シャチ

クジラ目イルカ科の動物

シャチ(鯱、学名: Orcinus orca)は、哺乳綱鯨偶蹄目マイルカ科シャチ属の海獣[2]である。

シャチ
シャチ
シャチ Orcinus orca
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
亜目 : ハクジラ亜目 Odontoceti
上科 : マイルカ上科 Delphinoidea
: マイルカ科 Delphinidae
亜科 : シャチ亜科 Orcininae
: シャチ属 Orcinus
: シャチ O. orca
学名
Orcinus Fitzinger1860
Orcinus orca (Linnaeus1758)
和名
シャチ(鯱)
サカマタ(逆叉、逆戟)
オルカ
英名
Killer Whale
Orca
       シャチの生息域

名称 編集

日本列島では伝説上の生物「」にちなんだ「シャチ」という標準和名の他にも、「サカマタ」[注釈 1][2]と「タカマツ」[注釈 2][3][4]を筆頭に、「シャチホコ」「シャカマ」「タカ」「クジラトウシ」「クロトンボ」「オキノカンヌシ」など多様な別名が存在した[5]

海洋における食物連鎖の頂点に立ち肉食性が強いことから、英語では「killer whale[注釈 3]」とも呼ばれるほか、種小名の「オルカ」、「グランパス」、「ブラックフィッシュ」などの呼び名も存在する。

アイヌ語での名称は「レプンカムイ[注釈 4]」のほかに、「アトゥイコロカムイ[注釈 5]」「カムイフンペ[注釈 6]」「イコイキカムイ[注釈 7]」などがある。樺太の方言では「レポルン(タ)カムイ[注釈 8]」「トマリコロカムイ[注釈 9]」「チオハヤク[注釈 10]」「カムイチㇱ[注釈 11]」とも呼ばれる。礼文地方では「イコイキフンペ[注釈 12]」「モハチャンクㇽ[注釈 13]」「シハチャンクㇽ[注釈 14]」「イモンカヌカルクㇽ[注釈 15]」「カムイオッテナ[注釈 16]」といった名称があり、幌別地方では「トミンカㇽカムイ[注釈 17]」「カムインカㇽクㇽ[注釈 18]」「イソヤンケクㇽ[注釈 19]」「カムイラメトㇰ[注釈 20]」といった名称がある。 これらのアイヌ語名のうち、「イコイキカムイ[注釈 21]」「イコイキフンペ[注釈 22]」「イソヤンケクㇽ[注釈 23]」については、後述の「狩り」に由来する名称である[6]

中国語では、「虎鯨」「殺手鯨」「殺人鯨」などの表記が存在する[7]

分類と系統 編集

シャチ属に属するのはシャチ1種のみである。

体の大きさでは小型のクジラに分類される。もちろん、体の大きさでクジラとイルカを分けるのは系統的ではなく、系統的には同じく小型のクジラであるゴンドウ類と共にイルカ系統の内部に位置し、最も近縁なカワゴンドウと共にマイルカ科シャチ亜科に分類される[8]オキゴンドウに近縁とする説もある。

マイルカ上科
マイルカ科
シャチ亜科

シャチ

カワゴンドウ

ゴンドウ亜科(その他のゴンドウ

マイルカ科のイルカ

ネズミイルカ科

イッカク科

ゴンドウとは近縁で、現在はゴンドウの一種とはされないが、歴史的にはゴンドウと呼ばれることもあった[9]

尚、現在では一種とされるシャチであるが、複数の種に分割する見解もある(特徴を参照)。

特徴 編集

 
典型的な人間との大きさの比較
 
シャチの分類例
 
Type Cとされる個体。アイパッチが他と比べ小さい。

マイルカ科の仲間では最大の種であり、平均ではオスの体長は5.8 - 6.7メートル、メスの体長は4.9 - 5.8メートル、オスの体重は3,628 - 5,442キログラム、メスの体重は1,361 - 3,628キログラム。最大級のオスでは体長は9.8メートル、体重は10トンに達する[10]

背面は黒、腹面は白色で、両目の上方にアイパッチと呼ばれる白い模様がある。生後間もない個体では、白色部分が薄い茶色やオレンジ色を帯びている。この体色は、群れで行動するときに仲間同士で位置を確認したり、獲物に進行方向を誤認させたり、自身の体を大きく見せたりする効果があると言われている。大きな背びれを持ち、オスのものは最大で2メートルに達する。

