シャイヒー派 (シャイヒーは、アラビア語: الشيخية‎)は、シャイフ・アフマド・アフサーイー英語版ペルシア語版によって開かれたイスラム教シーア派の一派[1]。19世紀初頭、ガージャール朝時代のイランに始まる。

伝統的かつ純粋な十二イマーム派のシーア派の教義に基礎をおく一方で、十二イマーム派の教義英語版の中でも、終末論英語版キヤーマ最後の審判#イスラム教参照)、法源解釈学などの重要分野においては、主流であるウスリー派英語版とは異なる解釈を採用している。この相違から、シーア派主流のウラマーからは異端として批判対象となってきた。

現在、シャイヒー派は少数派であり、信徒の分布はイラン、イラク[2]、サウジアラビア、クウェート、パキスタン[3]などである。

脚注編集

  1. ^ MacEoin, D.M.. “SHAIKH AḤMAD AḤSĀʾĪ”. Encyclopædia Iranica. 2016年4月24日閲覧。
  2. ^ The Encyclopedia of World History”. bartleby.com (2001年). 2006年10月10日閲覧。
  3. ^ SHAYKHISM (ŠAYḴIYA), a school of Imamite Shi'ism founded at the beginning of the 13th/19th century.”. Encyclopædia Iranica, online edition. 2020年9月7日閲覧。