シャコーグレイド

シャコーグレイド[1]日本競走馬1991年皐月賞トウカイテイオーに続く2着に入り、以降長く低迷し重賞タイトルにはあと一歩及ばなかったものの、トウカイテイオー引退式の日と同日のオープン特別競走で、引退式に花を添える形となるような勝利を挙げた[2][3]

シャコーグレイド
欧字表記 Shako Grade[1]
品種 サラブレッド[1]
性別 [1]
毛色 黒鹿毛[1]
生誕 1988年3月27日[1]
死没 2014年12月12日(26歳没)[2]
ミスターシービー[1]
シュアンス[1]
母の父 ダンディルート[1]
生国 日本の旗 日本北海道新冠町[1]
生産 川島牧場[1]
馬主 (株)シャコー[1]
調教師 矢野照正美浦[1]
競走成績
生涯成績 45戦3勝[1]
獲得賞金 3億2559万1000円[1]
テンプレートを表示

戦歴編集

1990年11月11日、東京競馬場での新馬戦柴田善臣の騎乗でデビューし1着、中山競馬場の葉牡丹賞も1着となって2連勝とする[4]。オープン特別のホープフルステークス、ジュニアカップを連続2着ののち、共同通信杯4歳ステークス5着を経て皐月賞トライアル競走若葉ステークスに駒を進め、トウカイテイオーの3着[4]。本番の皐月賞では抽選待ちの末に出走を果たし、18頭中の16番人気と低評価であったが[3]、これについて競馬評論家の市丸博司によれば、皐月賞と同じ中山競馬場芝2000メートルの条件で1着1回、2着2回、3着1回と安定した成績を収めていたにもかかわらず、若葉ステークス3着という結果で用なしという空気が流れていたという[5]。レースでは前半は17番手を進み第4コーナーでも10番手であったが直線で追い込み、トウカイテイオーに1馬身と迫る2着に入線した[2][3][4]東京優駿では3番人気に支持されたが、二冠達成のトウカイテイオーの8着に敗れる[4]

トウカイテイオーが東京優駿後に故障のため戦線離脱し不在となった秋は京都新聞杯から始動したが、新興勢力のナイスネイチャに及ばずイブキマイカグラと同着の2着[6]菊花賞ではレオダーバン5着[4]。初めての古馬戦となった鳴尾記念でもナイスネイチャの4着に終わり、以降重賞戦線でも最高2着に入るものの勝ちきれず、やがて「万年入着馬」と呼ばれるようになる[3]。皐月賞から3年を経た1994年秋、トウカイテイオーが引退して10月23日の東京競馬場で引退式が行われたが、同日のメインレースである東京スポーツ杯に出走し、エイシンテネシーに2馬身2分の1の差をつけて葉牡丹賞以来の勝利を飾り、同時にトウカイテイオーの引退式に添える形となった[2][7]。東京スポーツ杯以降は再び勝つことはなく、1995年に引退[2][3]。重賞では皐月賞を含めて2着5回、3着4回としたが、最後まで勝利することはできなかった[2]