背びれの根元にサドルパッチと呼ばれる灰色の模様があり、個々の模様や背びれの形状は一頭ずつ異なるため、これを個体識別の材料とすることができる。

長さ8 - 13センチメートル[11]の円錐状の鋭い歯が上下のに計44 - 48本並んでいる。歯の形状は全体的にほぼ均一であり、獲物を咀嚼することよりも噛みちぎることに特化したものになっている。

タイプ 編集

現時点では一種として扱われているものの、少なくとも南極海だけで1万年ほど前から混血のない3タイプに分化しており、食性、サイズが異なる。南極海海域のシャチについて区別の必要がある場合、以下のような分類がなされることがある。現在、タイプBとCを別種とすべきという研究が提出されつつある[12][13]

タイプA
最近の論文などでは「whale eater」と記述されることが多い[要出典]。一般的にイメージされるシャチであり、クロミンククジラ等を主食とする。アイパッチの大きさは中間的。流氷の少ない沖合に棲む。[14]
タイプB
最近の論文などでは「mammal eater」と記述されることが多い[要出典]。タイプAよりやや小型であり、海生哺乳類を主食とする。クロミンククジラナガスクジラペンギンアザラシなども捕食する。アイパッチがAの2倍ほど大きく、白色部がやや黄色い。流氷のある沿岸近くに棲む。食性や体長などの違いから、ラージタイプBとスモールタイプBに分ける説もある[15]
タイプC
最近の論文などでは「fish eater」と記述されること多く、「Orcinus glacialis」という学名が新たに提案されている。最も小さいタイプであり、タイプAと比較してオスで100センチメートル、メスで60センチメートルほど小さいと思われる。タラを中心とした魚食性。最も大きな群れを作る。アイパッチが他と比べ小さく、体の中心部の黒白の境界面に対して大きな角度を持つ。白色部がやや黄色い。流氷のある沿岸近くに棲む。[要出典]
タイプD
2004年以降、提唱されるようになった種。通常よりも小さいアイパッチ、短い背びれ、ゴンドウクジラに似る丸みを帯びた頭部によって認識される。活動範囲は南緯40度線 - 南緯60度の間の亜南極海域で、地球を回るように周回していると考えられている。主な食事については知られていないが、魚類を捕食することが報告されている。[要出典]

北太平洋付近の観測もある。研究の進んでいるカナダブリティッシュ・コロンビア州で、定住型(レジデント)、回遊型(トランジェント)、沖合型(オフショア)の3タイプの個体群が知られている。定住型は主に魚を餌とし、大抵は十数頭の家族群を形成して生活する。魚の豊富な季節になると、特定の海域に定住し、餌を追うことから定住型と呼ばれる。それに比べ、回遊型は小さな群れまたは1頭のみで生活し、決まった行動区域を持たず、餌も海に住む哺乳類に限られる。沖合型は文字通り沖合に生息し、何十頭もの巨大な群れを形成する。3タイプの中で最もデータが少なく、餌についてもほとんど分かっていないが、傷が多かったり歯がすり減ったりしているという特徴があるため、手強い獲物(サメなど)を食しているとも考えられている。[要出典]

上に挙げた3タイプのシャチ間での交配は報告されておらず、遺伝子も異なることがわかっている。[要出典]

分布 編集

地球上で最も広く分布する哺乳類の一種と言われる。

餌になる動物が多いことなどから、特に極地付近の沿岸など一般的に冷水帯を好むが、熱帯をふくむ世界中の海に生息し、地中海アラビア海などにも生息する。時には餌を求めて、数百キロメートルも川を遡上することも報告されている。

主にカナダブリティッシュコロンビア州ノルウェーティスフィヨルドアルゼンチンパタゴニア[注釈 24]インド洋クローゼット諸島ニュージーランドオーストラリア北海道知床半島ロシア[注釈 25]ブリテン諸島ジブラルタル海峡などに分布する個体群の研究や個体識別などが行われている。

