シフィェンティクシシュ県

シフィェンティクシシュ県(シフィェンティクシシュけん、Województwo świętokrzyskie)は、ポーランド南東部の県である。シフィェンティクシシュは「聖十字架」を意味し、これは県内にあるシフィェンティクシシュ山(聖十字架山)に由来する。

シフィェンティクシシュ県

Województwo świętokrzyskie
シフィェンティクシシュ県の旗
シフィェンティクシシュ県の紋章
紋章
シフィェンティクシシュ県の公式ロゴ
ブランドマーク
Swietokrzyskie (EE,E NN,N).png
Swietokrzyskie powiaty.svg
座標 (キェルツェ):北緯50度53分 東経20度37分 / 北緯50.883度 東経20.617度 / 50.883; 20.617
ポーランドの旗 ポーランド
県都 キェルツェ
政府
 • ヴォイヴォダ Zbigniew Koniusz (PiS)
 • 元帥 Andrzej Bętkowski (PiS)
面積
 • 計 11,672 km2
人口
(2019年)
 • 計 1,237,369人
 • 密度 110人/km2
 • 都市部
562,221人
 • 農村部
675,148人
ISO 3166コード PL-26
ナンバープレート T
HDI (2019年) 0.866[1]
ウェブサイト https://www.kielce.uw.gov.pl/

県都はキェルツェシロンスク県マウォポルスカ県ウッチ県マゾフシェ県ポトカルパチェ県ルブリン県と接している。

地域区分編集

観光地編集

サンドミェシュ(Sandomierz)編集

ポーランドで最も古い街の一つ。第二次世界大戦の破壊を免れ、中世の美しい街並みを今にとどめる。新石器時代から人が住んでおり、12世紀にはポーランド王国の主要都市の一つとして記録されている。13世紀にはモンゴル軍の侵攻により、14世紀にはリトアニア系住民の暴動により、街は荒らされたが、その度に修復された。18世紀ポーランド分割によりオーストリア帝国に併合されたが、第一次世界大戦後のポーランド独立とともにポーランド領に復帰。この街では近代工業化が行われなかったため、中世からの歴史的街並みがそのまま保存されている。公式サイト(英語・ポーランド語・ドイツ語)あり[1]

脚注編集

  1. ^ Sub-national HDI - Subnational HDI - Global Data Lab” (英語). globaldatalab.org. Radboud University Nijmegen. 2021年12月13日閲覧。

ギャラリー編集

外部リンク編集