競走成績編集

以下の内容は、netkeiba.com[8]、JBISサーチ[9]に基づく。

年月日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ(人気) 着順 タイム
(上り3F/4F
着差 騎手 斤量
(kg)
勝ち馬/(2着馬)
1990.11.11 東京 3歳新馬 芝1800m(良) 5 4 4 02.5(2人) 1着 1:52.2 (35.8) -0.3 柴田善臣 54 (カネハボマイ)
0000.12.02 中山 葉牡丹賞 500 芝2000m(良) 9 8 8 03.4(2人) 1着 2:03.1 (35.9) -0.0 柴田善臣 54 (アフターミー)
0000.12.23 中山 ホープフルS OP 芝2000m(良) 11 6 7 04.8(2人) 2着 2:03.2 (36.4) -0.5 柴田善臣 55 サクラヤマトオー
1991.01.19 中山 ジュニアC OP 芝2000m(良) 6 1 1 03.2(2人) 2着 2:02.7 (36.1) -0.2 柴田善臣 55 カネハボマイ
0000.02.10 東京 共同通信杯4歳S GIII 芝1800m(良) 10 5 5 14.0(7人) 5着 1:48.5 (35.3) -0.4 横山典弘 55 イイデセゾン
0000.03.17 中山 若葉S OP 芝2000m(稍) 10 6 6 06.7(2人) 3着 2:04.1 (35.9) -0.5 柴田善臣 56 トウカイテイオー
0000.04.14 中山 皐月賞 GI 芝2000m(稍) 18 1 2 75.7(16人) 2着 2:02.0 (36.4) -0.2 蛯名正義 57 トウカイテイオー
0000.05.26 東京 東京優駿 GI 芝2400m(良) 20 1 2 11.5(3人) 8着 2:27.4 (36.8) -1.5 蛯名正義 57 トウカイテイオー
0000.10.13 京都 京都新聞杯 GII 芝2200m(良) 14 8 13 07.4(3人) 2着 2:15.7 (46.8) -0.1 柴田善臣 57 ナイスネイチャ
0000.11.03 京都 菊花賞 GI 芝3000m(良) 18 5 9 10.8(5人) 5着 3:10.5 (47.6) -1.0 柴田善臣 57 レオダーバン
0000.12.08 阪神 鳴尾記念 GII 芝2500m(良) 11 8 11 04.7(2人) 4着 2:37.0 (49.1) -0.7 江田照男 55 ナイスネイチャ
1992.01.05 中山 金杯(東) GIII 芝2000m(良) 16 8 15 02.9(1人) 5着 2:00.4 (36.0) -0.8 柴田善臣 56 トウショウファルコ
0000.01.26 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 11 5 5 04.5(3人) 2着 2:13.0 (35.0) -0.2 柴田善臣 56 トウショウファルコ
0000.02.23 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 6 6 6 03.9(2人) 4着 2:33.9 (37.0) -1.3 柴田善臣 56 ヤマニングローバル
0000.03.22 中山 日経賞 GII 芝2500m(重) 11 3 3 07.2(4人) 3着 2:38.8 (38.1) -0.5 柴田善臣 56 メジロライアン
0000.04.12 中山 エイプリルS OP 芝2000m(重) 9 3 3 01.9(1人) 2着 2:01.4 (36.1) -0.2 柴田善臣 57 グレイトウェーブ
0000.05.17 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2200m(良) 13 7 10 02.3(1人) 3着 2:14.8 (49.2) -1.4 蛯名正義 57 メジロパーマー
0000.09.20 中山 オールカマー GIII 芝2200m(良) 14 2 2 12.0(5人) 9着 2:13.2 (36.0) -1.1 柴田善臣 57 イクノディクタス
0000.10.11 福島 福島民報杯 OP 芝2000m(良) 9 6 6 04.9(2人) 4着 2:02.1 (38.1) -0.7 土谷智紀 57 レッツゴーターキン
0000.10.25 福島 カブトヤマ記念 GIII 芝1800m(良) 15 1 1 05.2(1人) 9着 1:50.0 (37.7) -0.5 土谷智紀 57 ワンモアラブウエイ
0000.11.22 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 芝2500m(重) 14 2 2 10.6(6人) 2着 2:33.5 (36.0) -0.0 蛯名正義 56 ミナミノアカリ
1993.01.05 中山 金杯(東) GIII 芝2000m(良) 13 2 2 10.0(4人) 4着 2:00.7 (36.3) -0.2 蛯名正義 56 セキテイリュウオー