現代の日本列島の周辺では、北方四島から北海道[注釈 26][16][17][18][19][20]で際立って目撃が多いが、仙台湾山形県新潟県[21][22]銚子市[23]相模湾駿河湾[24][25]熊野灘和歌山県)、見島萩市[26]玄界灘[27]対馬市[28][29]南西諸島[30][31]朝鮮半島中国黄海など)[32]台湾[7]など各地域にて時折目撃されている。しかし、第二次世界大戦の終了後から1960年代にかけて日本列島の各地[注釈 27][33][34][35][36]で1,600頭以上が捕獲されたため、現在の生息数と分布はこれらの捕獲以前よりは大きく制限されていると思われる[5]知床半島では、白変個体の記録もふくめてホエールウォッチングが可能なレベルにまで急増しているが、この背景には個体数の回復が一因として考えられる[37]

生態 編集

 
ブリーチングするシャチ

シャチは、魚類全般、サメだけでなく、自分の倍以上の大きさであるヒゲクジラ亜目のうち最大のシロナガスクジラを含むクジラなどを群れで襲って食べる。寿命が長く、年長のメスを中心とする母系社会を形成する社会性を持つ動物[38]

非常に活発な動物であり、ブリーチング[注釈 28]、スパイホッピング[注釈 29]など、多彩な行動が水上でも観察されている。また泳ぐ速さは時速50㎞以上に及び、バンドウイルカと並んで、最も速く泳ぐことができる哺乳類の一つである。餌を求めて1日に100キロメートル以上も移動することが知られている。また、好奇心も旺盛で、興味を持ったものには近寄って確かめる習性もある。

他のハクジラと同様、2つの種類の音を使い分けていることが知られている。1つはコールと呼ばれ、群れのメンバー同士のコミュニケーションに使用される。もう1つはクリック音と呼ばれ、噴気孔の奥にある溝から、メロンと呼ばれる脂肪で凝縮して発射する音波である。この音波は物質に当たるまで水中を移動するため、シャチはその反響音を下顎の骨から感じ取ることで、前方に何があるか判断することができる。この能力をエコーロケーション(反響定位)と呼ぶ。クリック音の性能は高く、わずか数ミリメートルしか離れていない2本の糸を認識したり、反響音の波形の違いから物質の成分、果ては内容物まで認識したりすることが可能だという。

オスの平均寿命は30歳、最高寿命は約50歳で、メスの平均寿命は50歳、最高寿命は80歳あまりである。世界最高齢のシャチ「グラニー」は105歳まで生存したとされている。

野生のシャチの死因についての調査が少ないが、幼い個体は感染症と栄養不良、若いものや成体の場合は細菌感染症を含む病気、鈍的外傷が報告されている[39][40]。この報告では、全年齢での最大の死因は、人間が関係するものが多く、釣り針の飲み込み、漁網に絡む、漁船との衝突などであった。

食性 編集

 
骨格標本

肉食性で、知能が非常に高い。海洋系での食物連鎖の頂点に立つ。武器を使うヒトを例外にすると自然界での天敵は存在しない。ただし弱った個体や体の小さな個体がサメや他の大型のクジラに攻撃されたり、シャチの体内から別のシャチが発見されたりしたこともある(共食い)。利益にならない戦闘は避ける傾向もあり、特に人間を襲うことは少ないと考えられている。一方で、遊び目的で虐殺するなどの行為も見られることもあり、アザラシオタリアを襲うとき、海面上に放り投げ必要以上の苦痛を与えることがある。目的ははっきりしたことは未だわかっていない。

各タイプのメインの獲物だけでなく、小さいものでは魚、イカ海鳥ペンギン、比較的大きなものではオタリア、アザラシ、イルカホッキョクグマ、時にはクジラやサメなど、捕食する動物は多岐にわたるとされる。一部を別種とする学説すらあることからわかるように、1頭のシャチが様々な種類の動物を捕食するというより、個体ごとに様々な好みを持った生物であると理解した方が現実に近い。個体ごとに見れば、どちらかといえば偏食な動物である。ヒゲクジラ類では、比較的小さいミンククジラコククジラの幼獣をよく狙い、まれに未成熟のザトウクジラシロナガスクジラなども狙う。ヒゲクジラ類はシャチよりも体が遥かに大きく、幼獣には大抵は母クジラが側にいて守ろうとするため、シャチにとっても手強い獲物となる[41]。また、マッコウクジラヒゲクジラ類の成獣は身体が大きく力も強いため、シャチ自身が致命傷を負いかねないこともあり滅多に襲うことはない。2023年には、合計30頭のシャチが2頭の成熟したコククジラを約6時間にわたって攻撃しつづけたが、結局は捕食に失敗した観察例が記録されている[42]。他にも、ザトウクジラがシャチを攻撃して他の種類の鯨類や鰭脚類マンボウなどを助けたり[43][44][45]、シャチの群れに襲撃されたマッコウクジラの雌と子供の群れを近くにいた未成熟の雄のマッコウクジラが襲撃場面に乱入・救助して共に脱出したり[46]ヒレナガゴンドウコビレゴンドウはシャチの声を察知すると集団でシャチの群れを追跡して追い回し、シャチの群れがその海域から退散する[47][48]等、他の鯨種が対抗手段を見せる事例もある。

