シャーリー・ヘンダーソン

シャーリー・ヘンダーソンShirley Henderson, 1965年11月24日 - )は、イギリススコットランド出身の女優。スコットランド英国映画テレビ芸術アカデミー賞2回、バンクーバー映画批評家サークル賞1回、ローレンス・オリヴィエ賞1回を受賞した他、英国アカデミー賞テレビ部門英国インディペンデント映画賞ロンドン映画批評家協会賞、クロトルディス賞、ゴッサム・インディペンデント映画賞カナダ・スクリーン・アワードにノミネートされた。

シャーリー・ヘンダーソン
Shirley Henderson
Shirley Henderson
2009年
生年月日 (1965-11-24) 1965年11月24日(58歳)
出生地 スコットランドの旗 スコットランド
国籍 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1987年 -
主な作品
トレインスポッティング』シリーズ
ひかりのまち
ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ
24アワー・パーティ・ピープル
ハリー・ポッター』シリーズ
愛をつづる詩
マリー・アントワネット
テンプレートを表示

映画『トレインスポッティング』(1996年)およびその続編『T2 トレインスポッティング』(2017年)でゲイル役、『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ(2001年–2016年)でジュード役、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)および『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)で嘆きのマートル役を演じている。他に『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』(1995年)、『ひかりのまち』(1999年)、『トプシー・ターヴィー』(1999年)、『24アワー・パーティ・ピープル』(2002年)、『ウィルバーの事情英語版』(2002年)、『ダブリン上等!英語版』(2003年)、『American Cousins』(2003年)、『Frozen』(2005年)、『マリー・アントワネット』(2006年)、『ペティグルーさんの運命の1日英語版』(2008年)、『Life During Wartime』(2009年)、『ミークス・カットオフ英語版』(2010年)、 『アンナ・カレーニナ』(2012年)、『フィルス』(2013年)、『オクジャ/okja』(2017年)、『Never Steady, Never Still』(2017年)、『僕たちのラストステージ』(2018年)に出演している。

BBCの連続テレビドラマ『Hamish Macbeth』(1995年–1997年)にイソベル・サザランド役で主演し、BBCのドラマ『Happy Valley』(2016年)でフランシス・ドラマンド役を演じた。BBCのミニシリーズ『The Way We Live Now』(2001年)およびITVのテレビ映画『Dirty Filthy Love』(2004年)でRTSアワードにノミネートされ、チャンネル4のミニシリーズ『Southcliffe』(2013年)のクレア・ソルター役で英国アカデミー賞テレビ部門助演女優賞にノミネートされた。2018年、オールド・ヴィック・シアターで上演された『北国の少女』オリジナル・プロダクションのエリザベス役でローレンス・オリヴィエ賞ミュージカル主演女優賞を受賞した。

来歴 編集

マレーForresで生まれるが、ファイフKincardineで育つ[1][2]。学生時代より地元のクラブなどで歌っていたという[3]。その後、ギルドホール音楽演劇学校で演技を学んだ[4][5]。卒業後、様々な舞台に立ちながら経験を積み、1991年に映画デビューした。マイケル・ウィンターボトム作品の常連でもある。

