メインメニューを開く
日活 > シネリーブル
東京テアトル > シネリーブル

シネリーブル (CINE LIBRE) は、日活が所有し、テアトルシネマグループが運営するシネマコンプレックスミニシアター系の映画館である。

元はナムコ傘下で経営再建中であった日活が新たに展開した映画館で、同社直営施設であったが、2009年に東京テアトルと業務提携。東京テアトルへ施設を賃借し、運営を全面委託する形となった(施設は日活が継続保有)。劇場自体の公式サイトは東京テアトルに統合されている。

沿革編集

  • 1999年5月1日:シネリーブル博多駅を開業。
  • 2000年4月29日:シネリーブル池袋を開業。
  • 2000年12月23日:シネリーブル梅田を開業[1]
  • 2001年9月15日:シネリーブル神戸を開業。
  • 2008年12月19日:東京テアトルと3年間の契約による劇場の運営業務を締結[2]翌年4月1日より開始)。
  • 2011年5月13日:シネリーブル博多駅の営業を終了。
  • 2011年6月17日:東日本大震災で被災し休館中だったシネリーブル千葉ニュータウンの運営終了を発表[3]
  • 2014年3月1日:前日をもって閉館した梅田ガーデンシネマ(2スクリーン)を、シネリーブル梅田のスクリーンとして統合してオープン。

劇場編集

関東編集

シネ・リーブル池袋

東京都豊島区西池袋メトロポリタンプラザ7階<2スクリーン、310席>

  • シアター1:180席
  • シアター2:130席

関西編集

シネ・リーブル梅田
大阪市北区梅田梅田スカイビルタワーイースト3階、4階<4スクリーン、443席>
  • シアター1:122席
  • シアター2:95席
  • シアター3:113席(旧 梅田ガーデンシネマ1・2)
  • シアター4:113席(旧 梅田ガーデンシネマ1・2)
シネ・リーブル神戸
兵庫県神戸市中央区神戸朝日ビル地下1階<3スクリーン、322席>
  • シアター1:141席
  • シアター2:79席
  • シアター3:102席

かつて存在した施設編集

 
シネ・リーブル博多駅があった博多バスターミナル
シネ・リーブル博多駅
シネリーブル千葉ニュータウン
  • 千葉県印西市<2005年8月6日開館・2011年3月11日休館、前述の通りその後再開断念>
    • 10スクリーン:1,842席

脚注編集

  1. ^ 道村望 (2016年12月). “12月23日はシネ・リーブル梅田の開館16周年。オリジナルドリンクやノベルティプレゼントも見逃せない!! ソラトニワ”. ノスプロダクター株式会社. 2017年11月2日閲覧。
  2. ^ 日活株式会社、東京テアトル株式会社と映像事業における業務提携に関して基本合意” (日本語). 日活株式会社 (2008年12月19日). 2011年5月16日閲覧。
  3. ^ 「シネリーブル千葉ニュータウン」当社による運営終了のお知らせ” (日本語). 東京テアトル株式会社 (2011年6月17日). 2011年7月14日閲覧。

外部リンク編集