氷の下からの奇襲、群れでの協力、挟み撃ちなど、高度な狩りの技術を持つ。前述のクリック音を通常より凝縮させて獲物に当てて麻痺させ、捕食しやすくする行動も知られている。また、アルゼンチンのバルデス半島においては、海中から浜辺へ突進し這い上がり、浜辺にいるアシカやオタリアなどを捕食する「オルカアタック」と呼ばれる行動がみられる。水面下を遊泳していた3メートルほどのサメを真下から攻撃して一撃で仕留めた例を、海洋学者のジャック=イヴ・クストーの海洋探査船が報告している。サメやエイを捕食する場合、獲物の身体をひっくり返し擬死状態にすることで抵抗出来なくしてから食べる[49]軟骨魚類特有の性質を用いた有効な狩猟方法だが、エイの尾にある猛毒によって致命傷を負うこともある。口に入れた魚を吐き出してカモメをおびき寄せ、集まってきたカモメを食した例も報告されている。また、氷上にいたアザラシに対し、群れで氷の下を何度も通過し、大きな波を起こして海中に落としてから捕食した事例も報告されている。クジラの幼獣を襲う際は、幼獣の上から繰り返し圧し掛かって呼吸を妨害し、窒息させて仕留めることが多い。だがその際、前述の通り母クジラが幼獣を守ろうとするため、場合によっては仕留めるのに何時間もかかるうえ、失敗することも多い。 好物はクジラの舌、口付近であり、他の多くの部分は放置されるが、しばしばシャチがクジラの死体のある場所に訪れて死体を食べることがある[50]

人への危害 編集

シャチは高い知能を持つ動物であり、確実にとは言えないが無駄な狩りを行わないので、好奇心があり、じゃれようとした際にけがをさせたという例が多い。

シャチが、仲間に危害を加えた人間に報復したと見られるケースは報告されている。また、サーファーが足を噛まれた例があるが、これもじゃれたり、シャチ特有の好奇心の強さによるアプローチだったりとされ、捕食目的とは違うと見られる。ただし、もしシャチが現実に人間を捕食目的で襲ったとすれば、歯と顎の大きさからひとたまりもなく捕食される。また、水族館で飼育されているシャチがステージ上にいた飼育員を水中に引きずり込み溺死させる事件も起こっている[51]。この事例の個体は過去にも飼育員と客を死なせており、三人目の犠牲者だった[52]

これまでにシャチが意図的に人を食い殺したというはっきりした事例は知られていないが、その巨体ゆえにじゃれる程度でも場合によっては被害に遭う可能性もあり、安全とは言いがたい部分もあるので、触れる場合にも細心の注意をするに越したことはない。これはシャチに限らず、大型の動物類すべてに言えることでもある。

また、経済面では漁業被害も発生しており、日本の北海道では漁獲対象の魚を食べられたり、漁網を破られたりした事例が報告されている[53]道東釧路町では、シャチが漁網ごと魚を食いちぎる動画を地元漁業者が撮影し、被害の深刻さを訴えている[54]。これも動物が生活をしていくうえでは欠かせない食事という行為であり、人間のルールを野生の動物に適応させるのはほとんど無理であるため、難しい問題である。

捕鯨が広く行われていた時代には、仕留めたクジラ(鯨)を食いにやってきたシャチによる食害もあり、ノルウェーなどの日本以外の捕鯨国では、シャチ撃退用にライフルマンを雇っていたこともあったほどだった。

