メインメニューを開く

シャルリ・ビロドー

カナダのフィギュアスケート選手

シャルリ・ビロドーフランス語: Charlie Bilodeau, 1993年8月6日 - )は、カナダ出身のフィギュアスケート選手(ペア)。パートナーはリュボーフィ・イリュシェチキナジュリアン・セガンなど。

Pix.gif シャルリ・ビロドー
Charlie Bilodeau
Figure skating pictogram.svg
2015 Grand Prix of Figure Skating Final Julianne Séguin Charlie Bilodeau IMG 8526.JPG
2015年GPファイナルのFSにて
基本情報
代表国: カナダの旗 カナダ
生年月日: (1993-08-06) 1993年8月6日(26歳)
出生地: ケベック州 リムースキ
身長: 180 cm
パートナー: リュボーフィ・イリュシェチキナ
元パートナー: ジュリアン・セガン、クリステル・デジャルダン
コーチ: リチャード・ゴーチエ
元コーチ: ブルーノ・マルコット
ジョゼ・ピシャール
マルカンドレ・グレグ
ヴァレリー・サウレー
パトリス・アルケット
振付師: マリー=フランス・デュブレイユ
ギヨーム・シゼロン
元振付師: シェイ・ズキウスキー
シェイ=リーン・ボーン
マリー=フランス・デュブレイユ
デヴィッド・ウィルソン
パトリス・ローゾン
ミレーヌ・ギラール
ジョナタン・ペルティエ
所属クラブ: CPA St. Leonard
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 208.30 2016 CSオータムクラシック
ショートプログラム: 71.40 2016 CSオータムクラシック
フリースケーティング: 136.90 2016 CSオータムクラシック
 
獲得メダル
フィギュアスケート
世界ジュニア選手権
2015 タリン ペア
ジュニアグランプリファイナル
2014 バルセロナ ペア

2018年平昌オリンピックカナダ代表。2014年ジュニアグランプリファイナル優勝。

経歴編集

2008年にクリステル・デジャルダンとのペアを結成。2010年のカナダ選手権のノービスクラスで優勝。2012年大会ではジュニアクラスで銀メダルを獲得した。

2012年11月にジュリアン・セガンとのペアを結成[1]。2013-2014シーズンから国際大会への参加を始めた。世界ジュニア選手権への出場が決まっていたが、セガンの背中の怪我で欠場した[2]

2014-2015シーズン、ジュニアグランプリシリーズで2連勝し、ジュニアグランプリファイナルも優勝。カナダ選手権は銅メダルを獲得。初出場の世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得した。同じく初出場の世界選手権では8位。

2015-2016シーズン、グランプリシリーズに参戦し、スケートアメリカエリック・ボンパール杯で銅メダルを獲得した。シリーズの成績は7位だったが、パリ同時多発テロ事件を受け、特例でグランプリファイナルの進出が決まった(後に隋文静/韓聰組が出場を辞退したため、繰り上がりによる自力での進出となった)。ファイナルでは初の200点台を記録し4位に入った。カナダ選手権では銀メダルを獲得。四大陸選手権世界選手権は、セガンの怪我のために欠場した[3][4]

2016-2017シーズン、スケートアメリカグランプリシリーズ初優勝を飾った。2年連続進出を果たしたグランプリファイナルでは5位。2016年12月24日にセガンが脳震盪を起こし、翌月のカナダ選手権を欠場。2017年2月1日に練習を再開し[5]世界選手権では11位となった。

シーズン終了後、6月には膝の手術をおこなった[6]。セガンは4月のアイスショーの練習中と7月のリフトの練習中に脳震盪を起こし[7][8]、シーズン開幕後にも悪影響を及ぼすことになった。

2017-2018シーズン、ロステレコム杯で6位、NHK杯で4位。セガンはロステレコム杯の頃から脳震盪から来るめまい視覚障害吐き気に悩まされており、症状は12月まで続いた。カナダ選手権では銀メダルを獲得し、平昌オリンピックの出場が決まった。同大会では9位。その一方で世界選手権ではFS進出を逃す22位に終わった。

2018-2019シーズンのグランプリシリーズの出場が決まり、新プログラムも公表していたが、7月中旬に解散が発表された[9]。2019年3月にはリュボーフィ・イリュシェチキナとのペア結成を発表。コーチをリチャード・ゴーチエとブルーノ・マルコットに変更し、モントリオールで練習を積むことも併せて発表した[10]

主な戦績編集

大会/年 2019-20
GP中国杯 3
GPスケートカナダ 5
CSフィンランディア杯 3
  • ジュリアン・セガンとのペア
大会/年 2013-14 2014-15 2015-16 2016-17 2017-18
冬季オリンピック 9
世界選手権 8 11 22
カナダ選手権 2 J 3 2
GPファイナル 4 5
GP NHK杯 4
GPロステレコム杯 5 5
GPエリック杯 3[11]
GPスケートアメリカ 3 1
CSネーベルホルン杯 5
CSオータムクラシック 1 3
世界Jr.選手権 2
JGPファイナル 1
JGP B.シュベルター杯 1
JGPチェコスケート 4 1
JGPミンスク 5
  • クリステル・デジャルダンとのペア
大会/年 2008-09 2009-10 2010-11 2011-12 2012-13
カナダ選手権 2 Pn 1 N 5 J 2 J
JGPクロアチア杯 9
JGPレークプラシッド 10

