DS3 WRC(ディーエススリー ダブリューアールシー、: Citroën DS3 WRC)は、シトロエン2011年から2016年まで世界ラリー選手権で使用した競技専用車(ワールドラリーカー)である。

シトロエン・DS3 WRC
Paris - Mondial de l'automobile 2010 - Citroën WRC 2011 - 001.JPG
カテゴリー FIA ワールドラリーカー
コンストラクター シトロエン
先代 シトロエン・C4 WRC
後継 シトロエン・C3 WRC
主要諸元
サスペンション(前) マクファーソンストラット
サスペンション(後) マクファーソンストラット
全長 3,948 mm
全幅 1,820 mm
ホイールベース 2,461 mm
エンジン 1.6 L 直列4気筒 ターボ
トランスミッション Sadev 6速 シーケンシャルMT
出力
  • 221 kW (300 PS) / 6,000 rpm
  • 350 Nm (35.7 kg·m) / 3,250 rpm
重量 1200 kg
燃料 トタル
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム フランスの旗 シトロエン・トタル・WRT英語版
ドライバー
出走時期 2011年 -
コンストラクターズ
タイトル
2 (2011, 2012)
ドライバーズタイトル 2 (2011, 2012)
初戦 スウェーデンの旗 2011年 スウェーデン
初勝利 メキシコの旗 2011年 メキシコ
最終戦 フィンランドの旗 2016年 フィンランド
備考
燃料タンク
75 L
テンプレートを表示

概要編集

2011年から適用される新しい車両レギュレーションに対応するため、S2000車両をベースとして開発された。

主な変更点として、エンジンが2.0 L→1.6 L、パドルシフトセミATフロアシフトシーケンシャルMT、センターデフの廃止 (ハンドブレーキを用いる場合に備えてリアの駆動をカットする機構が採用) が挙げられる[1]

油圧式パワーステアリングアルミハウジングのサデブ(Sadev )製トランスミッション 、タイヤはミシュランを採用する。

沿革編集

2010年9月30日、パリ・モーターショーで公開。

マシンはセバスチャン・ローブダニ・ソルドセバスチャン・オジェと、テストドライバーのフィリップ・ブガルスキーによってテストが行われた[2]

2011年 - 2012年までセバスチャン・ローブ/ダニエル・エレナ組がドライバーズ・コドライバーズタイトルを獲得。2011年はマニュファクチャラーズタイトルも勝ちとった。しかし前人未到の9連覇を達成し、WRCに興味を失いつつあったローブは2013年からスポット参戦に留まったため、セバスチャン・オジェフォルクスワーゲンを止めることはできず、2016年までタイトルを奪われ続けた。ローブのフル参戦終了後は2013年にダニ・ソルドがラリー・ドイツで初優勝し、2015年にはクリス・ミークがラリー・アルゼンチンで初優勝を果たす。

また2016年の経営難であったシトロエンはWTCCにリソースを注力したためスポット参戦するに留まったものの、ミークが2勝を挙げた。

2017年以降は地方のプライベーターがこのマシンで参戦している。

脚注編集

  1. ^ “WRCレギュレーション”. ミシュラン モータースポーツレポート. (2011年2月6日). http://www.michelin.co.jp/Motorsports_report/wrc/2011/02/wrc-8.html 2012年10月29日閲覧。 [リンク切れ]
  2. ^ “シトロエン、次期WRCマシン「DS3 WRC」の詳細を公開”. Car Watch. (2010年10月1日). http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20101001_397128.html 2012年10月29日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集