シャビ・エルナンデス

スペインのサッカー監督、元選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はエルナンデス第二姓(母方の)はクレウスです。
この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。
  • チャビ
  • シャヴィ

シャビ(Xavi)ことシャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus(カタルーニャ語: [ˈ(t)ʃaβi ərˈnandəz ˈkɾɛws] スペイン語: [ˈtʃaβj erˈnandeθ ˈkɾeus])、1980年1月25日 - )は、スペインカタルーニャ州バルセロナ県タラサ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。2021年11月からFCバルセロナの監督を務める。元スペイン代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー

シャビ Football pictogram.svg
Xavi Hernandez (31521652051).jpg
2016年のシャビ
名前
本名 シャビエル・エルナンデス・クレウス
Xavier Hernández Creus
愛称 Xavi
ラテン文字 XAVI
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1980-01-25) 1980年1月25日(42歳)
出身地 タラサ
身長 170cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF (CMF)
利き足 右足
ユース
1991-1997 スペインの旗 FCバルセロナ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-2000 スペインの旗 FCバルセロナB 55 (3)
1998-2015 スペインの旗 FCバルセロナ 505 (58)
2015-2019 カタールの旗 アル・サッド 82 (21)
通算 642 (82)
代表歴2
1997 スペインの旗 スペイン U-17 10 (2)
1997-1998 スペインの旗 スペイン U-18 10 (0)
1999 スペインの旗 スペイン U-20 6 (2)
1998-2001 スペインの旗 スペイン U-21 25 (7)
2000  スペイン U-23 6 (2)
2000-2014 スペインの旗 スペイン 133 (13)
2000-2014 カタルーニャ州の旗 カタルーニャ 11 (2)
監督歴
2019-2021 カタールの旗 アル・サッド
2021- スペインの旗 FCバルセロナ
獲得メダル
サッカー
オリンピック
2000 シドニー 男子
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月19日現在。
2. 2016年7月19日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

概要編集

FCバルセロナの伝統的なプレースタイルであるティキ・タカの具現化であると見なされており、史上最高のセントラルミッドフィールダーの一人[1][2][3][4]、史上最高のスペイン人選手と広く考えられている[3][5][6]。バルセロナとスペイン代表で獲得したタイトル数31はアンドレス・イニエスタに抜かれるまではスペイン人選手の最多記録であった[7][8]

シャビは1991年にバルセロナの育成機関であるラ・マシアに11歳で入り、1998年8月にマヨルカ戦で18歳でトップチームデビューを果たした。バルセロナではチームの中心として8度のリーガ・エスパニョーラ優勝と4度のUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験。クラブ史上初めて国際試合150試合に出場した選手にもなった[9]。2009年のFIFA最優秀選手賞で3位になり、その後継賞であるFIFAバロンドールでは2010年と2011年に3位に、2011年にはUEFA欧州最優秀選手賞で2位となった。FIFProベストイレブンを2回、UEFAチーム・オブ・ザ・イヤーを2回受賞。ラ・リーガでは2001年以降で全体2位となる通算130アシストを記録した[10]

2000年にスペインA代表デビューを果たした後、スペインの中心選手として通算133試合に出場した。2010 FIFAワールドカップでのスペインの初優勝、およびUEFA EURO 2008UEFA EURO 2012の連覇に不可欠な役割を果たした。EURO 2008では大会MVPに選出され[11]、2010 FIFAワールドカップで91%のパス成功率を達成し[3] ワールドカップオールスターチームに選出された[12]。2020年には史上最高の守備的ミッドフィールダーとして、歴代ベストイレブンであるバロンドール・ドリームチームに選出された[13]

名の日本語表記編集

Xaviの本人の発音は日本語の「チャビ」に近いものであり[14][15]、現地ではその発音が用いられている[16][17]。日本語では、FCバルセロナの公式サイト(監督就任以降)や[18]、一部のサッカーメディアが「チャビ」表記を使用している[19][20][21]。一方、2002 FIFAワールドカップ以降[要出典]、日本語メディアの多くは「シャビ」の表記を用いている[22][23][24][25][26][27]

クラブ経歴編集

 
ジョアン・ガンペール杯でのシャビ(2008年)

