メインメニューを開く

シネティアラ21(CineTiara21)は、埼玉県熊谷市熊谷駅に直結した複合型商業施設ティアラ21の8階にあるシネマコンプレックス2004年11月20日のティアラ21の開業と同時に営業を開始した。

シネティアラ21
CineTiara21
Cine Tiara 21 in Kumagaya.JPG
情報
正式名称 シネティアラ21
完成 2004年
開館 2004年11月20日
収容人員 (8スクリーン)1,495人
設備 ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS、CDPS(CineTiara21 Dynamic Pure Sound)
用途 映画上映
運営 鷹の羽興業株式会社
所在地 360-0037
埼玉県熊谷市筑波3丁目202番地
ティアラ21ビル8階~9階
位置 北緯36度8分22秒 東経139度23分30.4秒 / 北緯36.13944度 東経139.391778度 / 36.13944; 139.391778座標: 北緯36度8分22秒 東経139度23分30.4秒 / 北緯36.13944度 東経139.391778度 / 36.13944; 139.391778
アクセス JR熊谷駅東口直結
外部リンク http://www.ct-21.jp/

この項目では、前身の映画館シネプラザ21」についても触れる。

目次

概要編集

郊外型のシネマコンプレックスだが、熊谷駅直結である点や駐車場も完備(ティアラ21駐車場)されていることを売りにしている。

地元企業「鷹の羽興業株式会社」が運営(ほぼ専業)しているが、シネティアラ21館内および公式ウェブサイトにおいては一部を除いて、社名を出していない。

熊谷市では、シネティアラ21と大手のイオンシネマ熊谷の2つのシネマコンプレックスが競争している。経緯などの詳細は熊谷市の映画館の項目を参照されたい。

特徴編集

  • スクリーン数:8
  • コンセッションではコカ・コーラを販売している。
  • 以下のことは、全スクリーン・座席が対応している。
    • TD-PH1スクリーン:独自のスクリーンで、目に優しく鮮明な映像であるとしている。
    • CDPS(CineTiara21 Dynamic Pure Sound):独自の音響システムで、迫力ある音が楽しめる。デジタル対応。
    • ワイドシート:ゆったりとした幅の広いシートである。
    • 全席指定:「立見」というものが存在しない。
  • 映画を見ると、ティアラ21駐車場が、3時間半無料となる。
  • チケット先売りサービス:6日前から上映時間・座席指定チケットを発売する。

客席数編集

  • シネマ1:361
  • シネマ2:246
  • シネマ3:265
  • シネマ4:140
  • シネマ5:116
  • シネマ6:162
  • シネマ7:98
  • シネマ8:113

シネプラザ21編集

2003年9月30日に閉館した、シネティアラ21の前身となった映画館。星川通りにあり、一つのビルの中に4つのスクリーンを備えていた。現在も「熊谷グートビル」として建物自体は残されており、鷹の羽興業株式会社の本社が残って、テナント貸しを行なっている。

外部リンク編集