0000.01.24 中山 AJCC GII 芝2200m(稍) 9 7 7 08.0(2人) 5着 2:16.1 (37.2) -1.1 蛯名正義 57 ホワイトストーン
0000.02.21 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 12 4 4 14.8(6人) 6着 2:33.2 (36.4) -0.8 蛯名正義 56 マチカネタンホイザ
0000.03.21 中山 日経賞 GII 芝2500m(良) 12 1 1 23.7(8人) 3着 2:36.2 (34.8) -0.4 蛯名正義 57 ライスシャワー
0000.04.25 京都 天皇賞(春) GI 芝3200m(良) 15 5 8 60.8(9人) 8着 3:19.8 (38.2) -2.7 蛯名正義 58 ライスシャワー
0000.05.16 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2200m(良) 14 4 5 05.5(3人) 2着 2:13.5 (36.3) -0.0 蛯名正義 56 ハシノケンシロウ
0000.06.13 阪神 宝塚記念 GI 芝2200m(良) 11 8 11 29.9(4人) 7着 2:20.4 (40.5) -2.7 蛯名正義 57 メジロマックイーン
0000.10.10 京都 京都大賞典 GII 芝2400m(良) 10 6 6 33.0(6人) 4着 2:24.2 (36.4) -1.5 南井克巳 57 メジロマックイーン
0000.11.22 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 芝2500m(良) 17 1 2 06.5(2人) 17着 2:38.7 (42.5) -6.1 蛯名正義 56 ムッシュシェクル
0000.12.11 阪神 鳴尾記念 GII 芝2500m(良) 16 2 3 14.6(6人) 6着 2:36.8 (37.4) -0.5 南井克巳 56 ルーブルアクト
1994.01.05 中山 金杯(東) GIII 芝2000m(良) 12 5 5 08.8(5人) 12着 2:02.6 (36.9) -1.9 柴田政人 56 ヒダカハヤト
0000.01.23 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 14 1 1 47.9(10人) 9着 2:14.9 (35.2) -0.8 江田照男 57 マチカネタンホイザ
0000.02.20 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 13 1 1 18.4(6人) 7着 2:34.4 (35.1) -0.4 江田照男 55 ナリタタイシン
0000.05.15 新潟 新潟大賞典 GIII 芝2200m(良) 14 4 5 13.2(5人) 4着 2:15.5 (35.5) -0.4 江田照男 55 ゴールデンアワー
0000.09.18 中山 オールカマー GIII 芝2200m(重) 8 7 7 80.7(5人) 5着 2:16.1 (36.6) -1.6 江田照男 56 ビワハヤヒデ
0000.10.23 東京 東京スポーツ杯 OP 芝2400m(良) 8 1 1 05.9(3人) 1着 2:24.8 (35.8) -0.4 江田照男 55 エイシンテネシー
0000.11.19 東京 アルゼンチン共和国杯 GII 芝2500m(良) 14 6 10 09.9(4人) 9着 2:32.7 (35.5) -1.4 江田照男 55 マチカネアレグロ
0000.12.10 中山 ステイヤーズS GIII 芝3600m(良) 10 5 5 27.7(7人) 6着 3:44.7 (39.1) -3.1 江田照男 55 エアダブリン
1995.01.05 中山 金杯(東) GIII 芝2000m(重) 16 4 7 35.3(12人) 3着 2:01.6 (37.0) -1.1 江田照男 55 サクラローレル
0000.01.22 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 10 7 7 62.7(7人) 8着 2:15.4 (35.1) -1.0 江田照男 57 サクラチトセオー
0000.02.19 東京 目黒記念 GII 芝2500m(良) 12 7 10 66.4(9人) 5着 2:32.0 (36.1) -0.9 江田照男 55 ハギノリアルキング
0000.03.19 中山 日経賞 GII 芝2500m(不) 9 8 8 29.0(8人) 4着 2:41.7 (37.9) -0.7 江田照男 57 インターライナー
0000.04.30 東京 メトロポリタンS OP 芝2300m(稍) 8 5 5 06.0(2人) 5着 2:20.5 (36.3) -1.3 江田照男 58 カネツクロス
0000.05.27 東京 メイS OP 芝2400m(良) 11 7 8 12.8(7人) 7着 2:27.6 (36.8) -1.1 江田照男 58 ダイゴウソウル