バルセロナ編集

カンテラ編集

1991年、11歳の時にFCバルセロナの下部組織に加入し、ラ・マシアに入寮した。はじめてもらった24ユーロ(約3200円)の給料は故郷の母へトースターをプレゼントするのに使ったという[28]。順調に下部組織のカテゴリーを昇格していき、1997年にはジョルディ・ゴンサルボが率いるFCバルセロナBに昇格し、セグンダ・ディビシオン(2部)昇格を果たしたチームのキープレーヤーであった。この頃、ACミランから4年契約で移籍オファーがあったが、家族から離れることを嫌い受けなかったと、後に母親がスペインメディア『TV Cuatro』のインタビューに応えて明かしている。

デビュー(1998年 - 2003年)編集

1998年8月18日、スーペルコパ・デ・エスパーニャマジョルカ戦でトップチームデビューし、その試合でプロ入り後初得点して[29] タイトル獲得に貢献した。10月3日のビジャレアル戦でリーガ・エスパニョーラデビューし、3-1で勝利を飾った。デビューしてからしばらくはFCバルセロナBとトップチームを往復する日々が続いたが、バリャドリード戦でリーガ初ゴールとなる決勝点を決めて[29]、以降は低迷していたチームの巻き返しに一役買い、ルイ・ファン・ハール監督率いるチームで鍵となる選手に成長していった。

1999-2000シーズンはレギュラーのMFジョゼップ・グアルディオラが負傷で試合を欠場することが多く、シャビがプレーメーカーの一番手で起用されるようになった。2000-01シーズンまではグアルディオラとコンビを組むことが多く、グアルディオラが退団した2001-02シーズンはMFフィリップ・コクーとコンビを組むことが多かった。2001-02シーズン、3月16日のレアル・マドリードとのエル・クラシコでクラシコ初ゴールを決めた[29]

ライカールト監督時代(2003年 - 2008年)編集

2003-04シーズンには下部組織からMFアンドレス・イニエスタが昇格し、退団したコクーに代わってコンビを組むことが多くなった。2004年夏にはチームの第2キャプテンに就任した。同年夏にはMFデコが加入し、イニエスタを含めた中盤の3人は抜群のコンビネーションを発揮し、2004-05シーズンのリーグ優勝に貢献した。2005年12月2日、練習中にグラウンドのぬかるみに足を取られて転倒し、左膝前十字靭帯を断裂する重傷を負った。手術では膝蓋腱英語版形成による靭帯の再生処置が施され、5ヶ月間のリハビリに取り組んだ。2006年4月のカディスCF戦でデコに代わって途中出場し、10分間プレーした。UEFAチャンピオンズリーグ決勝にも出場し、チームはリーグ戦UEFAチャンピオンズリーグの2冠を達成したが、シャビ自身にとっては不完全燃焼のシーズンであった。

グアルディオラ監督時代(2008年 - 2012年)編集

2006-072007-08シーズンと連続してリーグ優勝を逃したためにフランク・ライカールト監督が辞任し、かつてのチームメイトであるジョゼップ・グアルディオラが監督に就任した。2008-09シーズンは、リーガ・エスパニョーラコパ・デル・レイUEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成したチームの中で重要な役割を担った。2008年12月20日、クラブとの契約を2014年まで延長し[30]、クラブで最も高額な部類となる年俸750万ユーロに昇給した。2009年2月14日のベティス戦のフル出場で公式戦通算452試合フル出場を達成し、クラブ歴代2位のFWカルロス・レシャックのフル出場記録に並び、ランクの上にはDFミゲリ(548試合フル出場)しかいない。5月2日に行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは4アシスト(プジョルとアンリに対して1アシスト、メッシに対して2アシスト)を決め、6-2と大勝してリーグタイトル獲得を決定づけた。ビルバオとのコパ・デル・レイ決勝では駄目押しとなる直接フリーキックを決めた。マンチェスター・ユナイテッドとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では69分にリオネル・メッシの得点をアシストし、ペナルティエリアの外からゴールポストを叩くシュートを放った。最終的に2-0で勝利して自身2度目の優勝を果たし、同大会の最優秀MFに選出された。UEFAチャンピオンズリーグでは最多の7アシストを記録、リーグ戦ではシーズン中、キャリアで最高の20アシストを記録した[31]

