メインメニューを開く

シホウチク四方竹)は中国原産の多年生常緑。四角形のが特徴的な植物で、和風庭園や建物周り、生垣に利用される。別名シカクダケイボダケ

シホウチク
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
亜科 : タケ亜科 Bambusoideae
: シホウチク属 Tetragonocalamus
: シホウチク T. quadrangularis
学名
Tetragonocalamus quadrangularis
(Fenzl) Nakai.
和名
シホウチク
英名
Square bamboo
Square-stem bamboo
シホウチクの煮物。根は食用にもなる

一般のタケ類が円柱形のをもっているのに、このタケだけは鈍四稜形の茎を有する。 高さ2~7mで竹稈下部の節のすぐ上には触ると痛いいぼ状の突起(気根)があり、伸びるととなる。が細く下に垂れる。タケノコは秋から冬に生えてくるので、日本においてはを出さずに越年し、春暖くなったときに枝を広げる。鉢植えでも栽培でき、移植が容易。寒さにやや弱く、東北地方以北での植え付けには適さない。

品種編集

  • スホウシカクダケ(蘇方四角竹) f. Suhow Kasahara et H. Okamura
  • キンメイシホウチク(金明四方竹) f. Nagamineus Muroi et H. Hamada - 黄地に緑の縦縞が入る(金明型)。
  • ギンメイシホウ(銀明四方竹) f. Gimmei - 緑地に黄色の縦縞が入る(銀明型)。
  • タテジマホウチク(縦縞方竹) f. tateshima - 縦縞型。

シノニム編集

  • Bambusa quadrangularis
  • Tetragonocalamus angulatus