シャキ (アゼルバイジャン)

シャキアゼルバイジャン語:Şəki)は、アゼルバイジャン北西部の都市。首都のバクーからは325kmの距離にある。

シャキ
Shaki
Şəki
アゼルバイジャンの旗
Shaki.jpg
シャキの市章
市章
位置
アゼルバイジャンにおけるシャキの位置の位置図
アゼルバイジャンにおけるシャキの位置
座標 : 北緯41度11分31秒 東経47度10分14秒 / 北緯41.19194度 東経47.17056度 / 41.19194; 47.17056
行政
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
 市 シャキ
地理
面積  
  市域 9 km2 (3 mi2)
標高 545 m (1,788 ft)
人口
人口 (2012年現在)
  市域 63,700人
    人口密度   7,100人/km2(18,000人/mi2
その他
等時帯 アゼルバイジャン時間 (UTC+4)
市外局番 +994 177
公式ウェブサイト : http://sheki-ih.gov.az
世界遺産 シャキの歴史地区と
ハーンの宮殿
アゼルバイジャン
画像募集中
英名 Historic Centre of Sheki with the Khan’s Palace
仏名 Centre historique de Sheki avec le palais du Khan
面積 120.5 ha
(緩衝地域 146 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2)(5)
登録年 2019年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
使用方法表示

歴史編集

シャキには2700年以上前の大規模な居住跡が残されている。彼らはイラン系で、紀元前7世紀頃、黒海の北岸からデルベントを通り、南コーカサスそしてアナトリアへと流浪していた。彼らは'Sakasena' と呼ばれる南コーカサスの肥沃な土地を占有した。そのエリアの一地域がシャキである。 1世紀頃、シャキはカフカス・アルバニア王国で最大の都市の一つであった。古代アルバニア人の寺院がここにあった。その後、シャキ王国は11の行政エリアに分けられ、アラブ人が侵略してくるまで、シャキは政治的、経済的に重要な都市の一つであった。しかしアラブ人による侵略の結果、シャキは他の首長国に併合されてしまった。アラブ系のイスラム帝国が弱体化した時、シャキは独立した公国となった。その後、モンゴル軍が侵攻し、この地を支配した。14世紀にフレグによる支配が崩壊した後、シャキは独立した。 しかし1551年にサファビー朝タフマースブ1世により、シャキはサファビー朝に併合された。1578年から1603年までと、1724年から1735年までの短い間、オスマン帝国の支配も受けた。1743年にシャキ・ハーン国が設立し、コーカサスのハーン国の中で最も強い封建制度を持った国であった。1805年のKurakchay条約により、シャキ・ハーン国はロシア帝国の属国となった。1813年のゴレスターン条約により、このエリアは完全にロシアに併合され、1819年にハーンが廃止され、シャキ州が創設された。

姉妹都市編集

外部リンク編集

  ウィキトラベルには、シャキに関する旅行ガイドがあります。