シャーロット・ブロンテ

1816-1855, イギリスの小説家。

シャーロット・ブロンテ(Charlotte Brontë、1816年4月21日 - 1855年3月31日)は、イギリス小説家ヨークシャーソーントン生れ。

シャーロット・ブロンテ
(ジョージ・リッチモンド英語版原画)

ブロンテ三姉妹の長姉。当時の社会通念に反逆した同名の女性を描いた『ジェーン・エア』で反響を呼んだ。ほかに自伝的な『ヴィレット』などがある。

生涯編集

1816年4月21日、イギリスのヨークシャーソーントンに、牧師パトリック・ブロンテ[1]の三女として生まれた。ハワースに一家が移った翌年の1821年に母マリアが死去。1824年8月、姉2人と2歳下の妹エミリーと共にランカシャーのカウアン・ブリッジ校に入学する。しかし、その学校の施設は環境が劣悪であり、姉2人は寄宿舎の不衛生が原因で結核にかかり1825年に11歳と10歳で死去した。この学校は『ジェーン・エア』のローウッド学院のモデルである。

牧師館に帰ると文学にふけり、1歳下の弟ブランウェル[2]との合作「アングリア物語」など、多くの詩や戯曲を書く。1831年より、私塾で1年半学び、その後家庭教師として各地を転々とする。牧師館に戻ると妹と相談し私塾を開くことを計画し、エミリーとともに1842年、ベルギーブリュッセルにあるエジェ寄宿学校へ留学。一時期伯母の死のためにイギリスに戻るが、エミリーを残して再びブリュッセルに戻った。だが留学先のエジェに恋慕を抱いてしまい、1年足らずで帰国。その後私塾を開くが、入塾希望者は現れなかった。

1846年5月、カラー・ベルの筆名で、3姉妹共同の『詩集』を出版する。2部しか売れなかったが、3人は小説を書き始め、シャーロットは「教授」を完成させた。この作品は出版社に受け取ってもらえなかったが(死後出版)、父の看病の合間に第2作「ジェーン・エア」を執筆し、1847年10月にカラー・ベルの筆名で刊行。社会に反抗する同名の女主人公は大反響を呼び、その名前を広く知られるようになった。しかし翌年、ブランウェルが31歳で死亡すると、同じ年の末にエミリーも30歳で死亡。さらに翌年にはアンも倒れ、29歳で没した。

ロンドンに出るように誘われるようになると、身元を明らかにし、ギャスケル夫人サッカレーらと交わった。作品も『シャーリー』(1849年)、『ヴィレット』(1853年)などを発表、1854年6月に副牧師のアーサー・ベル・ニコルズ[3]と結婚した。だが妊娠中に妊娠中毒症にかかり、1855年3月31日、「エマ」を未完のまま胎内の子供と共に死去した。38歳没。著名な3姉妹だけでなく姉と弟を含めた6人姉弟の中で最も長く生きたが、いずれも子孫を残さず早世したため、彼女の死によってブロンテ家は断絶した。

ブロンテ姉妹の中では唯一写真が現存する。友人エリザベス・ギャスケルによる伝記『シャーロット・ブロンテの生涯』[4]がある。

作品一覧編集

全集編集

  • 『ブロンテ全集』(みすず書房 全12巻)
  • 『シャーロット・ブロンテ書簡全集/註解』(彩流社 全3巻、2009年)
  • 『ブロンテ姉妹エッセイ全集 ベルジャン・エッセイズ』(彩流社、2016年)

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 日本語訳に『パトリック・ブロンテ著作全集』(中岡洋編訳、彩流社、2013年)。
  2. ^ 著作の訳書に『ブランウェル・ブロンテ全詩集』(2巻組、彩流社、2013年)
  3. ^ 伝記に『ミスター・シャーロット・ブロンテ アーサー・ベル・ニコルズの生涯』(アラン・H・アダムソン、樋口陽子訳、彩流社、2015年)
  4. ^ 訳書は『ギャスケル全集 7 シャーロット・ブロンテの生涯』(山脇百合子訳、大阪教育図書、2005年)。ギャスケルの伝記の過ちと偏見を修正した、現代の英国ブロンデ研究者による伝記に『ブロンテ姉妹の作家としての生涯 シャーロットとエミリを中心に』(トム・ウィニフリス/エドワード・チタム、内田能嗣ほか訳、英宝社、2009年)が刊行している。
  5. ^ 元版は「ブロンデ全集 5・6」みすず書房

外部リンク編集