2000年シドニーオリンピックの野球競技・日本代表

シドニーオリンピック野球日本代表から転送)

シドニーオリンピック野球日本代表(シドニーオリンピックやきゅうにっぽんだいひょう)は、2000年シドニーで開催されたシドニーオリンピックの野球競技に出場する野球日本代表選手を編成したチームのことである。

目次

概要編集

国際オリンピック委員会(IOC)の方針でプロ野球選手の出場が解禁となったことから、プロ野球選手をどの程度選出するか議論が起こり、パシフィック・リーグは1球団1人を選出することで合意が得られたが、セントラル・リーグからは6球団で2人しか選出されなかった。2004年のアテネオリンピックは全面協力することとなったが、結果的には1球団から二名までしか選手を送り出せなかった。

オリンピックに対する選手の受け止めも様々で、出場に前向きな選手がいた反面、イチローは、「興味がない」と発言していた[1]

また、予選では選出されていた古田敦也の扱いをめぐって、日本野球機構側と日本野球連盟側との間に軋轢が生じるなどの混乱が生じた。さらにオールアマ時代には当たり前であった代表合宿は行われず、大会中もアマ選手は選手村、プロ選手はホテル暮らしの区別があり、練習と試合のときしか顔を合わせない状況が生まれ、結果としてチームの一体感が生まれなかった。

選手24人のうち大学生は5人、社会人は11人、プロは8人の構成である。

日本は初戦の対アメリカ合衆国戦でサヨナラ負けし、続いてキューバと韓国に敗れるなど予選リーグで苦戦し、予選を4勝3敗の4位で通過。準決勝ではキューバの前に完封負けを喫し、ロサンゼルスから続いた連続メダル獲得を賭けた3位決定戦では、韓国のエース具臺晟松坂大輔の投げ合いで0-0の均衡が続いていたが、終盤に松坂が韓国の四番イ・スンヨプに決勝タイムリーを打たれて1-3で敗れた[2][3]。結果として、野球が盛んな国には全敗し、初めてメダルを逃す大会となった。試合後には、涙を流す選手もいた[4][5]

代表メンバー編集

所属は選出当時。

ポジション 背番号 氏名 所属球団 備考
監督 30 大田垣耕造  東芝硬式野球部
コーチ 33 林裕幸  日石三菱野球部
34 野村収 横浜大洋ホエールズ
35 長崎慶一 元大洋ホエールズ、阪神タイガース
投手 11 土井善和  日本生命硬式野球部
12 河野昌人  広島東洋カープ
13 渡辺俊介  新日本製鐵君津硬式野球部 のち千葉ロッテマリーンズ
14 吉見祐治  東北福祉大学硬式野球部 のち横浜ベイスターズ
15 石川雅規  青山学院大学硬式野球部 のちヤクルトスワローズ
16 山田秋親  立命館大学硬式野球部 のち福岡ダイエーホークス
17 杉内俊哉  三菱重工長崎硬式野球部 のち福岡ダイエーホークス
18 松坂大輔  西武ライオンズ
19 杉浦正則  日本生命硬式野球部
54 黒木知宏  千葉ロッテマリーンズ
捕手 2 鈴木郁洋  中日ドラゴンズ
21 阿部慎之助  中央大学硬式野球部 のち読売ジャイアンツ
22 野田浩輔  新日本製鐵君津硬式野球部 のち西武ライオンズ
内野手 3 松中信彦  福岡ダイエーホークス
4 平馬淳  東芝硬式野球部
5 中村紀洋  大阪近鉄バファローズ
6 田中幸雄  日本ハムファイターズ
8 沖原佳典  NTT東日本硬式野球部 のち阪神タイガース
9 野上修  日本生命硬式野球部
外野手 1 田口壮  オリックス・ブルーウェーブ
10 梶山義彦  三菱自動車川崎硬式野球部
24 飯塚智広  NTT東日本硬式野球部
25 廣瀬純  法政大学野球部 のち広島東洋カープ
26 赤星憲広  JR東日本硬式野球部 のち阪神タイガース

シドニーオリンピックの戦績編集

リーグ 対戦相手 結果 備考
予選リーグ   アメリカ合衆国 2-4x 延長13回
  オランダ 10-2
  オーストラリア 7-3
  イタリア 6-1
  南アフリカ共和国 8-0
  韓国 6-7
  キューバ 2-6 4位通過
準決勝   キューバ 0-3
3位決定戦   韓国 1-3 4位決定

シドニーオリンピックアジア地区予選兼第20回アジア野球選手権の戦績編集

※会場は蚕室総合運動場野球場。1999年9月11日から16日にかけて開催。

リーグ 対戦相手 結果 備考
予選リーグ   フィリピン 10-0
  チャイニーズタイペイ 9-1 1位通過
決勝リーグ   チャイニーズタイペイ 2-1
  中国 3-0
  韓国 3-5 準優勝、シドニー五輪出場権獲得

予選時に選出されていたプロ野球選手編集

シドニー五輪アジア地区予選を兼ねた第20回アジア野球選手権大会に、史上初めてプロ野球選手が日本代表に選出された。このうち松坂と松中は本大会でも代表に選出されている。

脚注編集

  1. ^ それまでオリンピックの野球競技はアマチュア野球選手の目標とされており、プロの参加によりアマチュアの参加機会が狭められるとの見解から。プロ同士の国別対抗戦であるワールド・ベースボール・クラシックには積極的に参加している。また、結果としてその後2回のオリンピックを経験した宮本慎也も大学・社会人経験者であり、大会後に「出場できなかったアマ選手に申し訳ない」との発言をしている。
  2. ^ http://www.nikkei.co.jp/topic5/sydney/games/baseball/20000927diii044727.html
  3. ^ http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2010/11/25/kiji/K20101125Z00000010.html
  4. ^ http://www.nikkei.co.jp/topic5/sydney/games/baseball/20000927eimi053727.html
  5. ^ http://www.nikkei.co.jp/topic5/sydney/games/baseball/20000927eimi124727.html

関連項目編集

外部リンク編集