社会性 編集

 
群れるシャチ

単体、または数頭から数十頭ほどの群れ(ポッド)を作って生活し、非常に社会的な生活を営む。

群れは多くの場合、母親を中心とした血の繋がった家族のみで構成され、オスは通常一生を同じ群れで過ごし、メスも自身の群れを新しく形成するものの、生まれた群れから離れることは少ない(これらの情報は主に、研究の比較的進んでいるカナダのレジデント個体群から集められたものであり、同海域でのほかの2タイプ、または他の海域のシャチ全てに当てはまるわけではない)。それぞれの群れは、その家族独自の「方言」とも呼ばれるコールを持ち、それにより情報を互いに交換し合っている。「方言」は親から子へ、代々受け継がれていく。群れの中でのじゃれ合いなどのほかにも、違う群れ同士が交じり合い、特に若い個体間での揉み合いや、激しいコールの交換なども観察されている。ある特定の海域では年に1回、いくつもの家族が100頭以上の群れを形成する「スーパーポッド」という行動も知られている。この行動は、複数の家族が任意な交配を行うことで、それぞれの家族の血が濃くなるのを防ぐためだと考えられている。

特に、生まれたばかりの個体に対する「気配り」とも取れる行動は多く観察されている。母親が餌取りに専念している間、他のメスが若い個体の面倒を見る「ベビーシッティング」的な行動や、自身のとった獲物を若い個体に譲ったり、狩りの練習をさせるためにわざと獲物を放ったりすることも知られている[注釈 30]。一般に、生まれたばかりの若い個体のいる群れは移動速度が遅く、潜水時間も短い。このあたりから、バンドウイルカなどと非常に似通った習性を持つと考えられる。

2018年には、生後間もなく死んだ子供のシャチを3日間にわたり浮き上がらせようとする母シャチが確認された[55]

人間との関係 編集

 
ザトウクジラの子供を追い込む「オールド・トム(英語版)」と捕鯨業者(イーデン)。

捕鯨(直接の捕殺や飼育目的の捕獲を含む)以外では、混獲や船舶との衝突などの人間社会に由来する数々の脅威に晒されている。

一方で、ホエールウォッチングなどエコツーリズムにおける観察対象としても人気である。

特異な例として、19世紀下旬から20世紀上旬にかけてオーストラリアニューサウスウェールズ州の沿岸にいた「オールド・トム(英語版)」とその一族は、地元の捕鯨業者と協力関係を結び、ヒゲクジラ類を湾内に追い込んで褒美として肉を与えられていた。

飼育 編集

 
鴨川シーワールドでのシャチショー
 
マイアミ水族館で芸をするロリータという名のシャチ

人間には懐きやすく訓練への適応も高いので、幾つかの水族館で飼育され、ショーにも利用される。日本での初飼育は、1970年の鴨川シーワールドである[56]。「水族館生まれで二世を誕生させた日本初」は、鴨川シーワールド産の「ラビー」(1998年産・メス)である[56]

日本、アメリカ合衆国、カナダ、フランススペイン、アルゼンチンの6ヶ国11施設で、計42頭が飼育されている(2008年)。うち、野生個体(野生状態から捕獲した個体)13頭、繁殖個体(飼育下で出産された個体)29頭である[57]。日本国内での捕獲は学術目的以外では禁止されている[54]

過去には伊豆三津シーパラダイス太地町立くじらの博物館アドベンチャーワールドで飼育されていたが、死亡により扱う施設は減少し、日本でシャチが見られる水族館は2021年9月時点で鴨川シーワールドと名古屋港水族館の2館のみである。

シンボル 編集

アメリカ海軍海上自衛隊において、潜水艦乗組員の徽章はシャチをあしらったデザインだが、「ドルフィンマーク」と呼ばれている[58][59]

大阪市に本社を置く大和冷機工業株式会社はシンボルマークにシャチを採用しており、冷蔵庫や製氷機に掲げている。

Jリーグ・名古屋グランパスエイトの公式マスコットグランパスくん、およびその家族の「グランパスファミリー」は、いずれもシャチをモチーフにしている[60]

関西独立リーグ(さわかみ関西独立リーグ)の和歌山ウェイブスは、チームのロゴにシャチをあしらっている[61]