2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテFC(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた[32]。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した[33][34]

2010-11シーズン、11月29日、5-0で完勝したエル・クラシコでは先制点をマーク[29]。12月にはFIFAバロンドールの最終候補3名が発表され、FCバルセロナのシャビ、イニエスタ、メッシの3人が候補を独占した[35]。あと一歩及ばずメッシに敗れてしまったが、シャビは「これはカンテラ(育成機関)への賞だ」とメッシの受賞をたたえた。

2011-12シーズン、FIFAクラブワールドカップ決勝のサントス戦では1ゴールを決めて優勝に貢献した[29]。またリーガでは12月10日のレアル・マドリード戦でゴールを決めて勝利に貢献するなど、キャリアで最高のシーズン10ゴールを決めた。

バルセロナ退団まで(2012年 - 2015年)編集

 
カタールのアル・サッドへの移籍

2014-15シーズン、4月28日のヘタフェ戦でゴールを決めたが[36]、これが結果的にバルサでの最後のゴールとなった。2015年5月21日、記者会見を開いて17年間すごしたFCバルセロナの退団を発表、同時に2014-15シーズン終了後にカタールアル・サッドへの移籍を発表した[37]。最終シーズンでは控えに回ったものの、チームはリーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイチャンピオンズリーグでの2度目の三冠を達成してタイトル獲得数を25に伸ばし、最高の成績でラストシーズンを飾った。

アル・サッド編集

2015年6月11日、カタール到着後に入団会見を開いた。背番号はバルセロナ時代と同じ6番に決定した[38]。「カタールで多くの選手がプレーしたことは分かっている。僕の友達でもあるラウールもその一人だね。僕はアラブの文化について学びたいと思っている」と新天地での抱負を語った。

2019年5月2日、2018-19シーズン限りでの現役引退を表明し[39]、5月20日のAFCチャンピオンズリーグペルセポリスFC戦を最後に引退した[40][41]

代表経歴編集

 
UEFA EURO 2008でのシャビ

年代別代表編集

2000年にはシドニーオリンピックに出場し、銀メダルを獲得した。決勝ではFWサミュエル・エトオを擁するカメルーン代表と対戦し、シャビがフリーキックで先制点を決め、DFガブリが追加点を挙げたが、最終的にPK戦で敗れた。

A代表編集

2000年11月15日、オランダとの親善試合でスペイン代表デビューを飾った。ホセ・アントニオ・カマーチョ監督がスペイン代表を率いた2002 FIFAワールドカップには控え選手の立場で参加したが、準々決勝の韓国戦では試合の流れを変える切り札として延長戦前半途中から投入され、PK戦では3番手キッカーとして出場したが、PK戦に敗れて敗退した[42]イニャキ・サエス監督が率いたUEFA EURO 2004では出場機会を全く与えられず、1勝1敗1分でグループリーグ敗退に終わった。UEFA欧州選手権後にはMFルベン・バラハ、MFフアン・カルロス・バレロン、MFイバン・デ・ラ・ペーニャ、MFグティ、MFシャビ・アロンソなどとポジションを争い、ルイス・アラゴネス監督の信頼を得てレギュラーに定着した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では10試合中8試合に出場し、スロバキアとのプレーオフを勝ち抜いて本大会出場を決めた。プレーオフのファーストレグでは初めて背番号4を着け、2アシストの活躍で5-1の大勝に貢献した[43]

UEFA EURO 2008編集

チームの主軸のひとりであったUEFA EURO 2008ではイニエスタ、MFダビド・シルバ、MFセスク・ファブレガスとともにCuatro Jugones(クアトロ・フゴーネス、4人の創造者)と呼ばれる中盤を形成し[44]、ショートパスの連続でボール支配率を高めて44年ぶり2度目の優勝に導いた。準決勝のロシア戦では先制点を挙げ、決勝のドイツ戦ではFWフェルナンド・トーレスの決勝点をアシストした。UEFAによって大会最優秀選手に選出された[45]。準決勝でシャビが決めた得点は大会通算500得点目のメモリアルゴールであった[46]

