シャーロック・ホームズの探偵講座

シャーロック・ホームズの探偵講座』 (Sherlock Holmes: Consulting Detective) は、ゲームブックシャーロック・ホームズ 10の怪事件英語版』を原作としたコンピューターゲームICOM Simulations英語版社によりFM TOWNS用として開発され、日本ではPCエンジン CD-ROM2にも移植された。

シャーロック・ホームズの探偵講座
ジャンル グラフィックアドベンチャー
対応機種 FM TOWNS
開発元 ICOM Simulations
発売元 富士通
プロデューサー ケネス・トローラ
ディレクター ケネス・トローラ
シナリオ ローリー・ローズ・バウマン
アニー・フォックス
プログラマー フレッド・アレン
美術 マイケル・マニング
キャサリン・トゥーテリアン
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日 日本 199106011991年6月1日
必要環境 2MB RAM必須
テンプレートを表示

日本国外ではPC/AT互換機MacintoshCommodore CDTVメガCDTandy Video Information System英語版 (VIS) にも移植され、1999年には普通のDVDプレイヤーとテレビで再生できるDVDとして、2012年には高解像度版がiPadWindowsOS X向けにリリースされた[1]

概要編集

それまでのアドベンチャーゲームに見られた静止画+テキストではなく、実写を取り込んだ動画をゲーム中に使用した最初期の作品である。プレイヤーは名探偵シャーロック・ホームズとなり助手のワトソンとともにロンドンの新聞から手掛かりを探り、様々な場所で聞き込み調査を行う。証拠が揃ったら裁判官の質問に答える形で事件を解決に導く。

パッケージにはロンドンの地図、ロンドン住所録、タイムズ10日分の縮刷版が同梱されており、それらを活用して捜査を進めていく。

ストーリー編集

  • The Mummy's Curse(ミイラの呪い)
  • The Tin Soldier(錫の兵隊)
  • The Mystified Murderess(放蕩息子の死)

キャスト編集

声の出演

他機種版編集

No.タイトル発売日対応機種開発元発売元メディア型式売上本数
1  シャーロック・ホームズの探偵講座
  Sherlock Holmes: Consulting Detective

  199107261991年7月26日
  1991年
PCエンジンCD-ROM2ICOM Simulations  ビクター音楽産業
  NEC-HE
CD-ROM  JCCD1004
  TXCD1011
-
2Sherlock Holmes: Consulting Detective
  1991年
Commodore CDTV
PC/AT互換機
ICOM SimulationsICOM SimulationsCD-ROM--
3Sherlock Holmes: Consulting Detective
  1992年
Macintosh
VIS
ICOM SimulationsRadio ShackCD-ROM--
4Sherlock Holmes: Consulting Detective Vol. I
  1992111992年11月
  1993091993年9月
メガCDICOM SimulationsセガCD-ROM4650-
5Sherlock Holmes: Consulting Detective
  199911041999年11月4日
DVDInfinite VenturesInfinite VenturesDVD--
6Sherlock Holmes: Consulting Detective
INT 201209192012年9月19日
iPadZojoiZojoiダウンロード--
7Sherlock Holmes: Consulting Detective
Steam
INT 2012092012年9月
WindowsZojoiZojoiダウンロード--
8Sherlock Holmes: Consulting Detective
Steam
INT 201506092015年6月9日
OS XReverb Triple XPReverb Triple XPダウンロード--

スタッフ編集

PC/AT互換機版
  • プログラミング:フレッド・アレン
  • グラフィック、3Dプログラミング:マイケル・マニング
  • ライブラリー、ユーティリティー:マイケル・マニング
  • グラフィック、アートワーク:キャサリン・トゥーテリアン
  • プロデューサー:ケネス・トローラ
  • ディレクター:ケネス・トローラ
  • 執筆、台詞、シナリオ:ローリー・ローズ・バウマン、アニー・フォックス

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
AllGame      (MCD)[2]
Dragon      (PCE)[3][4]
エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー30/40点 (PCE)[4]
ファミ通29/40点 (PCE)
月刊PCエンジン88/100点 (PCE)
マル勝PCエンジン27/40点 (PCE)
PC Engine FAN22.22/30点 (PCE)
(総合151位)
Just AdventureB- (DOS)[5]
Adventure Classic Gaming2/5点 (DOS)[5]
TurboPlay           (PCE)[4]
Sega Force78% (MCD)[2]

ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」では7・8・8・6の合計29点(満40点)、『月刊PCエンジン』では85・80・85・95・95の平均88点(満100点)、『マル勝PCエンジン』では6・7・8・6の合計27点(満40点)、『PC Engine FAN』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、22.22点(満30点)となっている[6][7]。また、この得点はPCエンジン全ソフトの中で151位(485本中、1993年時点)となっている[6]。同雑誌1993年10月号特別付録の「PCエンジンオールカタログ'93」では、「まるで映画を観ているような気分で、ホームズの世界を堪能できる」と紹介されている[6]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.76 3.59 3.44 3.54 3.68 4.22 22.22

続編編集

シャーロック・ホームズの探偵講座II(英題:Sherlock Holmes: Consulting Detective - Volume II)
1992年にPC/AT互換機とVIS用ソフトとして発売された。日本では後に『シャーロック・ホームズの探偵講座II』のタイトルでビクター音楽産業からPCエンジン CD-ROM2用ソフトとして発売され、さらに日本国外ではメガCD、Macintosh用ソフトとして発売された。新シナリオとして 「The Two Lions(ライオン殺害事件)」「Pilfered Paintings(名画盗難事件)」「The Murdered Munitions Magnate (武器商殺人事件)」が収録されている。
Sherlock Holmes: Consulting Detective - Volume III
1993年に北米においてPC/AT互換機用ソフトとして発売された。日本では未発売となっている。
Sherlock Holmes: Consulting Detective Collection
1993年に北米においてPC/AT互換機用ソフトとして発売された。IからIIIまでを1本にパッケージした作品。1994年には欧州においても発売されているが、日本では未発売となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Zojoi FaceBook Page” (2012年6月4日). 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月13日閲覧。
  2. ^ a b Sherlock Holmes: Consulting Detective for SEGA CD (1992) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月28日閲覧。
  3. ^ Lesser, Hartley; Lesser, Patricia & Lesser, Kirk (November 1991). “The Role of Computers”. Dragon (175): 57–66. 
  4. ^ a b c Sherlock Holmes: Consulting Detective for TurboGrafx CD (1991) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月28日閲覧。
  5. ^ a b Sherlock Holmes: Consulting Detective for DOS (1991) - Moby Games” (英語). Blue Flame Labs. 2018年7月28日閲覧。
  6. ^ a b c 「10月号特別付録 PCエンジンオールカタログ'93」『PC Engine FAN』第6巻第10号、徳間書店、1993年10月1日、 59頁。
  7. ^ 金田一技彦 (1997年). ファミマガ64 11月号増刊 超絶大技林 '97年秋版. 徳間書店インターメディア. p. 579. 

外部リンク編集