フィクション 編集

シャチはその知名度故に、海を舞台にした映画や、漫画などの作品に多く登場する。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 「逆叉」または「逆戟」。
  2. ^ 「高松鯨」または「高松海馬」。
  3. ^ 「殺し屋クジラ」の意。
  4. ^ repun kamuy(沖の神)
  5. ^ atuy koro kamuy(海持つ神)
  6. ^ kamuy humpe(神鯨)
  7. ^ ikoyki kamuy
  8. ^ reporun(ta) kamuy
  9. ^ tomarikoro kamuy
  10. ^ ciohayaku
  11. ^ kamuy cis
  12. ^ ikoyki humpe
  13. ^ mohacan kur
  14. ^ sihacan kur
  15. ^ imonkanukar kur
  16. ^ kamuy ottena
  17. ^ tominkar kamuy
  18. ^ kamuinkar kur
  19. ^ isoyanke kur
  20. ^ kamuy rametok
  21. ^ i koyki kamuy
  22. ^ i koyki humpe
  23. ^ iso yanke kur
  24. ^ バルデス半島など。
  25. ^ 千島列島カムチャッカ半島コマンドルスキー諸島オホーツク海など。
  26. ^ とくに根室海峡を中心とした知床半島から網走市根室市に至る海域、釧路市の沿岸、噴火湾室蘭から函館市)で目撃が多いが、礼文島周辺、襟裳岬檜山郡積丹町津軽海峡など道内の全域で確認されている。
  27. ^ とくに捕獲が多かったのは北海道三陸房総半島だが、東京湾瀬戸内海など各地で散発的な捕獲が存在した。東京湾では、1970年4月に現れた11頭の中の5頭が市原市で捕殺されている。
  28. ^ 海面へ自らの体を打ちつけるジャンプ。
  29. ^ 頭部を海面に出し、辺りを見渡すためと言われる行動。
  30. ^ このときに獲物は殺さず、教え終わったら逃がすケースも見られている。