2010 FIFAワールドカップ編集

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でも中心選手としてチームを引っ張り、10戦10勝で本大会出場を決めた。本大会グループリーグスイスとの初戦は0-1で敗れたが、ホンジュラスチリに勝利してグループリーグ突破を決め、決勝トーナメントではポルトガルパラグアイドイツオランダを倒して初優勝を飾った。決勝トーナメント1回戦ではヒールパスでFWダビド・ビジャの決勝点をアシストし、準決勝ではコーナーキックでDFカルレス・プジョルの得点をアシストした。決勝までの7試合で669本のパスを試みて544本を成功させ、そのパス成功率は81%にも達した[47]。パス本数はバスティアン・シュバインシュタイガーに104本差をつけて参加選手中最多を誇り、パス成功本数が500本を越えたのは彼だけであった[47]。また、43本のコーナーキックを蹴って26本を味方に合わせたが、キック数・成功本数ともに2位を大きく引き離してトップだった[47]。7試合で全選手中トップの80.2kmの走行距離を記録し、1試合平均走行距離は11.4kmに達した[48]。ペナルティエリア内にボールを運んだ回数も全選手中トップの20回を記録した[49]

UEFA EURO 2012編集

2011年3月25日のUEFA EURO 2012予選チェコ戦で、スペイン代表史上4人目となる代表100試合出場を達成した[50]UEFA EURO 2012ではスペインの全6試合に先発出場[51]、決勝のイタリア戦ではアルバトーレスのゴールをアシストして勝利[52]、2大会連続の優勝に重要な役割を果たした。

2014年ワールドカップでは、グループリーグ初戦のオランダ戦にフル出場したが、同大会での出場はこの1試合のみであった[51]。スペインはグループリーグ敗退に終わり、シャビは代表引退を表明した[53]

監督経歴編集

 
アル・サッドを率いるシャビ(2020年)

アル・サッド編集

2019年にアル・サッドで選手としての現役を引退した後、アル・サッドの監督に就任した[54]。2021年3月7日にはカタール・スターズリーグ第18節のウム・サラルSC戦を3-0で勝利し、リーグ戦を4試合を残してチームを無敗優勝に導いた[55]。2021年11月5日、監督に就任してからの2年半で7つのタイトルを獲得したアル・サッドとの契約解除をクラブ間合意したことを発表した[56]

バルセロナ編集

2021年11月6日、ロナルド・クーマンの後任として2024年6月までの契約でFCバルセロナの監督に就任することを発表し[57][58]、8日に監督就任会見が行われた[59]

2021-22シーズン編集

2021年11月20日のラ・リーガ第14節のバルセロナダービーで監督として初めてバルセロナを率い、メンフィス・デパイのPKによる得点を守り切り1-0の勝利で初陣を飾った[60]

UEFAチャンピオンズリーグではグループステージ2試合が残されていたものの、11月23日に本拠地カンプ・ノウで行われたベンフィカとの試合は0-0で引き分け、12月8日のFCバイエルン・ミュンヘン戦では0-3と完敗を喫したため、バルセロナはグループステージ3位となった。

2022年1月12日、監督として初めてのクラシコとなったスーペルコパ・デ・エスパーニャ準決勝では延長戦の末に2-3で惜しくも敗れた[61]。翌週のコパ・デル・レイアスレティック・ビルバオ戦も同じく延長戦の末に2-3で敗れたが、その次のリーグ戦22節でアラベスに1-0で勝利したのを皮切りに、その後は14試合無敗を続けた。

3月20日、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われたクラシコでは、レアル・マドリードのエースであるカリム・ベンゼマの欠場やルカ・モドリッチを偽9番に配置するカルロ・アンチェロッティの奇策が不発したことあり、4-0で圧勝した[62]

就任後の積極的な補強や、それまで怪我や遅刻を繰り返していたウスマン・デンベレを復活(リーグ戦21試合で1ゴール13アシストを記録)させるなどし、就任時点ではリーグ戦9位だったのを最終的に2位にまで立て直した。しかし、勝ち点73(そのうちシャビは勝ち点56に貢献)はバルセロナの過去10年間のリーグ成績で最も低かった[63]

2022-23シーズン編集

2022年の夏の移籍市場では、クラブの財政難にもかかわらずロベルト・レヴァンドフスキハフィーニャジュール・クンデらを含む7人を獲得した一方で、リキ・プッチオスカル・ミンゲサといったラ・マシア出身の選手やピャニッチブライトバイテらを手放してチームを刷新していった。