引退後編集

引退後は福島競馬場誘導馬などを務めたのち、2008年の少し前から岐阜県の牧歌の里にて乗馬として余生を過ごし、2009年の6月24日放映のいい旅夢気分で紹介[10]された。また父親であるミスターシービー譲りの美しい黒鹿毛の容姿と優しい気性を評価され2014年6月に公開された福島県を舞台とした時代劇映画『超高速!参勤交代』に出演[3]。映画公開から半年後の2014年12月12日、老衰のため死亡した[2]

エピソード編集

  • 競馬ファンでもある爆笑問題田中裕二は皐月賞で、シャコーグレイドが前述のように中山芝2000メートルで堅実な成績を収めていたにもかかわらず不人気であった点に着目、シャコーグレイドが入っていた1枠とトウカイテイオーの8枠(単枠指定)との枠連を2000円で購入して50倍を超える配当を手にし、これをきっかけに穴狙いの醍醐味を強く感じるようになったという[5][11]
  • フランスで厩舎を開いている小林智は子供のころからミスターシービー派で、「シンボリルドルフの仔(トウカイテイオー)とミスターシービーの仔(シャコーグレイド)が1着2着」という皐月賞の結果を見て「昔聞いていたレースで走っていた競走馬の仔が出てきて競う」競馬の醍醐味に開眼し、自宅から中山競馬場に近かったこともあって本格的に競馬の観戦をするようになった[12]

血統編集

血統表編集

シャコーグレイド血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 テスコボーイ系
[§ 2]

ミスターシービー
1980 黒鹿毛
父の父
トウショウボーイ
1973 鹿毛
*テスコボーイ
Tesco Boy
Princely Gift
Suncourt
*ソシアルバターフライ
Social Butterfly
Your Host
Wisteria
父の母
シービークイン
1973 鹿毛
*トピオ
Topyo
Fine Top
Deleriosa
メイドウ *アドミラルバード
Admiral Byrd
メイワ

シュアンス
1980 青毛
*ダンディルート
Dandy Lute
1972 鹿毛
Luthier Klarion
Flute Enchantee
Dentrelic Prudent
Relict
母の母
スタームーン
1976 黒鹿毛
*シャトーゲイ
Chateaugay
Swaps
Banquet Bell
ブラックバトー *ヒンドスタン
Hindostan
チエス F-No.4-d
母系(F-No.) 4号族(FN:4-d) [§ 3]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 4]
出典
  1. ^ [13]
  2. ^ [14]
  3. ^ [13]
  4. ^ [13][14]

参考文献編集

  • 「関西競馬四季報 1994秋季号」『競馬ブック』第15巻第3号、ケイバブック。
  • 瀬戸慎一郎『サラブレッド挽歌』講談社、1995年。ISBN 4-06-207636-5
  • 阿部珠樹「イブキマイカグラVSリンドシェーバー(下) 両雄、激突 1991(平成3)年、弥生賞」『優駿』1999年4月号、中央競馬ピーアール・センター、1999年、 91-95頁。
  • 井口民樹「ナイスネイチャの京都新聞杯(下) 無冠の名馬の生涯最高レース」『優駿』2001年6月号、中央競馬ピーアール・センター、1999年、 91-95頁。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o シャコーグレイド”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 名脇役シャコーグレイドが老衰死”. 日刊スポーツ (2014年12月26日). 2019年10月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f G1出走馬・シャコーグレイド「超高速!参勤交代」に出演し雄姿を披露”. 映画,com. エイガ・ドット・コム (2014年6月14日). 2019年10月28日閲覧。
  4. ^ a b c d e #関西競馬四季報94年秋 p. 1271
  5. ^ a b シャコーグレイド2着の皐月賞で、穴馬を発見する楽しみを知る”. 私の競馬はちょっと新しい - 第18回 タレント 田中裕二さん(爆笑問題). JRA-VAN. 2019年10月28日閲覧。
  6. ^ #井口(下) pp.93-95
  7. ^ 10R 東スポ杯 オープン 1994年10月23日(日)4回東京6日”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月28日閲覧。
  8. ^ シャコーグレイドの競走成績”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年10月28日閲覧。
  9. ^ シャコーグレイド 競走成績”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月28日閲覧。
  10. ^ 涼をよぶ 名水の里と飛騨名湯めぐり|2009年6月24日の放送一覧|にっぽん!いい旅|テレビ東京” (日本語). にっぽん!いい旅. 2021年4月5日閲覧。
  11. ^ データベース - 第51回皐月賞(G1)”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2011年7月24日). 2019年11月5日閲覧。
  12. ^ 小川由紀子「フランス競馬界で知らぬ者はない、小林智調教師が現地で開業するまで」”. web Sportiva Love Sports. 集英社 (2017年10月15日). 2019年10月28日閲覧。
  13. ^ a b c シャコ-グレイド 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2019年10月28日閲覧。
  14. ^ a b c シャコーグレイドの5代血統表”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd.. 2019年10月28日閲覧。

外部リンク編集