出典 編集

  1. ^ Taylor, B.L., Baird, R., Barlow, J., Dawson, S.M., Ford, J., Mead, J.G., Notarbartolo di Sciara, G., Wade, P. & Pitman, R.L. (2008). "Orcinus orca". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2008. International Union for Conservation of Nature. 2008年12月14日閲覧
  2. ^ a b 広辞苑』第3版「さか-また【逆叉・逆戟】」九四四頁
  3. ^ 科博登録ID:32”. 国立科学博物館. 海棲哺乳類ストランディングデータベース. 2023年12月7日閲覧。
  4. ^ 森田勝昭, 1997年, 「『大日本水産会報(告)』における鯨・捕鯨関連記事(1)明治15年(1882)から明治26年(1893)まで」, 甲南女子大学研究紀要, 34号, 13-29頁
  5. ^ a b 環境庁自然保護局 (1998年3月). “シャチ”. 生物多様性センター環境省. 海域自然環境保全基礎調査 - 海棲動物調査報告書. pp. 54. 2023年12月7日閲覧。
  6. ^ 知里真志保『分類アイヌ語辞典』日本常民文化研究所、1953年。ASIN B000JB3WQ4 
  7. ^ a b 虎鯨-臺灣百種海洋動物”. Ocean Conservation Administration. 2023年12月7日閲覧。
  8. ^ May‐Collado, Laura; Agnarsson, Ingi (2006), “Cytochrome b and Bayesian inference of whale phylogeny”, Molecular Phylogenetics and Evolution 38 (2): 344–354, http://theridiidae.com/pdf/MayColladoandAgnarsson2006.pdf 
  9. ^ 祖一誠「題2章 シャチとの出会い」『海獣水族館』東海大学出版会、2010年、28頁。ISBN 978-4-486-01857-5 (1970年の『東京新聞』からの引用)
  10. ^ Animals explore discover.connect SeaWorld/Busch Gardens ANIMALS
  11. ^ 笠松不二男「1.5 現生のクジラ類とその特性」『クジラの生態』恒星社厚生閣、2000年、26頁。 
  12. ^ Pitman, Robert L. and Ensor, Paul. "Three forms of killer whales (Orcinus orca) in Antarctic waters" Journal of Cetacean Research and Management 5(2):131–139, 2003
  13. ^ Newsletter of the Puget Sound Chapter of the American Cetacean Society Spring 2004
  14. ^ 論文中offshore killer whaleと形容されるが、結論部で北太平洋のシャチとしてトラジエントとレジデントにのみ触れておりかつ全く食性が違うため、下記の北太平洋のオフショア型に対応するという意図ではないと思われる[要出典]
  15. ^ Killer Whale Northwest Fisheries Science Center(2015年4月28日閲覧)
  16. ^ 佐藤晴子, 石川聖江, 江崎逸郎, 笹森琴絵, 高橋俊男, 増田泰, 吉田孝哉, 2006年, 「1990o2005年の偶発的な目視情報に基づく,知床・根室海峡海域におけるシャチ(Orcinusorca)の出現傾向と写真識別カタログ」, 知床博物館研究報告, 27号, 9-36頁
  17. ^ 檜山管内各町基本情報”. 奥尻町. 2023年12月7日閲覧。
  18. ^ 市森大地, 鈴木駿介, 小島千里, 石森 謙太郎, 杉谷舞, 松田純佳, 小野雄大, 松石隆, 2013年, 「10年間にわたる津軽海峡鯨類目視調査にもとづく鯨類出現の季節性と経年変化」, 日本セトロジー研究, 23号, 29-33頁
  19. ^ 檜山管内各町基本情報”. 奥尻町. 2023年12月7日閲覧。
  20. ^ 中岡利泰, 2015年,「2015年北海道襟裳岬に出現したシャチの行動記録」. えりも研究, 第12号, 27-32頁, えりも町
  21. ^ 南防波堤でソイのちシャチ?”. 奥尻町 (2013年6月2日). 2023年12月7日閲覧。
  22. ^ 本間義治, 岩尾一, 箕輪一博, 中村幸弘, 青栁彰, 岩下雅彦, 大原 淳一, 2011年, 「新潟県沿岸・沖合における海生哺乳類の漂着・混獲・目撃記録(2009 年 1 月~ 2010 年 5 月)」, 日本セトロジー研究, 21号, 19-22頁
  23. ^ 漁師さんより“シャチ”情報がっっ!!( ゚Д゚)”. 銚子海洋研究所 (2020年1月8日). 2023年12月7日閲覧。
  24. ^ 科博登録ID:8980”. 国立科学博物館. 海棲哺乳類ストランディングデータベース. 2023年12月7日閲覧。
  25. ^ 科博登録ID:10417”. 国立科学博物館. 海棲哺乳類ストランディングデータベース. 2023年12月7日閲覧。
  26. ^ 石川創, 渡邉俊輝 (2014年). “山口県鯨類目録”. 下関鯨類研究室報告 No.2. pp. 1-14. 2023年12月7日閲覧。
  27. ^ 祝迫勝之 (2019年3月17日). “玄界灘に巨大シャチ 人気遊漁船の船長、ジャンプ撮った”. 朝日新聞. 2023年12月7日閲覧。
  28. ^ 長崎・対馬沖にシャチとイルカの群れ、海保巡視艇が相次ぎ確認…波乗りや並走も”. 読売新聞 (2023年3月6日). 2023年12月7日閲覧。
  29. ^ 対馬沖でイルカ500頭/シャチに追われ逃げる”. 四国新聞 (2013年6月1日). 2023年12月7日閲覧。
  30. ^ 沖縄県久米島沖、まさかの遭遇!悠々と泳ぐシャチの群れ”. 女性自身 (2017年3月6日). 2023年12月7日閲覧。
  31. ^ 沖縄の慶良間でシャチ発見!”. ブルーフィールド (2008年12月29日). 2023年12月7日閲覧。
  32. ^ 齐鲁网 (2019年7月24日). “罕见!长岛海域迎来鲸鱼群 体长近20米”. 凤凰网. 2023年12月7日閲覧。
  33. ^ 水産庁・水産総合研究センター (2015年). “シャチ 北西太平洋”. 国際漁業資源の現況. 平成26 年度国際漁業資源の現況. 2023年12月7日閲覧。
