メインメニューを開く
シャルル=ジョゼフ・ナトワール
(画)Gustaf Lundberg(推定)

シャルル=ジョゼフ・ナトワール(Charles-Joseph Natoire、1700年3月3日 - 1777年8月23日)はロココ期のフランスの画家である。

略歴編集

ニームに生まれた。妹にジャンヌ・ナトワールがいて、シャルル=ジョゼフ・ナトワールと行動を共にし、パステル画家として知られるようになる。[1]

フランソワ・ルモワーヌに学び、1721年にローマ賞を受賞し、1723年からローマ賞の特典の奨学金を得て、在ローマ・フランス・アカデミーに留学した。1729年にパリに戻り、ロココを代表する画家となるフランソワ・ブーシェ(1703-1770)と親しくなり、また競い合った。1734年にベルサイユ宮殿の王妃の寝室の装飾画の依頼を受け"Venus Demanding Arms from Vulcan for Aeneas"を描いた。1751年から1775年の間、在ローマ・フランス・アカデミーの校長を務めた。

主に装飾画家として知られ、宗教的な題材や古代神話の題材や肖像画を描いた。


作品編集

脚注編集

  1. ^ Profile of Jeanne Natoire in the Dictionary of Pastellists Before 1800.

参考文献編集

  •  略歴Psyché chez les bergers (1737-1739).Salon ovale de l'Hôtel de Soubise,Paris, Archives nationales.生誕300年の略歴記事