シナノゴールドは、長野県果樹試験場が1983年に交配したゴールデンデリシャス(種子親)と千秋(花粉親)[1]の組み合わせから選抜・育成したリンゴであり、1999年に品種登録された[2]。外観が鮮やかな黄色をしている[3]。秋映、シナノスイートとともに長野県のオリジナルリンゴの「りんご三兄弟」のうちのひとつ[4][5]

シナノゴールド
Shinano gold.jpg
リンゴ属 Malus
セイヨウリンゴ M. pumila
交配 ゴールデンデリシャス('Golden Delicious') × 千秋
品種 シナノゴールド
開発 長野県果樹試験場,1999年
テンプレートを表示

特徴編集

酸味と甘味が調和した濃厚な味であり、果肉がシャキシャキしていること、また外観が鮮やかな黄色であることが特徴となる。 また貯蔵性に優れており、普通冷蔵貯蔵でも3か月程度は鮮度を保持できる[6]

育成の歴史編集

シナノゴールドは、1983年にゴールデンデリシャスに千秋を交配し、翌年その中から495個体を育成した。1986年、それらの育成個体を定植して選抜を開始。 1995年に育成を完了し、1996年3月に農林水産省に品種登録を申請。3年後の1999年8月11日にシナノゴールドとして品種登録が認められた。

海外への進出編集

2007年、長野県はイタリア南チロルの生産者団体VOGとVI.Pの2団体と「品種シナノゴールドに関する利用許諾契約」を締結し、現地でのシナノゴールドの試験栽培がスタートした。2011年に試験栽培の状況を確認した結果、果実の外観がきれいで、品質・貯蔵性に優れ、食感とジューシーさに関し大変すばらしいとの評価を消費者から得たことから、2014年に商業栽培段階へと移行した。 その後、2016年品種シナノゴールド及び商標に関するライセンス契約を締結した。許諾商標は「yellow(黄色)」と「hello(ハロー)」からなる造語である「yello」とし、黄色が持つ明るく楽しいイメージを連想させ、20代から30代の若者世代をターゲットとしている。商品名の「Shinano Gold」は販売時に包装容器等に記載される[7]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ シナノゴールド | りんご大学”. www.ringodaigaku.com. 2019年11月15日閲覧。
  2. ^ 「リンゴ‘シナノスイート’と‘シナノゴールド’の育成および高品質安定生産技術の開発」『園芸学研究』第17巻第3号。
  3. ^ シナノゴールド|品種紹介|りんご情報局”. vegemart.net. 2019年11月15日閲覧。
  4. ^ 徹底比較!信州りんご三兄弟 共和園芸農業協同組合 共和のりんご直送便”. www.applekyowa.com. 2019年11月15日閲覧。
  5. ^ シナノゴールド|とれたて大百科|野菜のチカラをもっと知る|JAグループ (野菜)” (日本語). JAグループ (野菜). 2019年11月15日閲覧。
  6. ^ 「海外進出する県オリジナル品種「シナノゴールド」」『信州自治』第67巻第7号。
  7. ^ 欧州における品種シナノゴールド及び商標に関するライセンス契約締結について”. 長野県. 2019年10月26日閲覧。