シーズン初戦のラージョ・バジェカーノ戦こそスコアレスドローだったが[64]、その後は勝利を重ねた。

プレースタイル編集

 
フリーキックを蹴るシャビ

スペイン語で「ティキ・タカ」と呼ばれている「パスの細かな連携によって組み立てるサッカー」「パスを受けると同時に次にパスすることを繰り返すことで組み立てるサッカー」では欠かせない存在。ルーズボールへの対応にも秀でており、重要な局面でこぼれ球からの得点をいくつも重ねている。テクニック面が注目されがちだが、スタミナやけがの耐性にも優れている。また守備能力にも優れており、「相手からボールを奪い取る技術にも長けている」と考えられている[65][66][67][68][69]

人物編集

父親はセミプロのサッカー選手であったホアキン・エルナンデス[70]

2013年7月に1年半交際していた女性と結婚式を挙げた[71]

個人成績編集

クラブ ディビジョン シーズン リーグ カップ CL EL 国内
スーパー杯
UEFA
スーパー杯
FIFA
CWC
シーズン通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
FCバルセロナB セグンダB 1997-98 33 2 39 2
セグンダ 1998-99 18 0 18 0
セグンダB 1999-00 4 1 4 1
通算 55 3 61 3
FCバルセロナ プリメーラ 1998-99 17 1 2 0 6 0 1 1 26 2
1999-00 24 0 4 1 10 1 0 0 38 2
2000-01 20 2 7 0 3 0 6 0 36 2
2001-02 35 4 1 0 16 0 52 4
2002-03 29 2 1 0 14 1 44 3
2003-04 36 4 6 0 7 1 49 5
2004-05 36 3 1 0 8 0 45 3
2005-06 16 0 0 0 4 0 2 0 22 0
2006-07 35 3 7 2 7 0 2 1 1 0 2 0 54 6
2007-08 35 7 7 1 12 1 54 9
2008-09 35 6 5 1 14 3 54 10
2009-10 34 3 3 2 11 1 2 1 1 0 2 0 53 7
2010-11 31 3 6 0 12 2 1 0 50 5
2011-12 31 10 7 2 9 1 2 0 1 0 1 1 51 14
2012-13 30 5 5 0 11 1 2 1 48 7
2013-14 30 3 5 0 10 1 2 0 47 4
2014-15 31 1 4 0 10 0 43 1
通算 505 58 70 9 157 12 13 1 14 4 3 0 5 1 767 85
アル・サッド スターズリーグ 2015-16 24 3 3 0 1 0 30 3
2016-17 26 10 3 0 1 0 32 10
2017-18 18 6 0 0 7 1 28 7
2018-19 14 2 3 0 8 3 27 5
通算 82 21 9 0 17 4 117 25
キャリア通算 642 82 79 9 174 16 13 1 14 4 3 0 5 1 945 113

試合数編集

国際Aマッチ 133試合 13得点(2000年-2014年)


スペイン代表国際Aマッチ
出場得点
2000-01 1 0
2001-02 5 0
2002-03 8 0
2003-04 5 0
2004-05 8 1
2005-06 13 0
2006-07 7 3
2007-08 16 4
2008-09 14 1
2009-10 17 0
2010-11 7 1
2011-12 14 1
2012-13 13 1
2013-14 7 1
通算 133 13

ゴール編集

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1. 2005年5月26日   サラマンカ   中国 2-0 3-0 親善試合
2. 2006年9月6日   ベルファスト   北アイルランド 0-1 3-2 UEFA EURO 2008予選
3. 2006年10月11日   ムルシア   アルゼンチン 1-0 2-1 親善試合
4. 2007年6月2日   リガ   ラトビア 0-2 0-2 UEFA EURO 2008予選
5. 2007年9月12日   オビエド   ラトビア 1-0 2-0 UEFA EURO 2008予選
6. 2007年11月21日   ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア   北アイルランド 1-0 1-0 UEFA EURO 2008予選
7. 2008年6月4日   サンタンデール   アメリカ合衆国 1-0 1-0 親善試合
8. 2008年6月26日   ウィーン   ロシア 0-1 0-3 UEFA EURO 2008
9. 2008年8月20日   コペンハーゲン   デンマーク 0–2 0-3 親善試合
10. 2011年3月29日   カウナス   リトアニア 0-1 1-3 UEFA EURO 2012予選
11. 2011年9月6日   ログローニョ   リヒテンシュタイン 3-0 6-0 UEFA EURO 2012予選
12. 2012年9月7日   ポンテベドラ   サウジアラビア 3-0 5-0 親善試合
13. 2013年10月11日   パルマ・デ・マヨルカ   ベラルーシ 1-0 2-1 2014 FIFAワールドカップ予選

