シャルロッテ・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル

シャルロッテ・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルドイツ語: Charlotte Christine von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1694年8月29日 - 1715年11月2日)は、ロシアの皇族アレクセイ・ペトロヴィチ大公(皇帝ピョートル1世と最初の妃エヴドキヤ・ロプーヒナの長男)の妃。ピョートル2世の母。

シャルロッテ・クリスティーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル
Charlotte Christine von Braunschweig-Wolfenbüttel
Charlotte Christine of Brunswick-Luneburg by I.P. Luden.jpg

出生 1694年8月29日
ブラウンシュヴァイク
死去 (1715-11-02) 1715年11月2日(21歳没)
サンクトペテルブルク
配偶者 アレクセイ・ペトロヴィチ大公
子女 ナターリア
ピョートル2世
父親 ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフ
母親 クリスティーネ・ルイーゼ・フォン・エッティンゲン=エッティンゲン
テンプレートを表示

生涯編集

ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公ルートヴィヒ・ルドルフとその妻であるエッティンゲン=エッティンゲン侯女クリスティーネ・ルイーゼの次女として、ブラウンシュヴァイクで生まれた。姉エリーザベト・クリスティーネ神聖ローマ皇帝カール6世の皇后。マリア・テレジアは姪に当たる。また、イヴァン6世は甥アントン・ウルリヒの子である。

1711年10月25日、トルガウ(現在のドイツザクセン州ライプツィヒ県の町)でアレクセイと結婚。シャルロッテは正教への改宗を強制されず、ルター派のままでいてよいと許された。その代わり、生まれる子供たちは正教徒として育てることに同意した。アレクセイは初めから結婚に気が進まず、結婚後もシャルロッテのことを「あばた顔」「やせっぽち」と公言して、彼女を公の場で無視した。1714年、長女ナターリア(1714年 - 1728年)を出産。アレクセイはフィンランド人の愛妾アフロシニアと宮殿で暮らし、妻子を顧みなかった。長男ピョートル(のちの皇帝ピョートル2世)を出産後、シャルロッテはサンクトペテルブルクで急死した。

のち、1715年にシャルロッテは死なず、北アメリカに逃れ、モーリシャス島へ渡ったという伝説が生まれた。