メインメニューを開く

シネスイッチ銀座(シネスイッチぎんざ)は、東京都中央区銀座旗ビル内にある映画館である。

シネスイッチ銀座
Cine Switch Ginza
Tokyo Ginza Cineswitch 2014.JPG
地図
情報
正式名称 シネスイッチ銀座
旧名称 銀座文化劇場
開館 1987年12月19日
開館公演 「あなたがいたら -少女リンダ-」
(デビッド・リーランド監督)
収容人員 (2館合計)455人
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
運営 籏興行株式会社
所在地 104-0061
東京都中央区銀座4-4-5 籏ビル
位置 北緯35度40分19.5秒 東経139度45分54.4秒 / 北緯35.672083度 東経139.765111度 / 35.672083; 139.765111座標: 北緯35度40分19.5秒 東経139度45分54.4秒 / 北緯35.672083度 東経139.765111度 / 35.672083; 139.765111
最寄駅 地下鉄銀座駅A10番出口から徒歩1分
JR有楽町駅銀座口から徒歩10分
外部リンク http://www.cineswitch.com/

目次

概要編集

昭和30年代に『銀座文化劇場』として開館、1987年に2館のうち1館はそのまま『銀座文化劇場』として古いハリウッド作品やヨーロッパ作品を提供し、もう1館は各国から選りすぐった洋画と邦画をスイッチ(切替)しながら提供するということから『シネスイッチ銀座』と命名される。1997年4月に『シネスイッチ銀座1・2』としてリニューアル・オープンし、現在に至る。

開館から1997年まではヘラルド・エース(現・アスミック・エース)を中心とした日本ヘラルド系(現・角川映画)の映画が上映されており、シネスイッチへの再開業時にはフジテレビジョンも出資に関わっていた[1]

1988年公開の「モーリス」と1989年公開「のニュー・シネマ・パラダイス」でミニシアターブームに大きく貢献した。また、レディース・デー割引を始めた映画館としても認知されている。ただし、この映画館の「レディース・デー」は毎週金曜日である。

主な上映作品編集

定員編集

  • シネスイッチ1 273席
  • シネスイッチ2 182席

トリビア編集

  • この「シネスイッチ」と名の付く同系列の映画館は『シネスイッチ本牧』(神奈川県横浜市マイカル本牧付近)と『シネスイッチ札幌』(北海道札幌市札幌東映会館の2階にあった)の2館が存在していたが、いずれも現在は閉館している。
  • 銀座文化時代、女優の片桐はいりが学生時代を含め7年の間、同館入り口のもぎり担当としてアルバイトをしていた。その問の同館のエピソードは著作「もぎりよ今夜も有難う」に詳しい。

脚注編集

  1. ^ 銀座まちがたり Vol.23「シネスイッチ銀座」”. 松屋銀座. 株式会社松屋 (2014年4月1日). 2018年11月24日閲覧。

外部リンク編集