メインメニューを開く

C2シトロエンが製造・販売していた自動車である。

目次

概要編集

シトロエン・C2 VTR
GH-A6NFU
フロント
リア
販売期間 2004-2008年
乗車定員 4人
ボディタイプ 3ドアハッチバック
エンジン NFU(TU5JP4)1,587cc・直列4気筒DOHC
110PS(80kW)/5,800rpm
15.3kgm(147Nm)/4,000rpm
駆動方式 FF
変速機 5速セミAT
サスペンション 前:ストラット式
後:カップルドビーム式
全長 3,670mm
全幅 1,660mm
全高 1,460mm
ホイールベース 2,315mm
車両重量 5速MT車:1,080kg
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

サクソ3ドアモデルの後継車種であり、同5ドアモデルの後継車種であるC3を初め、プジョー・2061007とも基本プラットフォームを共有する。C2は、C3と比べてホイールベース及び全長が短くなっている。エンジンはC3と共通だが、C2のほうが軽量な分スポーティーな性格である。

搭載エンジンは1.1L(60PS)・1.4L(75PS)・1.4L(90PS)・フォード製1.4Lディーゼル(68PS)・1.6L(110PS)・1.6L(125PS)がラインナップされており、いずれも直列4気筒である。

日本導入モデルは1.4L(75ps)・1.6L(110ps)・1.6L(125ps)のみ。グレードは1.4VTRと1.6VTR、1.6VTSで、ともにスポーツモデルという位置づけである。


モータースポーツ編集

2004年から2010年までジュニアWRCのベース車両として参戦しており、軽快な運動性を得意とした走りを武器にスズキ・スイフトルノー・クリオ等と激闘を繰り広げた。2005年ダニ・ソルド2008年セバスチャン・オジェ2009年マーティン・プロコップとそれぞれドライバーズチャンピオンが誕生している。

車名の由来編集

シトロエンの新世代の「C」シリーズ、C3のさらにコンパクト版であることからC2と命名されている。

その他編集

中華人民共和国ではC2 Chinaというモデルが現地生産されるが、これはプジョー・206姉妹車であり、C2とは構造的に異なる。シトロエンのプレスリリース (英語)

外部リンク編集