シャミッソー賞[1](シャミッソーしょう、: Chamisso Prize)は、ドイツの文学賞。

シャミッソー賞
受賞対象ドイツ語を母語としないドイツ語作家
ドイツの旗 ドイツ
主催ボッシュ基金
初回1985年
公式サイト公式サイト

正式名称は、アーデルベルト・フォン・シャミッソー賞 (: Adelbert-von-Chamisso-Preis) であるが[2][3]、一般的にはシャミッソー賞もしくはシャミッソー文学賞[4]と呼ばれる。

フランスシャンパーニュに生まれながら、ドイツに亡命した経験があり、その2国で活躍した、詩人、植物学者のアーデルベルト・フォン・シャミッソーにちなんで、1985年にボッシュ基金 (en:Robert Bosch Stiftung) をもとに創設され、毎年、シャミッソー賞および奨励賞、場合によっては、栄誉賞の授賞が行われた[1][2][5]。この賞は、2017年に終了している[6]

ドイツ語を母語としないにも関わらず、ドイツ語で文学活動を行っている作家が選考の対象とされる[7][8]。この賞を受けた作品については、かつては、移住文学もしくはゲストワーカー文学などと呼ばれたこともあったが、次第に、現代のドイツ文学のジャンルの1つになっていった[6]。開催期間中、20以上の国の78人の作家に対して賞が授与された[6]

第1回シャミッソー賞の受賞者は、トルコ出身のアーラス・エーレン (de:Aras Ören)、奨励賞がシリアダマスカス出身のラフィク・シャミである[1][3]。日本出身の作家では、1982年からドイツに在住している多和田葉子1996年に受賞している[9]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c デジタル大辞泉プラスの解説”. コトバンク. 2019年2月10日閲覧。
  2. ^ a b 土屋勝彦「越境文学研究とドイツ語圏越境文学 (特集 トランスナショナリズム) -- (越境の文学) (PDF) 」 『人間文化研究所年報』第2号、名古屋市立大学人間文化研究所、2007年3月、 4-8頁、 ISSN 18812686NAID 40015884786
  3. ^ a b 西口拓子「ふるさとシリアを描き続ける作家ラフィク・シャミ」『専修大学人文科学研究所月報』第245号、専修大学人文科学研究所、2010年5月、 69-90頁、 doi:10.34360/00007250ISSN 03878694NAID 1200067935482021年5月10日閲覧。
  4. ^ 第二回(2009年度) 早稲田大学坪内逍遙大賞選考委員会”. 早稲田大学 (2009年9月30日). 2019年2月10日閲覧。
  5. ^ シャミッソー”. コトバンク. 2019年2月10日閲覧。
  6. ^ a b c Adelbert von Chamisso Prize of the Robert Bosch Stiftung”. ボッシュ基金. 2019年2月10日閲覧。
  7. ^ Adelbert-von-Chamisso-Preis der Robert Bosch Stiftung”. ボッシュ基金. 2019年2月10日閲覧。
  8. ^ 阿部津々子「ドイツ・ポーランド善隣友好協力条約締結25周年と「見えない」在独ポーランド人社会」『言語文化共同研究プロジェクト』第2016号、大阪大学大学院言語文化研究科、2017年5月、 41-50頁、 doi:10.18910/62085NAID 1200063191542021年5月10日閲覧。
  9. ^ 多和田葉子|TAWADA Yoko”. さいたまトリエンナーレ. 2019年2月10日閲覧。