  34. ^ スマスイいきもの History - シャチ(骨格標本)
  35. ^ 宇仁義和, 谷田部明子, 石川創, 2015年,『NHKアーカイブス保存映像のなかの鯨類ストランディング』, 日本セトロジー研究第25号, 1-6頁
  36. ^ 科博登録ID:263”. 国立科学博物館. 海棲哺乳類ストランディングデータベース. 2023年12月9日閲覧。
  37. ^ “観光復活の起爆剤”シャチに期待の一方で漁業被害も 揺れる知床で生態調査に同行”. テレビ朝日. サンデーステーション (2023年6月12日). 2024年2月7日閲覧。
  38. ^ 한겨레. “追撃し、嚙みちぎり、溺れさせ…シャチのシロナガスクジラ狩りを初確認”. japan.hani.co.kr. 2022年6月26日閲覧。
  39. ^ Stephen Raverty et al. (2020-12-02). “Pathology findings and correlation with body condition index in stranded killer whales (Orcinus orca) in the northeastern Pacific and Hawaii from 2004 to 2013”. PLOS ONE. doi:10.1371/journal.pone.0242505. https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0242505. 
  40. ^ “シャチの天敵は海にはいない。その最大の敵は陸にいる(カナダ・アメリカ共同研究)”. ガラパイア. (2020年12月5日). https://www.excite.co.jp/news/article/Karapaia_52297141/?period=1 
  41. ^ 水口博也編集『シャチ生体ビジュアル百科』2015年、77頁。 
  42. ^ Elana Spivack (2023年5月2日). “In rare attack, 30 orcas 'badly wounded' 2 adult gray whales in California”. ライブ・サイエンス(英語版). 2023年7月10日閲覧。
  43. ^ Tia Ghose (2017年5月4日). “Humpbacks Block Killer Whale Feeding Frenzy in Wild Video”. ライブ・サイエンス(英語版. 2023年7月10日閲覧。
  44. ^ Jason Bittel, 鈴木和博(訳) (2016年8月10日). “ザトウクジラはシャチから他の動物を守る、研究報告”. ナショナルジオグラフィック日本語版. 2023年7月10日閲覧。
  45. ^ Jason Bittel, 鈴木和博(訳) (2023年9月11日). “【動画】シャチのアザラシ狩りになんとクジラが乱入、なぜ?”. ナショナルジオグラフィック日本版. 2023年10月9日閲覧。
  46. ^ 栗田壽男, 2010年,「シャチに襲われたマッコウクジラの行動」, 日本セトロジー研究会ニューズレター, 第25号
  47. ^ Charlotte Curé ,Ricardo Antunes, Filipa Samarra, Ana Catarina Alves, Fleur Visser, Petter H. Kvadsheim, Patrick J. O. Miller (2012年12月16日). “Pilot Whales Attracted to Killer Whale Sounds: Acoustically-Mediated Interspecific Interactions in Cetaceans”. PLOS. 2023年10月9日閲覧。
  48. ^ Renaud de Stephanis, Joan Giménez, Ruth Esteban, Pauline Gauffier, Susana García-Tiscar, Mikkel-Holger Strander Sinding, Philippe Verborgh (2014年4月16日). “Mobbing-like behavior by pilot whales towards killer whales: a response to resource competition or perceived predation risk?”. シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア. 2023年10月9日閲覧。
  49. ^ The moment a whale delivers a deadly 'karate chop' blow to a killer shark
  50. ^ 水口博也編集『シャチ生体ビジュアル百科』2015年、79頁。 
  51. ^ 観客の目の前、シャチが女性調教係死なす-米の水族館」『朝日新聞』2010年2月25日
  52. ^ Ker Than (2010年2月26日). “調教師の溺死、通常と違うシャチの行動”. ナショナル・ジオグラフィック. 2015年7月2日閲覧。
  53. ^ 「シャチ被害 年3500万円/道調査 2漁協から報告」『北海道新聞』朝刊2021年1月28日5面
  54. ^ a b 「シャチ漁業被害の瞬間 昆布森漁協漁師が動画 網ごと魚食いちぎる」『北海道新聞』朝刊2020年6月11日(社会面)2020年6月24日閲覧
  55. ^ “死んだ子どもに寄り添い続ける母親、シャチの窮状物語る カナダ”. CNN.co.jp. (2018年7月30日). https://www.cnn.co.jp/fringe/35123252.html 2018年8月2日閲覧。 
  56. ^ a b “シャチのラビーおめでた 鴨川シーワールド”. 房日新聞. (2008年6月5日). オリジナルの2013-4-23 23:11時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2013-0423-2311-58/www.bonichi.com/News/item.htm?iid=1351 2013年4月23日閲覧。 
  57. ^ 祖一誠「題2章 シャチとの出会い」『海獣水族館』東海大学出版会、2010年、37頁。ISBN 978-4-486-01857-5 
  58. ^ 徽章 階級章等アクセサリー 海自のファッション 海上自衛隊八戸航空基地
  59. ^ 「海上自衛隊の潜水艦で初の女性乗組員 広島 呉」NHK
  60. ^ 公式マスコット - 名古屋グランパスエイト
  61. ^ 和歌山ウェイブス