シャーマン・ルイス

シャーマン・ルイス(Sherman Lewis、1942年6月29日 - )は、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル出身のアメリカンフットボールコーチ。

シャーマン・ルイス
Sherman Lewis
生年月日 (1942-06-29) 1942年6月29日(79歳)
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル
ポジション ハーフバック
大学 ミシガン州立大学
所属チーム(選手)
1964-1965
1966
トロント・アルゴノーツ (CFL)
ニューヨーク・ジェッツ (AFL)
所属チーム(コーチ/管理職)
1969-1982
1983-1991
1992-1999
2000-2001
2003-2004
2009
ミシガン州立大学
サンフランシスコ・フォーティナイナーズ
グリーンベイ・パッカーズ
ミネソタ・バイキングス
デトロイト・ライオンズ
ワシントン・レッドスキンズ

アシスタントコーチとしてこれまでにスーパーボウルで4回(第19回第23回第24回サンフランシスコ・フォーティナイナーズ第31回グリーンベイ・パッカーズ)の優勝に関わっている。

経歴編集

ミシガン州立大学時代は大学最終年の1963年には90回のランで577ヤードを獲得、パスレシーブでも11回のレシーブで303ヤードを獲得、ハーフバックとしてオールアメリカンに選出されると共にハイズマン賞の投票でロジャー・ストーバックビリー・ロスリッジに次いで3番目の得票を得た。大学時代はアメリカンフットボールの他に陸上競技も行っていた。大学2年次にはビッグ・テン・カンファレンスのインドア大会で走幅跳、300ヤード走の2種目で優勝した。1963年のカンファレンスの大会でも走幅跳で優勝した。2001年9月7日、ミシガン州立大学のスポーツ殿堂入りした7人目の人物となった[1]

1964年、1965年にCFLトロント・アルゴノーツでプレーした。1966年AFLニューヨーク・ジェッツでプレーした[1](AFLは1970年にNFLと統合した。)。

引退後編集

選手生活から引退した後、母校のミシガン州立大学のコーチを1969年から1982年まで務めた。その後ビル・ウォルシュの下でサンフランシスコ・フォーティナイナーズのランニングバックコーチ、ワイドレシーバーコーチを務め3度のスーパーボウル制覇に関わった。ナイナーズで彼が指導した選手にはロジャー・クレイグトム・ラスマンジェリー・ライスジョン・テイラーがいる[1]

1992年から1999年までグリーンベイ・パッカーズマイク・ホルムグレンヘッドコーチの下でオフェンスコーディネーターを務めた。彼が指導した8年間でブレット・ファーヴは30,894ヤードを獲得、236タッチダウンをあげた[1]

2000年から2001年までミネソタ・バイキングスのオフェンスコーディネーター、2003年から2004年までデトロイト・ライオンズのオフェンスコーディネーターを務めた。

34シーズンコーチを務めていたものの2004年シーズン以降アメリカンフットボールから遠ざかっていた彼は、2009年ワシントン・レッドスキンズのオフェンスコンサルタントに就任、シーズン第6週まで2勝4敗、1試合平均13.4得点でリーグで下から4番目の平均得点しかあげていないレッドスキンズのダニエル・スナイダーオーナー、ビニー・サーラトGMの意向でジム・ゾーンヘッドコーチに代わってチーム加入からわずか2週間[2]でオフェンスのプレーコールを担当することとなった[3][4][5][6]

脚注編集

[脚注の使い方]
先代:
リンディ・インファンテ
グリーンベイ・パッカーズ
攻撃コーディネーター

1992年-1999年
次代:
トム・ロスリー
先代:
レイ・シャーマン
ミネソタ・バイキングス
攻撃コーディネーター

2000年-2001年
次代:
スコット・リネハン
先代:
モーリス・カーソン
デトロイト・ライオンズ
攻撃コーディネーター

2003年-2004年
次代:
テッド・トルナー