詳細編集

2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月21日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 22
55.68
- 22
2018年2月14日-15日 平昌オリンピック平昌 12
67.52
8
136.50
9
204.02
2017年11月10日-12日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 5
63.98
4
130.39
4
194.37
2017年10月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
67.06
5
119.10
5
186.16
2017年9月20日-23日 ISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックピエールフォン 3
68.80
3
103.46
3
172.26
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年3月27日-4月2日 2017年世界フィギュアスケート選手権ヘルシンキ 12
66.31
10
131.90
11
198.21
2016年12月8日-11日 2016/2017 ISUグランプリファイナルマルセイユ 6
60.86
4
125.99
5
186.85
2016年11月4日-6日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 5
61.72
4
121.65
5
183.37
2016年10月21日-23日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカシカゴ 3
66.49
1
130.82
1
197.31
2016年9月29日-10月1日 ISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシックピエールフォン 1
71.40
1
136.90
1
208.30
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年1月18日-24日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 2
69.73
2
141.67
2
211.40
2015年12月9日-13日 2015/2016 ISUグランプリファイナルバルセロナ 4
71.16
4
129.82
4
200.98
2015年11月13日-15日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 3
64.95
中止 3
2015年10月23日-25日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカミルウォーキー 4
64.85
3
124.64
3
189.49
2015年9月23日-26日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 5
57.81
5
92.51
5
150.32
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年3月23日-29日 2015年世界フィギュアスケート選手権上海 10
60.53
10
117.50
8
178.03
2015年3月2日-8日 2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権タリン 2
61.32
2
115.00
2
176.32
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 3
61.47
3
119.96
3
181.43
2014年12月11日-14日 2014/2015 ISUジュニアグランプリファイナルバルセロナ 1
59.22
1
116.35
1
175.57
2014年10月1日-5日 ISUジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯ドレスデン 1
59.18
1
114.92
1
174.10
2014年9月3日-7日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 1
55.21
1
104.19
1
159.40
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(オタワ 1
56.54
2
91.28
2
147.82
2013年10月2日-6日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 3
50.50
4
90.68
4
141.18
2013年9月25日-28日 ISUジュニアグランプリ ミンスクミンスク 4
47.96
3
79.46
4
127.42
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年10月3日-7日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 13
33.67
9
71.26
9
104.93
2012年8月29日-9月2日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 10
37.75
10
75.86
10
113.61
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(モンクトン 3
40.10
2
82.37
2
122.47
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ビクトリア 6
39.09
4
73.67
5
112.76
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月11日-17日 カナダフィギュアスケート選手権 ノービスクラス(ロンドン 1
38.39
1
64.48
1
102.87
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月11日-14日 カナダフィギュアスケート選手権 プレノービスクラス(カルガリー 2
29.06
2
46.90
2
75.96

プログラム使用曲編集

シーズン SP FS EX
2018-2019 Groove Is in the Heart
曲:ディー・ライト
Wicked Game
作曲:クリス・アイザック
演奏:セオリー・オブ・ア・デッドマン
2017-2018 Everybody Wants to Rule the World
曲:ティアーズ・フォー・フィアーズ
ボーカル:ロード
Where's My Love
曲:SYML
2016-2017 Skokiaan
演奏:ルイ・アームストロング
映画『ニュー・シネマ・パラダイス』サウンドトラックより
作曲:エンニオ・モリコーネ
Cinema Paradiso
演奏:モニカ・マンシーニ
Shut Up and Dance
曲:ウォーク・ザ・ムーン
2015-2016[12] Monde Inverse シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』より
振付:シェイ・ズキウスキー、シェイ=リーン・ボーン
青い影
曲:プロコル・ハルム
演奏:デンマーク国立コンサートオーケストラと合唱団

カール・ヒューゴの音楽
振付:マリー=フランス・デュブレイユパトリス・ローゾン
ハーモニカの男 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』サウンドトラックより
作曲:エンニオ・モリコーネ
If You've Only Got a Moustache 映画『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』サウンドトラックより
作曲:ジョエル・マクニーリー
2014-2015 映画『グランド・ブダペスト・ホテル』サウンドトラックより
S'Rothe-Zaeuerli
The Family Desgoffe und Taxis
作曲:アレクサンドル・デスプラ
振付:シェイ・ズキウスキー
In Your Eyes
Wallflower
曲:ピーター・ゲイブリエル
振付:マリー=フランス・デュブレイユ、パトリス・ローゾン
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
ボーカル:フランク・シナトラ
ハーモニカの男 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』サウンドトラックより
作曲:エンニオ・モリコーネ
If You've Only Got a Moustache 映画『荒野はつらいよ 〜アリゾナより愛をこめて〜』サウンドトラックより
作曲:ジョエル・マクニーリー
2013-2014 Do You Only Wanna Dance 映画『ダーティ・ダンシング』サウンドトラックより 映画『ジェームズ・ボンド』サウンドトラックより
Act II: Odd Job's Pressing Engagement
On Her Majesty's Secret Service
Alpine Drive Auric's Factory
Into Miami
作曲:ジョン・バリー

参考文献編集

外部リンク編集