シャルギー(東洋人)

シャルギー(東洋人)』 (シャルギー(とうようじん)[1]ペルシア語: شرقیシャルギー[2]、英題:The Eastern)は、イランドキュメンタリー映画

イスラム学者井筒俊彦の生涯と業績について、井筒の友人や教え子、そしてイランを初め世界各国の著名人とのインタビューをもとに描く[3][4]。制作・脚本・監督はマスウード・ターヘリー[4]

日本では2018年7月24日に公開された(主催:イラン文化センター)[4]東京イラン映画祭でも上映予定である[5]

製作編集

本作の目的は、井筒俊彦の研究をより客観的な立場から紹介し、制作を通じて文化交流を行うことにある。

企画は2015年2月に開始された。撮影は2015年9月から2017年5月までかかり、移動距離は14万2000キロにも及んだ。挿入曲は今回のドキュメンタリーのためにオリジナル曲が用意され、2016年5月から制作が開始、公開直前まで調整が続いた。

撮影はイラン、日本、ヨーロッパ諸国、トルコカナダアメリカ合衆国ロシア等の13か国でおこなわれた[6]。制作時、政治的に不安定であったシリアも撮影地に含まれている。

インタビューでは、ペルシア語日本語フランス語スペイン語ドイツ語イタリア語トルコ語ロシア語アラビア語ウルドゥー語などが使用され、各言語の専門通訳を介して収録された。

文献調査に多くの時間を費やし、その過程で新たに発見された貴重な史料がある。また、今回の映画で初公開となる証言や文書、書簡も収録されている。

出演者編集

この映画でのインタビューでは、100名以上の著名人や知識人が出演している。以下はその一部である。

日本編集

  • 鎌田繁(イスラーム学・イスラーム哲学者、東京大学東洋文化研究所元教授)
  • 黒田壽郎(井筒俊彦の弟子、イスラーム学者、元国際大学教授、同大学中東研究所所長)
  • 小林春夫(イスラーム学者、スフラワルディー研究、日本オリエント学会理事、東京学芸大教授)
  • 駒野欽一(イラン学者、国際大学教授、テヘラン駐箚日本国元全権大使)
  • 澤井義次(井筒俊彦の弟子、宗教学者、天理大学教授、井筒俊彦全集編集委員)
  • 竹下政孝(イスラーム学者、博士(哲学、シカゴ大学)東京大学元教授)
  • 野元晋(イスラーム学者、哲学博士、慶應義塾大学言語文化研究所教授、井筒俊彦全集編集委員)
  • 松本耿郎(井筒俊彦の弟子、イスラーム学者)
  • 森本公誠(東大寺長老、東大寺総合文化センター総長、イスラーム学者)
  • 若松英輔(批評家、井筒俊彦全集編集委員)

イラン編集

諸外国編集

  • イブラヒム・アラシュ(トルコ、イスラーム哲学者、アンカラ大学)
  • イーサー・アリー・アル=アークーブ(シリア、アレッポ大学文学部教授)
  • ロバート・ウィスノスキー(カナダ、イスラーム学者、マギル大学イスラーム研究所所長)
  • ワーリド・サーレフ(カナダ、トロント大学教授、クルアーン・イスラーム学者)
  • アリー・メルトハン・デュンダル(トルコ、アンカラ大学、日本学・タタール学教授)
  • ウルリッヒ・ブランデンブルク(スイス、博士、日本学者、チューリッヒ大学)
  • ジェームズ・ウィンストン・モリス(アメリカ、井筒俊彦の弟子、博士、神学者、イスラーム学者、ボストン大学教授)
  • ヘルマン・ランドルト(スイス、イスラーム神秘主義研究者、ロンドンイスマイール研究所教授)
  • ピエール・ローリー(フランス、アンリ・コルバンと井筒俊彦の弟子、哲学者、イスラーム学者、パリ大学元教授)
  • ガリナ・ヴィクトリア・ヤクシャシュヴァ(ロシア、東洋学者、文学博士)

関連資料編集

  • 吉田悠樹彦「ドキュメンタリーが示す新たな井筒俊彦とその可能性」Neoneo Web[7]

脚注編集

  1. ^ タイトルの表記はメディアによって「『東洋人』(シャルギー)」とされる場合がある(後注のPars Todayの記事を参照)。
  2. ^ مستند «شرقی» در ژاپن رونمایی می شود - اخبار سینمای ایران و جهان - سینماپرس (ペルシア語)
  3. ^ Documentary on Life of Japanese Qur’an Scholar”. 2018年7月27日閲覧。
  4. ^ a b c “日本で、井筒俊彦氏関連のドキュメンタリー映画「東洋人」(シャルギー)が公開”. Pars Today. (2018年7月25日). http://parstoday.com/ja/news/japan-i46687 2018年7月27日閲覧。 
  5. ^ Iranian Film Festival in Tokyo”. 2018年7月27日閲覧。
  6. ^ “日本のイスラム学者、井筒俊彦氏の生涯を描いた映画、制作終了”. Pars Today. (2018年7月15日). http://parstoday.com/ja/news/japan-i46420 2018年7月27日閲覧。 
  7. ^ . (2018年9月1日). http://webneo.org/archives/46083 ドキュメンタリーが示す新たな井筒俊彦とその可能性title=newspaper=NEONEOWeb 2018年9月1日閲覧。 

外部リンク編集