シネテープとは、主に映画用フィルムの音声素材に用いられる磁気記録式の音声記録媒体の一つである。

素材概要編集

シネテープは元来、フィルムと同じ幅・同じ形状の磁気録音テープであり、パーフォレーションもある。これにより、編集の際フィルム映像と音声との同期をとり、コマ単位で音を合わせることが可能となる。

トラック分けがされており、各トラックにセリフ、BGM、効果音等を入れた後、フィルムコマ単位で映像と合わせ、ミックスダウンされる。

シネテープの記録音声はオプティカル・サウンドによる音声と違ってクリアであるため、1吋CタイプアナログVTRが定着する1980年代中盤頃まではリアルタイムでの放送時に、フィルムとシンクロする形で放送送出に使用していた。

ただし、全てのフィルム作品に適用されていたわけではなく、製作キー局や製作会社によってオプティカル・サウンドかシネテープかの対応が左右されていた。また、コスト面のデメリットから再放送やビデオソフト化の際に使われず、その多くは素材そのものが破棄されているケースも多々存在した。

磁気録音の種類編集

シネテープは前述のように、フィルムとのシンクロ送出が主流だったが、他にも東宝映像サウンドスタジオではフィルムのサウンドトラックに磁気帯を加えて音声を記録する方式があり、横浜シネマ(現:ヨコシネ ディー アイ エー)では、1978年に16mmレーザー光学録音システムを完成・導入していたが、いずれもコスト上の問題から定着するまでには至らなかった。

メディア変化への対応編集

シネテープは1980年代以降、放送時の送出形態がフィルムとのシンクロ方式からフィルムとのパック編集による1吋CタイプアナログVTRに移行したことで、それまでオプティカル・サウンドを使用していたフィルム作品でも効果的に用いられることになった。やがて原版マスターがVTRによる作品が増えていったことや、フィルム作品の撤廃もありシネテープは一部の映画作品にしか用いられなくなった。

アニメ作品におけるシネテープ 編集

フィルム制作のアニメでは従来の光学音声よりも人気が高いのがシネテープであり、ソフトでも音声にシネテープを音源にしているかなども重視されており、保存状態や補正作業次第では放送時よりも高音質が見込める場合がある。各アニメ会社では大半の作品でシネテープを保管しているが制作本数の多い会社ではネガ、ポジフィルムを残して関連素材を廃棄してしまう場合が多い為(東映作品に該当)、そういった作品は光学音声のみとなる。また、放送時のVTRはシネテープだったものの後年のリマスター版では光学音声になってしまう作品もある。

関連項目編集

外部リンク編集