監督成績編集

2022年9月9日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
アル・サッド   2019年5月28日 2021年11月6日 102 67 17 18 065.69
バルセロナ   2021年11月6日 42 24 10 8 057.14
合計 144 91 27 26 063.19

代表歴編集

出場大会編集

タイトル編集

クラブ (選手)編集

FCバルセロナ
アル・サッド

代表編集

 
EURO 2012優勝杯をイケル・カシージャスと掲げるシャビ
U-20スペイン代表
U-23スペイン代表
スペインA代表

個人 (選手)編集

監督編集

脚注編集

  1. ^ Is Barcelona star Xavi the best centre midfielder of all time?”. Goal.com (2010年11月30日). 2014年1月19日閲覧。
  2. ^ CL Special: Xavi – The Best Centre Midfielder In The World, The Symbol Of Pure Football”. Goal.com (2009年5月28日). 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ a b c "Xavi confirmed his place as Spain's best ever player before retiring... His style defined the country's golden generation". Daily Mail. Retrieved 7 August 2014
  4. ^ Xavi Bio, Stats, News – Football”. ESPN (1980年1月25日). 2014年1月19日閲覧。
  5. ^ "Xavi: Spain’s greatest ever footballer?" Archived 11 June 2015 at the Wayback Machine.. Eurosport. Retrieved 22 January 2016
  6. ^ "Sergio Busquets: Xavi is Spain's best player of all time". Fox Sports. Retrieved 22 January 2016
  7. ^ “Xavi – a record title winner”. FC Barcelona. (2012年7月7日). http://www.fcbarcelona.com/football/first-team/detail/article/xavi-a-record-title-winner 2015年3月11日閲覧。 
  8. ^ Overview: Xavi (25) becomes the Spanish player with most official trophies ever”. News-football.net (2013年8月30日). 2014年1月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月19日閲覧。
  9. ^ “Xavi, 150 international games with Barça”. FC Barcelona. (2012年10月23日). http://www.fcbarcelona.com/football/first-team/detail/article/xavi-150-international-games-with-barca 2015年3月11日閲覧。 
  10. ^ “メッシが21世紀のアシスト王 イニエスタは4位”. www.nikkansports. (13 Feburary 2020). https://www.nikkansports.com/soccer/world/news/202002130000218.html 2020年7月10日閲覧。 
  11. ^ “Xavi emerges as EURO's top man”. UEFA. (2008年6月30日). オリジナルの2009年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090501220833/http://en.euro2008.uefa.com/news/kind=1/newsid=729378.html#xavi+emerges+euros 2009年4月20日閲覧。 
  12. ^ Spain midfielder Xavi announces his retirement from international football”. The Guardian (2014年8月5日). 2022年1月7日閲覧。
  13. ^ Ballon d'Or Dream Team : Découvrez les révélations de ce onze de légende ! France Football 2020年12月15日閲覧。
  14. ^ 倉敷保雄(MC)、小澤一郎(解説) (2021年11月28日) (日本語). セビージャ定点観測 その1 (インターネット番組). サッカーキング. 該当時間: 3:11. https://www.youtube.com/watch?v=eFQrqAidab8&t=191 2022年1月15日閲覧。 