童顔と子供っぽい声質のため、少女役や自分より年下の役者の妹役や後輩役・実年齢よりも若い役として起用されることが多い。

主な出演作品 編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1995 ロブ・ロイ/ロマンに生きた男
Rob Roy
Morag
1996 トレインスポッティング
Trainspotting
ゲイル
1999 ひかりのまち
Wonderland
デビー
トプシー・ターヴィー
Topsy-Turvy
レオノーラ
2000 めぐり逢う大地
The Claim
アニー
2001 ブリジット・ジョーンズの日記
Bridget Jones's Diary
ジュード
2002 マインド・ゲート 監禁少女のSOS
Doctor Sleep
ジャネット
24アワー・パーティ・ピープル
24 Hour Party People
リンゼイ・ウィルソン
家族のかたち
Once Upon a Time in the Midlands
シャーリー
ハリー・ポッターと秘密の部屋
Harry Potter and the Chamber of Secrets
嘆きのマートル
ウィルバーの事情
Wilbur Wants to Kill Himself
アリス
2003 ダブリン上等!
Intermission
サリー
2004 愛をつづる詩
Yes
クリーナー
ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月
Bridget Jones: The Edge of Reason
ジュード
2005 トリストラム・シャンディの生涯と意見
A Cock and Bull Story
スザンナ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of Fire
嘆きのマートル
シェイクスピア21 じゃじゃ馬馴らし
ShakespeaRe-Told The Taming of the Shrew
ケイト テレビ・ミニシリーズ
2006 マリー・アントワネット
Marie Antoinette
ソフィー内親王
2008 ペティグルーさんの運命の1日
Miss Pettigrew Lives for a Day
Edythe
ワイルド・ガール
Wild Child
マトロン
ミス・マープル4 『殺人は容易だ
Marple: Murder Is Easy
オノリア・ウェインフリート テレビ映画
2009 くるみ割り人形
The Nutcracker in 3D
くるみ割り人形 声の出演
2012 トレジャー・アイランド
Treasure Island
メグ・ホーキンス テレビ映画
2013 フィルス
Filth
バンティ
Mr.スキャンダル
The Look of Love
ラスティ・ハンフリーズ
テレーズ 情欲に溺れて
In Secret
スザンヌ
2015 五日物語 -3つの王国と3人の女-
Tale of Tales
インマ
2017 T2 トレインスポッティング
T2: Trainspotting
ゲイル
2019 グリード ファストファッション帝国の真実
Greed
マーガレット・マクリディ

舞台 編集

日時 会場 特記 脚注
1986年10月10日 – 11月 The Grand Edinburgh Fire Balloon スコットランド エジンバラ ロイヤル・ライシーアム劇場 [6]
1986年12月 – 1987年1月 A Wildcat Christmas Carol Tiny Tim キルマーモック [7]
1987年4月 三文オペラ
The Threepenny Opera
ルーシー・ブラウン スコットランド ダンディー ダンディー・レップシアター [8][9]
1987年10月9日 – 1988年3月26日 Entertaining Strangers Fanny Lock イギリス ロンドン ロイヤル・ナショナル・シアター 演出: ピーター・ホール英語版 [10][11]
1988年4月28日 – 11月24日 冬物語
The Winter's Tale
パーディタ イギリス ロンドン ロイヤル・ナショナル・シアター 演出: ピーター・ホール [12]
1989年3月 My Mother Said I Never Should Rosie イギリス ロンドン ロイヤル・コート・シアター 作家: シャーロット・キートリー英語版<be/> 演出: マイケル・アテンボロ英語版 [13][14]
1990年6月7日 – 7月28日 Eurydice エウリュディケー イングランド チチェスター フェスティバル劇場 演出: マイケル・ラドマン英語版 [15]
1992年8月1日 – 9月5日 The Life of Stuff Evelyn スコットランド エジンバラ トラヴァース・シアター 演出: ジョン・ミッチェル [16]
1993年4月19日 – Lion in the Streets Isobel イギリス ロンドン ハムステッド・シアター 作家: ジュディス・トンプソン英語版
演出: マシュー・ロイド
[17]
1993年10月8日 – 30日 ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
ジュリエット スコットランド グラスゴー シチズンズ・シアター 演出: ガイルズ・ヘイヴァーガル [18]
1994年3月23日 – 4月2日 フロス河の水車場
The Mill on the Floss
Maggie Tulliver イギリス イプスウィッチ ニュー・ウォルシー・シアター、ツアー公演 作家: ジョージ・エリオット
演出: ナンシー・メックラー、ポリー・ティール
[19]
1995年4月27日 – 5月20日 The Maiden Stone Mary イギリス ロンドン ハムステッド・シアター 作家: ローザ・マンロー
演出: マシュー・ロイド
[20][21]
1997年9月10日 – 20日 ベルナルダ・アルバの家
The House of Bernarda Alba
Stuart Davids スコットランド グラスゴー トラムウェイ 作家: フェデリコ・ガルシーア・ロルカ
演出: スチュアート・デイヴィッド
[22]
1997年11月9日 – 12月10日 Shining Souls Mandy イギリス ロンドン オールド・ヴィック・シアター [23][24]
1999年11月22日 − 12月18日 Anna Weiss Lynn イギリス ロンドン ホワイトホール・シアター 作家: マイク・カレン
演出: マイケル・アテンボロ
[25]
2017年7月8日 - 10月7日 北国の少女
Girl from the North Country
エリザベス・レイン イギリス ロンドン オールド・ヴィック・シアター 演出: コナー・マクファーソン
ローレンス・オリヴィエ賞ミュージカル主演女優賞
[26][27]
2017年12月30日 – 2018年3月24日 北国の少女
Girl from the North Country
エリザベス・レイン イギリス ロンドン ノエル・カワード・シアター 演出: コナー・マクファーソン [28]

