シャープール5世、またはシャープーリ・シャフルヴァラーズパフラヴィー語: 𐭱𐭧𐭯𐭥𐭧𐭥𐭩𐭩 𐭧𐭱𐭨𐭥𐭥𐭥𐭰)は、サーサーン朝の簒奪者。630年に短期間統治したが、すぐに廃位されてアーザルミードゥフトが即位した。

シャープーリ・シャフルヴァラーズ
𐭱𐭧𐭯𐭥𐭧𐭥𐭩𐭩 𐭧𐭱𐭨𐭥𐭥𐭥𐭰
イランと非イランの諸王の王
在位 630年

家名 サーサーン朝
父親 シャフルバラーズ
母親 ホスロー2世の姉妹
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

略歴編集

サーサーン朝スパーフベドで短期間シャーハンシャーにもなったシャフルバラーズの息子として生まれた。母はホスロー2世の姉妹だった[1]。630年にボーラーンが廃位されると即位したが、彼の即位を承認しなかったサーサーン貴族によって短期間で廃位された。後任は従姉妹のアーザルミードゥフトが即位した。貴族ファッルフ・ホルミズド英語版はアーザルミードゥフトが即位すると彼女に求婚、シャープールも賛成したが、アーザルミードゥフトは拒否、シャープールが賛成したことに怒った[2]。その後のシャープールについては不明である。

脚注編集

  1. ^ Pourshariati 2008, p. 205.
  2. ^ Pourshariati 2008, p. 204.

参考文献編集

  • Pourshariati, Parvaneh (2008). Decline and Fall of the Sasanian Empire: The Sasanian-Parthian Confederacy and the Arab Conquest of Iran. London and New York: I.B. Tauris. ISBN 978-1-84511-645-3
シャープール5世


630年

先代:
ボーラーン
サーサーン朝の君主
630年
次代:
アーザルミードゥフト