  15. ^ 原大悟(MC)、小澤一郎(コメンテーター)、菅原慎吾(コメンテーター) (2021年11月22日) (日本語). サッカーニュース Foot! MONDAY (テレビ番組). J SPORTS. https://jod.jsports.co.jp/p/football/foot/91882-V 2022年1月15日閲覧。 
  16. ^ シャビ・エルナンデス” (日本語). ゲキサカ. 2022年1月15日閲覧。
  17. ^ シャビがついにバルセロナ帰還!1万人のサポーターを前に「鳥肌が立っている。私たちは世界最高のクラブだ」”. Goal.com (2021年11月8日). 2022年1月15日閲覧。
  18. ^ Xavi Hernández” (日本語). FCバルセロナ公式サイト. 2022年1月15日閲覧。
  19. ^ 3連勝逃したバルセロナ、チャビ監督「自己批判しなければ。怒っている」”. Goal.com (2022年1月9日). 2022年1月15日閲覧。
  20. ^ 「悲しいし、腹も立つ」レアルのカウンターに沈んだバルサ、チャビ監督は結果を悔やむも「正しい道を歩んでいる」【超ワールドサッカー】” (日本語). 超ワールドサッカー (2022年1月13日). 2022年1月15日閲覧。
  21. ^ チャビ監督がアンス・ファティの復帰時期を明言「スーペルコパで」” (日本語). DAZN (2022年1月8日). 2022年1月15日閲覧。
  22. ^ シャビ新監督 バルサファンにお披露目「ルールが第一」” (日本語). AFPBB News (2021年11月9日). 2022年1月15日閲覧。
  23. ^ シャビ新監督が就任、古巣バルサ立て直しに意気込み「全て勝つ」” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2021年11月10日). 2022年1月15日閲覧。
  24. ^ バルセロナ・シャビ新監督「世界最高クラブは勝たなければ」就任後初の肉声” (日本語). 日刊スポーツ. 2022年1月15日閲覧。
  25. ^ 横井伸幸 (2021年12月8日). “バルサ監督シャビが9年前に語っていた“選手の素質”「『そのサイズで中盤は無理だ』って。だけどみんな僕を手本にしている」” (日本語). Number Web. 2022年1月15日閲覧。
  26. ^ バルサ、2度のリードを守れずドロー…シャビ監督「改善すべき点は多くある」” (日本語). サッカーキング (2022年12月13日). 2022年1月15日閲覧。
  27. ^ バルセロナ、シャビ監督のサッカーは「疲れる」。その初陣はどうだったのか。さっそく表れた変化は…【分析コラム】” (日本語). フットボールチャンネル (2021年11月21日). 2022年1月15日閲覧。
  28. ^ “究極の野望”を抱くシャビ”. UEFA.com (2009年9月22日). 2009年9月23日閲覧。
  29. ^ a b c d e Xavi all goals”. www.transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。
  30. ^ シャビがバルセロナと契約延長”. UEFA.com (2008年12月20日). 2010年12月9日閲覧。
  31. ^ キャリア最多19アシストに到達したメッシ チャビが持つクラブ記録に迫る”. sport-japanese.com (2020年7月9日). 2020年7月10日閲覧。
  32. ^ Barcelona Star Lionel Messi Wins The Trofeo Alfredo Di Stefano”. Goal.com (2010年6月3日). 2010年6月15日閲覧。
  33. ^ “Xavi extends deal until 2016”. FC Barcelona. (2010年6月9日). http://www.fcbarcelona.com/web/english/noticies/futbol/temporada09-10/06/09/n100609111479.html 2010年6月27日閲覧。 
  34. ^ シャビとペドロ、バルサと契約延長”. UEFA.com (2010年6月9日). 2010年12月9日閲覧。
  35. ^ Lionel Messi, Xavi and Andrés Iniesta shortlisted for Ballon d'Or”. The Guardian (2010年12月6日). 2010年12月27日閲覧。
  36. ^ FC Barcelona - Getafe CF April 28 2015 match sheet”. www.transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。
  37. ^ http://www.fcbarcelona.jp/football/first-team/detail/article/xavi-hernandez-now-is-the-time-to-go
  38. ^ シャビが新天地到着「アラブの文化について学びたい」。背番号は「6」 footballchannel 2015年6月12日
  39. ^ 元バルサMFシャビが今季限りでの現役引退を表明…指導者の道へ” (日本語). サッカーキング (2019年5月3日). 2022年1月15日閲覧。