受賞歴 編集

部門 作品 結果
2001 ロンドン映画批評家協会賞 助演女優賞 トプシー・ターヴィー
Topsy-Turvy
ノミネート
2002 英国インディペンデント映画賞 助演女優賞 Villa des Roses ノミネート
RTS Television Awards 主演女優賞 The Way We Live Now ノミネート
2003 Mademoiselle Ladubay Awards 短編映画 The Girl in the Red Dress 受賞
ロンドン映画批評家協会賞 助演女優賞 24アワー・パーティー・ピープル
24 Hour Party People
ノミネート
Golden Wave Awards 主演女優賞 Wilbur Wants to Kill Himself 受賞
英国インディペンデント映画賞 助演女優賞 Wilbur Wants to Kill Himself ノミネート
Cherbourg-Octeville Festival of Irish & British Film 主演女優賞 American Cousins 受賞
2004 ロンドン映画批評家協会賞 助演女優賞 Intermission ノミネート
Newport Beach Film Festival Jury Awards フィーチャー映画主演女優賞コメディ部門 American Cousins 受賞
Bowmore Scottish Screen Awards 主演女優賞 American Cousins 受賞
2005 BAFTA Scotland Awards スコットランド映画主演女優賞 Frozen 受賞
Chlotrudis Awards 助演女優賞 Wilbur Wants to Kill Himself ノミネート
Créteil International Women's Film Festival Special Mention for Acting Frozen 受賞
en:Marrakech International Film Festival Awards 主演女優賞 Frozen 受賞
モナコ国際映画祭 アンサンブル・キャスト賞 (ダニー・ヌッチダン・ヘダヤ、ジェラルド・レプコウスキー、ヴィンセント・パストアと共に) American Cousins 受賞
RTS Television Awards 主演女優賞 Dirty Filthy Love ノミネート
2006 Cherbourg-Octeville Festival of Irish & British Film 主演女優賞 Frozen 受賞
2010 ゴッサム・インディペンデント映画賞 アンサンブル・パフォーマンス賞 (キアラン・ハインズアリソン・ジャネイマイケル・ラーナークリス・マークエット、リッチ・ペッチ、シャーロット・ランプリングポール・ルーベンスアリー・シーディディラン・ライリー・スナイダー、レネー・テイラー、マイケル・ケネス・ウィリアムズと共に) Life During Wartime ノミネート
2013 英国インディペンデント映画賞 助演女優賞 フィルス
Filth
ノミネート
SPIFF Awards 主演女優賞 Everyday 受賞
2014 英国アカデミー賞テレビ部門 助演女優賞 Southcliffe ノミネート
BAFTA Scotland Awards テレビ主演女優賞 Southcliffe 受賞
2017 VFCC Awards カナダ映画主演女優賞 Never Steady, Never Still 受賞
2018 カナダ・スクリーン・アワード 主演女優賞 Never Steady, Never Still ノミネート
ローレンス・オリヴィエ賞 ミュージカル主演女優賞 北国の少女
The Girl from the North Country
受賞
2019 BAFTA Scotland Awards 映画主演女優賞 僕たちのラストステージ
Stan & Ollie
ノミネート
2020 LEJA Awards Best Voice or Motion Capture Performance スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
Star Wars: The Rise of Skywalker
ノミネート

