メインメニューを開く

シモン・ケアー

デンマークのサッカー選手

シモン・トルップ・ケアー(Simon Thorup Kjær 発音 [simɔn ˈkʰæːˀɐ̯]1989年3月26日 - )は、デンマークホーセンス出身のサッカー選手デンマーク代表アタランタBCに所属する。ポジションはDF(センターバック)。191cmという長身で空中戦に強く、守備だけでなくセットプレーなどの攻撃においても頼りになる存在である[4]

シモン・ケアー Football pictogram.svg
Simon Kjær 2017 (cropped).jpg
セビージャでのケアー(2017年)
名前
本名 シモン・トルップ・ケアー
Simon Thorup Kjær[1]
ラテン文字 Simon Kjær
基本情報
国籍  デンマーク
生年月日 (1989-03-26) 1989年3月26日(30歳)[2]
出身地 ホーセンス
身長 191cm[3]
体重 84kg
選手情報
在籍チーム イタリアの旗 アタランタBC
ポジション DF (CB)
背番号 4
利き足 右足
ユース
デンマークの旗 ミッティラン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2008 デンマークの旗 ミッティラン 19 (0)
2008-2010 イタリアの旗 パレルモ 62 (5)
2010-2013 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 57 (3)
2011-2012 イタリアの旗 ローマ (loan) 22 (0)
2013-2015 フランスの旗 リール 66 (1)
2015-2017 トルコの旗 フェネルバフチェ 54 (3)
2017- スペインの旗 セビージャ 46 (2)
2019- イタリアの旗 アタランタ (loan)
代表歴2
2009- デンマークの旗 デンマーク 89 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月16日現在。
2. 2019年6月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

日本語ではケアーのほかにもキアルスウェーデン語の誤用からきたシェアーなどと表記される。

クラブ経歴編集

デンマークFCミッティランにてキャリアをスタートさせた。チェルシーFCレアル・マドリードなど欧州のトップクラブからオファーが届くが、移籍金の額が低すぎるとしてミッティラン側がオファーを拒否した[4]。イタリアで開催されたユース大会のトルネオ・ディ・ビアで活躍したため、大会直後の2月16日イタリアUSチッタ・ディ・パレルモへの移籍が内定した。

当初、イタリア語の習得など環境への適応に時間がかかり、経験豊富なチェーザレ・ボヴォモリス・カロッツィエーリらの控え扱いであったが、10月28日ACFフィオレンティーナ戦にてデビューを飾ると、激しいマークで相手の攻撃を抑え、ポジショニング・スピード共に優れた選手である事を証明。以降、定位置を確保した。

2010年7月8日ドイツVfLヴォルフスブルクへ推定移籍金1200万ユーロ(約13億7000万円)の4年契約で移籍した[5]。これにより、W杯でも対戦した日本代表の主将・長谷部誠とチームメートになった。ヴォルフスブルクではセンターバックのレギュラーを確保したものの、チームはシーズンを通して下位に低迷し最終節のTSG1899ホッフェンハイム戦で辛うじて残留を決めたが15位に留まり、自身も納得のいくプレーができたとは言い難かった[要出典]

2011年8月31日ASローマレンタル移籍し、2年ぶりのイタリア復帰。レンタル料は300万ユーロであり、シーズン終了後に700万ユーロで完全移籍できるオプションが付けられた[6]

2013年7月、LOSCリール・メトロポールへ完全移籍[7]。移籍後からすぐにフランスのプレースタイルに馴染み、チームの10試合連続無失点達成に貢献した。

2015年6月17日、リヴァプールFCマンチェスター・ユナイテッドFC等、イングランドプレミアリーグへの移籍を噂されたが、「タイトルを獲りたい」という理由で[要出典]、トルコのフェネルバフチェSKへ移籍を決めた[8]

2017年8月2日、セビージャに1250万ユーロ(約16億円)移籍が決定[9]

2019年9月1日、アタランタにレンタル移籍[10]

代表経歴編集

2006年よりU-19デンマーク代表2008年よりU-21代表に選出。

2009年2月にデンマークA代表へ初招集され、2009年6月に行われた2010W杯・欧州予選スウェーデン戦で代表デビューを果たしこの試合でズラタン・イブラヒモビッチを抑えた。2010 FIFAワールドカップ本大会にも選出されたレギュラーとしてプレーしたものの、グループリーグの最終戦で日本に敗れ、決勝トーナメント進出はならなかった。続くUEFA EURO 2012のメンバーにも選出された。

2013年3月22日の2014W杯・欧州予選チェコ戦で代表初得点を挙げた。

2016年に日本で行われたキリンカップに出場し、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦で得点を決める。またボスニア・ヘルツェゴビナ戦、ブルガリア戦でキャプテンマークを付け、現役引退をしたアッガーに次ぐ、代表キャプテンに選ばれる。

エピソード編集

サッカーを始めたきっかけが父親にあり、家族全員がリヴァプールFCファンである。

所属していたトルコのフェネルバフチェSKでの彼のあだ名は¨ヴァイキング¨だった。

個人成績編集

 
フェネルバフチェでプレーするケアー(2015年)
シーズン クラブ リーグ カップ 国際大会 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
2007-08 FCミッティラン 19 0 2 0 - - 21 0
2008-09 パレルモ 27 3 0 0 - - 27 3
2009-10 35 2 3 0 - - 38 2
2010-11 ヴォルフスブルク 32 1 2 0 - - 34 1
2011-12 3 0 1 0 - - 4 0
2011-12 ASローマ (loan) 22 0 2 0 - - 24 0
2012-13 ヴォルフスブルク 22 2 3 0 - - 25 2
2013-14 リール 35 0 2 1 - - 37 1
2014-15 31 1 2 1 9 1 42 3
通算 デンマーク 19 0 2 0 - - 21 0
イタリア 84 5 5 0 - - 89 5
ドイツ 57 3 6 0 - - 63 3
フランス 66 1 4 2 9 1 79 4
通算 226 9 17 2 9 1 252 12

脚注編集

  1. ^ Simon Kjær i FCM til 2012” (Danish). FC Midtjylland (2007年9月14日). 2010年6月2日閲覧。
  2. ^ List of Players (PDF)”. FIFA. 2010年11月8日閲覧。
  3. ^ 2018 FIFA World Cup Russia – List of Players (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年6月4日). 2018年6月20日閲覧。
  4. ^ a b footballista、ソルメディア、2009年11月4日号
  5. ^ ボルフスブルクがデンマーク代表ケアを獲得 - UEFA.com 2010年7月8日
  6. ^ ローマ、ガゴら4選手を一気に獲得 Goal.com、2011年9月1日
  7. ^ L’international danois Simon Kjaer est Lillois ! LOSC Lille Métropole、2013年7月5日
  8. ^ デンマーク代表DFケアーがフェネルバフチェ移籍 - 超ワールドサッカー 2015年6月17日
  9. ^ セビージャ、今夏7人目の新戦力はデンマーク代表DF...移籍金は16億円 - Goal.com 2017年8月3日
  10. ^ Kjaer loaned to Atalanta”. Sevilla FC (2019年9月1日). 2019年9月3日閲覧。

外部リンク編集