シティ・オブ・ブラッド
Streets of Blood
監督 チャールズ・ウィンクラー
脚本 ユージン・ヘス
原案 デニス・ファニング
製作 アーウィン・ウィンクラー
アヴィ・ラーナー
製作総指揮 ボアズ・デヴィッドソン
ダニー・ラーナー
出演者 ヴァル・キルマー
50セント
シャロン・ストーン
マイケル・ビーン
音楽 スティーヴン・エンデルマン
撮影 ロイ・H・ワグナー
編集 クレイトン・ハルシー
配給 en:Anchor Bay Entertainment
公開 2009年7月
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

劇場未公開。50セントシャロン・ストーンマイケル・ビーンなど、有名俳優が出演するも、ビデオスルーとなった。

ストーリー編集

ハリケーン・カトリーナにより治安の悪化したニューオリンズ。麻薬課の刑事アンディは相棒のスタンと共に、時には法を無視しながらも、台頭するギャングの取り締まりを行う。ある日、同僚の汚職刑事ペペとバーニーが、潜入捜査中の連邦捜査官を射殺してしまう。心に傷を負った彼らは、定期的にニーナのカウンセリングを受ける。一方、FBIの捜査官ブラウンは、麻薬課の汚職に目をつけ監視を強化する。麻薬組織「ラテンキングス」の動きが活発化すると、アンディはFBIに監視されながらもなんとか組織を潰そうと奮闘するが、内通者の存在に気付き始める。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ Irwin Winkler” (英語). IMDb. 2016年10月26日閲覧。

外部リンク編集