メインメニューを開く
上空からのシャウムブルク宮殿
シャウムブルク宮殿
地図

シャウムブルク宮殿ドイツ語:Palais Schaumburg)は、西ドイツ首都であったドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州ボンにある新古典主義建築の建物である。1949年-1976年まで、ドイツ首相の主要官邸であり、連邦首相府である。2001年以降、第二首相官邸、第二連邦首相府として扱われている。

目次

名称編集

ドイツ語では、Haus des Bundeskanzlers (連邦首相の家)とも呼ばれる。シャウムブルクは、この宮殿を所有したシャウムブルク=リッペ侯国の元王族シャウムブルク=リッペ家に由来する。

歴史編集

1858年-1860年の間に、布製造業者 Aloys Knops が後期新古典主義建築の夏の離宮英語版として建設。1860年に ニューヨーク市から来たアメリカ人布製造業者 Wilhelm Loeschigk の手に渡り、Villa Loeschigk と呼び1890年まで住んでいた。

1894年、シャウムブルク=リッペ侯アドルフ1世ゲオルクの子で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の義弟、リッペ侯国摂政アドルフ王子が購入して、拡張工事が行われた[1]。1939年1月31日、軍がリッペ家のエルンスト・ヴォルラート英語版から購入した。

第二次世界大戦後、西ドイツの初代連邦首相コンラート・アデナウアーが1949年11月に首相府とするまえはベルギー軍のスタッフが使用した。その二か月後、元フランス首相ロベール・シューマンをゲストとして迎えた。1950年、首相府として使えるよう再建された[2]。その後手狭になったので、何度も拡張工事が行われた。

1976年、首相府を手狭な宮殿から連邦首相府 (ボン)英語版に移したが、いくつかの部門は宮殿側に残された。1986年に、環境・自然保護・原子炉安全大臣の家となった。1990年(ドイツ再統一)後、5人の連邦特命大臣英語版は特別任務のため事務所を置いた。

その後も、さまざまな条約の調印の際に使用されたり、公務の場として活用された。2001年以降、第二連邦首相府・官邸として使用されている。

植樹編集

首相が就任を記念して、恒例として植樹を行っている。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集