  40. ^ 小宮良之 (2019年5月15日). “「バルサの化身」。現役を引退するシャビが目指す監督像とは?” (日本語). web Sportiva. 2022年1月15日閲覧。
  41. ^ 小宮良之 (2019年6月2日). “天才MFシャビが現役引退。名将グアルディオラを超えるか?” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年1月15日閲覧。
  42. ^ Korean dream lives on”. BBC Sport (2002年6月22日). 2010年12月27日閲覧。
  43. ^ Spain 5-1 Slovakia”. BBC Sport (2005年11月12日). 2010年12月27日閲覧。
  44. ^ 孤独な老将は夢を見る スペイン代表の終わりなき航海”. スポーツナビ (2008年5月31日). 2010年12月9日閲覧。
  45. ^ シャビMVP、優秀選手にアルシャビンら”. ニッカンスポーツ (2008年7月1日). 2010年12月9日閲覧。
  46. ^ Russia 0-3 Spain”. BBC Sport (2008年6月26日). 2010年12月27日閲覧。
  47. ^ a b c 2010 FIFA World Cup South Africa: Players – Passes”. FIFA.com (2010年7月11日). 2010年12月9日閲覧。
  48. ^ 2010 FIFA World Cup South Africa: Players - Distance covered”. FIFA.com (2010年7月11日). 2010年12月9日閲覧。
  49. ^ 2010 FIFA World Cup South Africa: Players - Top attacks”. FIFA.com (2010年7月11日). 2010年12月9日閲覧。
  50. ^ スペイン代表、チャビとビジャがそれぞれ記録達成 Livedoorスポーツ 2011年3月26日
  51. ^ a b Xavi National team”. www.transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。
  52. ^ Spain - Italy Jul1 2012”. www.transfermarkt. 2020年3月19日閲覧。
  53. ^ “Xavi Hernandez: Barcelona legend quits Spain duty”. BBC Sport. (2014年8月5日). https://www.bbc.com/sport/0/football/28654486 2015年3月11日閲覧。 
  54. ^ シャビ、アルサッドとの契約を2023年まで延長…退任報道から一転”. ゲキサカ (2021年5月23日). 2021年10月29日閲覧。
  55. ^ シャビ率いるアル・サッドがリーグ制覇! ここまで無敗で首位を独走”. サッカーキング (2021年3月8日). 2021年10月29日閲覧。
  56. ^ バルセロナ、シャビ監督の就任は目前…アル・サッドがクラブ間合意を発表”. サッカーダイジェスト (2021年11月5日). 2021年11月6日閲覧。
  57. ^ シャビ・エルナンデス、FCバルセロナ新監督” (日本語). FCバルセロナ (2021年11月3日). 2021年11月6日閲覧。
  58. ^ レジェンド帰還!! バルセロナがシャビ監督との契約合意を正式発表”. ゲキサカ (2021年11月6日). 2021年11月6日閲覧。
  59. ^ おかえりなさい、チャビ!” (日本語). FCバルセロナ (2021年11月8日). 2021年11月9日閲覧。
  60. ^ バルセロナ監督としての初陣を飾ったシャビ「なぜ全タイトル狙わない?私たちはバルサであり、信じなくてはならない」 Goal.com 2021-11-21
  61. ^ チャビ、延長戦で敗れたクラシコに…「私たちは決勝への切符をつかんでいた。レアル・マドリーにもその感覚があるはず」 Goal.com 2022-01-13
  62. ^ クラシコは驚愕スコア…バルサが首位独走レアルに4-0大勝! 相手の“奇策”に動じず終始圧倒 ゲキサカ 2022-03-21
  63. ^ バルセロナ、ここ10年で最低勝ち点に…チャビ監督「タイトルを争うために多くのことを変えなければ」 Goal.com 2022-5-23
  64. ^ 超強力陣容もドロースタートのバルセロナ…チャビ「失望している。人々の期待が重くのしかかったのかもしれない」 Goal.com 2022-08-14
  65. ^ チャビ・エルナンデス FCBarcelona.jp
  66. ^ シャビ jiji.jp
  67. ^ チャビ OCNスポーツ
  68. ^ シャビ Number Web
  69. ^ シャビ・エルナンデス Number Web
  70. ^ 河上清、澤田優子『サッカースターの少年時代 プロになった16人の成長物語』株式会社学研マーケティング、2013年、168ページ、ISBN 978-4-05-800104-2
  71. ^ バルサMFシャビが挙式…メッシやイニエスタらが夫人とともに出席”. サッカーキング (2013年7月14日). 2013年8月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集