シュガーポット』は、高須賀由枝による日本漫画作品。

集英社の『りぼん2003年秋のびっくり大増刊号に読み切り掲載後、『りぼんオリジナル2004年2月号から2006年4月号まで連載された。

2005年12月号からは、タイトルを『シュガーポット-CAFE FLAT-』として新たにスタートしたが、掲載誌が廃刊となったため、終了した。

あらすじ編集

両親が経営するカフェを時々手伝っている高校生の沙保は、常連客の各務に片思い中。ただ見つめるだけの日々だったが、カフェでアルバイトをしている女子大生たちにアドバイスを受け、思い切ってアプローチをすることに……。

登場人物編集

平野 沙保(ひらの さほ)
高校1年生。
中学時代は陸上部に所属しており、県の短距離記録保持者でもある。3年生の頃、交通事故に遭い、高校への陸上推薦を取り消され落ち込んでいた時、両親がカフェを始める。その時、各務に一目惚れし生活が一変、各務には恋心とともに恩も感じている。左足に事故の傷痕が残っており、普段は傷痕が見えないような服装をしている。
各務 雅輝(かがみ まさき)
大学生。小説家
高校生の頃書いた小説が賞を取り、デビュー。
麻美(あさみ)
バイトの一人。女子大生。バイトの目的はいい男探し(?)。母親はクラブを経営している。
ネイルが取れるのが嫌だから洗い物はしない、タイツが伝線したから買ってきてなどわがまま。
柏原(かしわばら)
陸上界では全国レベルに有名な選手。実家は病院経営のため、高校では陸上を断念し、勉強に打ち込む。
河瀬 恵理子(かわせ えりこ)
聖花学院1年生のお嬢様。各務が「カフェ フラット」によく来ることから、バイトをはじめる。イケメンが好き。 
大原 真名(おおはら まな)
柏原のことを好きな女子高生。陸上部だが、成績はそこそこ。沙保をライバル視し、お店に嫌がらせをするが、後に親友となる。
大柳(おおやなぎ)
各務の中学時代からの親友。面倒見が良く、沙保とはライバル。
平野 志保(ひらの しほ)
沙保の妹。中学2年生。恋愛面では姉より遥かに経験豊富な様子。
沙保の両親
「カフェ フラット」の経営者。父こだわりのエスプレッソと、イタリアでの修業経験もある母が作るケーキが売り。季節限定メニューやサラダ、プレートメニューなどフードメニューも充実している。

書誌情報編集

注釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 幼なじみで恋人同士の柚と裕二。ロマンチックなクリスマス・イブを過ごしたくてムードのあるお店を提案するが、「金がないから」と一蹴。怒る柚だが、「場所より誰と過ごすかが大事」と言われつい許してしまう。しかし裕二に、サッカーの強化合宿のメンバーに選ばれ、イブに会えなくなったと告げられ……。
  2. ^ 練習のし過ぎで疲労骨折してしまった真名。しばらく部活もドクターストップ。「カフェフラット」の女子大生バイトの麻美がハワイに行くからと、急遽真名がバイトに入ることに。片思い中の柏原と一緒ということもあり、心が弾む。部活のことを忘れるほどバイトを楽しく感じ、真名は焦りを感じ始める。
  3. ^ 「CAFE FLAT」のサブタイトルが付く。

外部リンク編集