メインメニューを開く

シネマ・リオーネ古川(シネマ・リオーネふるかわ、Cinema Rione Furukawa)は2006年3月18日宮城県古川市台町(現・大崎市古川台町)リオーネふるかわ内にオープンしたシネマコンプレックスである。

シネマ・リオーネ古川
Cinema Rione Furukawa
情報
正式名称 シネマ・リオーネ古川
完成 2006年
開館 2006年3月18日
収容人員 (6スクリーン合計)1,010人
設備 TMC Natural Sound、ドルビーデジタルサラウンドEX、DTS
用途 映画上映
運営 台町ティー・エム・シー株式会社
所在地 989-6163
宮城県大崎市古川台町9-20
リオーネふるかわ2階
位置 北緯38度34分23.4秒 東経140度57分46.2秒 / 北緯38.573167度 東経140.962833度 / 38.573167; 140.962833座標: 北緯38度34分23.4秒 東経140度57分46.2秒 / 北緯38.573167度 東経140.962833度 / 38.573167; 140.962833
アクセス JR古川駅より徒歩5分
外部リンク http://www.cinema-rione.jp/

概要編集

運営企業は1997年6月に町おこしを目的とし設立された台町ティー・エム・シー株式会社。町おこしを目的にシネマコンプレックスを開業したのは同館が日本国内で初の事例とされ、その成否が注目されている。また、開業にあたり東急レクリエーションが全面的な業務協力を行い、社員の研修は同社の109シネマズ冨谷で行われた。同館を含むリオーネふるかわの開発には国土交通省経済産業省、宮城県、古川市から補助金を受けており、その総事業費は30億円だった[1]

設備編集

各スクリーンの概要
シアター 座席数(車椅子席) 音響設備
1 303 (2) SRD-EX DTS (TMC Natural Sound)
2 131 (1) SRD-EX DTS
3 113 (1) SRD-EX DTS
4 113 (1) SRD-EX DTS
5 235 (1) SRD-EX DTS (TMC Natural Sound)
6 115 (1) SRD-EX DTS

6スクリーンあり、そのすべてにdtsドルビー・デジタル・サラウンドEXといった一般的なサラウンドシステムを設置している。また、シアター1と5にはエレクトロボイスのメインスピーカーと村田製作所の球形ツィーターES105を組み合わせて導入した。高周波音域を充実させ自然音を再現するとし、『TMC Natural Sound』と銘打ち同館独自の音響設備規格としている。なお、同様の導入事例としてはOSシネマズミント神戸の『OSピュアサウンド』やシネプレックスの『HDCS』導入劇場の一部などが存在する[2]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「映像最前線 シネマ・リオーネ古川、シネコンで町興し 国の補助金も投入、まちづくりのモデルに」『AVジャーナル』第46巻第4号、文化通信社、2006年4月、 35頁。
  2. ^ 球型ツィーターシステム導入事例” (日本語). 村田製作所. 2009年7月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集