シドニー・ワイントラウプ

シドニー・ワイントラウプ(Sidney Weintraub、1914年4月28日 - 1983年6月19日)は、アメリカニューヨークで生まれた経済学者。アメリカのポスト・ケインジアンの重鎮であった。弟子には、ポール・デヴィッドソンがいる。(他の日本語表記は、ワイントラウブ、ワイントゥラウプ、ワイントロープなど。)

シドニー・ワイントラウプ
ポストケインズ派経済学
生誕 (1914-04-28) 1914年4月28日
ニューヨーク
死没 1983年6月19日(1983-06-19)(69歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ
研究機関 ペンシルヴァニア大学
ニューヨーク大学
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)
テンプレートを表示

略歴編集

研究編集

  • 『所得分配の理論への接近』はケインズ経済学のミクロ的基礎に関する研究だが、G・L・S・シャックルを除いて高く評価されず、アメリカでそれが流行するようになるのは1970年代に入ってからといえる。
  • 賃金費用に対する価格のマーク・アップの経験的安定性から物価問題や所得分配問題にアプローチする方法を確立したことが挙げられる。WCM(Wage-Cost Mark-Up)理論に基づいて、‘Watchtower Approach’を提唱した。また、TIP(Tax-based Incomes Policy)の提案を生んだ(根井雅弘『異端の経済学』)。

主要著作編集

外部リンク編集