参照 編集

  1. ^ Gilbey, Ryan; "Shirley Henderson: The rise of little voice" Independent.co.uk, 5 December 2003 (Retrieved: 22 August 2009)
  2. ^ "The Way We Live Now: Who's Who: Marie Melmotte — Shirley Henderson" PBS.org (Retrieved: 22 August 2009)
  3. ^ Neill, Heather; "Mistress of the roles" Independent.co.uk, 13 October 2002 (Retrieved: 22 August 2009)
  4. ^ McLean, Gareth; "Shirley, by degrees" Guardian.co.uk, 6 November 2004 (Retrieved: 22 August 2009)
  5. ^ "Guildhall School of Music and Drama: Alumni" GSMD.ac.uk (Retrieved: 22 August 2009)
  6. ^ “Theatre News”. The Stage: p. 16. (1986年10月9日) 
  7. ^ Moore, John (1987年1月15日). “Seasonal Shows: Kilmarnock: A Wildcat Christmas Carol”. The Stage: p. 16 
  8. ^ “Regional”. The Stage: p. 26. (1987年4月9日) 
  9. ^ Smith, Charles (1987年5月7日). “Dundee: The Threepenny Opera”. The Stage: p. 12 
  10. ^ “Theatre Week”. The Stage: p. 8. (1987年10月15日) 
  11. ^ Record: Entertaining Strangers”. Royal National Theatre Archives. 2020年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月28日閲覧。
  12. ^ Record: The Winter's Tale”. Royal National Theatre Archives. 2020年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月28日閲覧。
  13. ^ “Uptown”. Hayes & Harlington Gazette: p. 26. (1989年3月1日) 
  14. ^ Armistead, Claire (1989年3月4日). “Arts: Review of 'My Mother Said I never should' at the Royal Court”. Financial Times: p. XXVII 
  15. ^ Cast list, Eurydice (1990)”. Chichester Festival Theatre. 2021年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月30日閲覧。
  16. ^ “Theatre Week”. The Stage: p. 10. (1992年7月30日) 
  17. ^ “Production News”. The Stage: p. 10. (1993年4月1日) 
  18. ^ “Production News”. The Stage: p. 12. (1993年10月7日) 
  19. ^ “Theatre Week”. The Stage: p. 10. (1994年3月17日) 
  20. ^ “Production news”. The Stage: p. 47. (1995年4月6日) 
  21. ^ Munro, Rosa (1996年5月10日). “Oh, how could you treat a poor Maiden so?”. The Independent. https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/oh-how-could-you-treat-a-poor-maiden-so-1619053.html 2020年12月30日閲覧。 
  22. ^ Aiming high, but falling short”. The Independent (1997年9月15日). 2012年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月22日閲覧。
  23. ^ “Theatre Week”. The Stage: p. 55. (1997年11月6日) 
  24. ^ “Reviews: Theatre One wedding, whose funeral?”. The Independent. (1997年11月12日). オリジナルの2012年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121108002417/http://www.independent.co.uk/life-style/reviews-theatre-one-wedding-whose-funeral-1293505.html 2009年8月22日閲覧。 
  25. ^ Archive page for Anna Weiss”. Albemarle-London.com. 2010年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月22日閲覧。
  26. ^ “Girl From the North Country Review”. The Guardian. オリジナルの2017年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170918154353/https://www.theguardian.com/stage/2017/jul/27/girl-from-the-north-country-review-bob-dylan-conor-mcpherson 2017年9月18日閲覧。 
  27. ^ “Olivier Awards 2018: Winners in full”. BBC News. (2018年4月9日). オリジナルの2019年9月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190930235126/https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-43668013 2020年4月5日閲覧。 
  28. ^ “Girl From the North Country, Noël Coward Theatre, review”. The Daily Telegraph. (2018年1月11日). オリジナルの2018年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180318210326/https://www.telegraph.co.uk/theatre/what-to-see/girl-north-country-noel-coward-theatre-review-magical-fusion/ 2018年3月17日閲覧。 

外部リンク 編集